旭区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 今年も開催断念

    横浜旭ジャズまつり

    今年も開催断念 文化

    「中止ではなく“延期”」

     旭区の夏の風物詩「横浜旭ジャズまつり」を主催する同まつり実行委員会がこのほど、今夏のイベント開催を見送ることを決めた。開催断念は昨年に続き2年連続。同実行委員...(続きを読む)

    5月13日号

  • 大型バス用い「危険」を体感

    はまっ子交通あんぜん教室

    大型バス用い「危険」を体感 教育

    市内小学校で初めて

     小学校での体験型交通安全教室「はまっ子交通あんぜん教室」がこのほど、鶴ヶ峯小学校(荻原規彦校長)で実施された。旭交通安全協会(小磯守会長)と旭警察署...(続きを読む)

    5月13日号

  • 設置8割超も課題

    住宅用火災警報器

    設置8割超も課題 社会

    義務化10年、現状は

     消防法で住宅用火災警報器の設置が義務付けられ、今年で10年。横浜市の設置率は84・4%と全国平均を超えているが、住宅内で必要な設置個数に満たないなどの課題もあ...(続きを読む)

    5月7日号

  • 入選作品18点決まる

    旭区花・緑フォトコン

    入選作品18点決まる 文化

    区内で撮影した118点

     「旭区花・緑フォトコンテスト」(旭区役所主催・相模鉄道(株)協力)の入選作品がこのほど決まり、応募総数118点の中から最優秀賞に工藤魅貴さんの作品「...(続きを読む)

    5月7日号

  • 二俣川郵便局が移転

    二俣川郵便局が移転 社会

    駅直結で利便性向上

     二俣川駅北口の厚木街道沿いにあった横浜二俣川郵便局(永松哲郎局長)が移転し、同駅直結の商業施設・ジョイナステラス二俣川2階に4月19日にオープンした。利用客の...(続きを読む)

    4月29日号

  • 「地域サロン」合同で企画

    今宿「ケアプラ」「地区セン」

    「地域サロン」合同で企画 社会

    住民の新たな交流拠点に

     複合館として併設される今宿地域ケアプラザと今宿地区センターが4月20日、新たな地域サロン「ENJOY・今宿」を合同で開設した。運営は地域住民によるボランティア...(続きを読む)

    4月29日号

  • 開始注文率20%に

    横浜市給食

    開始注文率20%に 教育

    ハマ弁から移行で倍増

     横浜市は今年度から「ハマ弁」を学校給食法に適応させ、市立中学校で給食の提供を開始した。給食初日の4月8日時点で、4月分の事前申し込みの注文率は20・2%。市が...(続きを読む)

    4月22日号

  • 現職2人と新人が準備

    衆院選6区

    現職2人と新人が準備 政治

    立民・維新・自民の三つ巴か

     今年秋に任期満了を迎える衆議院議員。神奈川6区(旭区・保土ケ谷区)では現時点で、現職の立憲民主党・青柳陽一郎氏、日本維新の会・串田誠一氏、新人で現横浜市会議員...(続きを読む)

    4月22日号

  • 「住み続ける」旭区がトップ

    市民意識調査

    「住み続ける」旭区がトップ 社会

    「自然が身近」と回答3割

     横浜市はこのほど、昨年実施した市民意識調査の報告書を公表。定住意識に関して「住み続ける」と回答した旭区民は76・7%で18区中トップ。区民の約3割が...(続きを読む)

    4月15日号

  • 相鉄バスが自動運転試行

    左近山

    相鉄バスが自動運転試行 社会

    今夏、営業運行の実験へ

     横浜市と相鉄バス(株)=本社・西区=、群馬大学=群馬県前橋市=などが協働で進める「路線バス自動運転プロジェクト」の一環として4月9日までの9日間、左...(続きを読む)

    4月15日号

  • ツシマヤマネコ 繁殖成功

    ズーラシア

    ツシマヤマネコ 繁殖成功 社会

    人工授精で国内初

     絶滅危惧種に指定される「ツシマヤマネコ」の人工繁殖に2019年度から取り組んできたよこはま動物園ズーラシア=上白根町=で、3月18日に同種の赤ちゃんが誕生した...(続きを読む)

    4月8日号

  • 地元読者が「推し本」紹介

    くまざわ書店二俣川店

    地元読者が「推し本」紹介 文化

    特設コーナーで26日まで

     読書推進活動を展開する市民団体が”推し本”を紹介するPOPを作成し、実際の書店で活用する取り組み「地元読者による『推し本』フ...(続きを読む)

    4月8日号

  • 2年振りに春の開催

    里山ガーデン

    2年振りに春の開催 文化

    一方通行など感染対策

     里山ガーデン(上白根町)を期間限定で公開する「里山ガーデンフェスタ」が、5月9日(日)まで行われている。昨年春は新型コロナウイルスの影響で中止となっており、春...(続きを読む)

    4月1日号

  • 市が補助制度拡充

    感震ブレーカー

    市が補助制度拡充 社会

    対象地域、新たに6区

     地震による揺れを感知して電気を遮断する感震ブレーカーの普及に向け、横浜市は4月から1世帯単位での補助制度を拡充する。2020年度は5区だった対象地域を11区に...(続きを読む)

    4月1日号

  • 2人が県選抜メンバーに

    万騎が原中ソフト部

    2人が県選抜メンバーに スポーツ

    27日から全日本大会

     万騎が原中学校ソフトボール部に所属する野口芽吹さんと仙波愛未さん(ともに同校2年)が、神奈川選抜チームに選出された。チームは神奈川代表として3月27...(続きを読む)

    3月25日号

  • コロナ禍で初の式典

    旭区花いっぱい事業

    コロナ禍で初の式典 社会

    22団体を表彰

     旭区は花と緑に親しむまちづくりなどを目的とした「花いっぱい事業」を推進する団体を称えるため3月18日、旭公会堂で表彰式をを行った。活動に取り組む22...(続きを読む)

    3月25日号

  • 「防災マンション」を認定

    横浜市

    「防災マンション」を認定 社会

    設備・活動の両面で評価

     横浜市の次年度の事業計画によると、市は台風・豪雨などの風水害や大地震などに備え、新たに「地域防災力向上マンション認定制度」を導入する。建物の耐震対策や地域住民...(続きを読む)

    3月18日号

  • 移動式交番を導入

    旭警察署

    移動式交番を導入 社会

    万騎が原が4月に統合

     旭警察署管内の万騎が原交番が4月に統合され、所定場所を巡回する「アクティブ交番」が導入される。すでに南万騎が原駅前などでデモ開設が行われ、地域の治安を守る新た...(続きを読む)

    3月18日号

  • 50周年パンで街を元気に

    笹野台小6年2組

    50周年パンで街を元気に 教育

    地元パン店の協力で販売

     笹野台小学校(飯田雅人校長)6年2組の児童たちがこのほど、地元のパン店と協力して同校の50周年を記念したパンを考案した。「笹小メモリーパン」と名付け...(続きを読む)

    3月11日号

  • SNS活用し地域を活性

    旭区

    SNS活用し地域を活性 社会

    民間企業と連携協定

     旭区(下田康晴区長)はこのほど、地域SNSアプリ「ピアッザ」を運営するPIAZZA株式会社(矢野晃平代表取締役・東京都中央区)と行政情報の発信や地域...(続きを読む)

    3月11日号

  • 弁当で食品ロス減らす

    今宿小6年3組

    弁当で食品ロス減らす 教育

    地元店の協力で販売

     今宿小学校(島田恒弘校長)6年3組の児童たちがこのほど、食品ロスを減らす目的で弁当を考案した。地域の店舗の協力を受けて「食品ロスを減らして家族や地域の人々を笑...(続きを読む)

    3月4日号

  • 市、商店街の発行支援へ

    プレミアム付商品券

    市、商店街の発行支援へ 経済

    助成金で消費喚起図る

     横浜市はコロナ禍の消費落ち込みへの対応として商店街独自のプレミアム付商品券発行に助成金を出す支援事業を2021年度に行う予定だ。事業費は8500万円で21年度...(続きを読む)

    3月4日号

  • オンラインで初開催

    あっぱれフェスタ

    オンラインで初開催 社会

    動画と通販で活動伝える

     障害者福祉施設での活動を伝えて障害への理解を深める「あっぱれフェスタ」が現在、オンラインで開催されている。期間限定で旭区内の福祉施設の商品を販売するネットショ...(続きを読む)

    2月25日号

  • 上下線でホームドア運用

    二俣川駅

    上下線でホームドア運用 社会

    相鉄線で3番目

     相鉄線・二俣川駅にこのほど、ホームドアが設置され、2月28日(日)から3・4番線上りホーム(横浜方面)での運用が始まる。1・2番線の下りホーム(海老名・湘南台...(続きを読む)

    2月25日号

  • 横浜市旭区の魅力を小冊子で紹介

    【Web限定記事】

    横浜市旭区の魅力を小冊子で紹介 社会

     旭区は区の魅力発信を強化する一環としてこのほど、小冊子「横浜市旭区ウェルカムガイド ASAHI Style」を発行した。引っ越しシーズンを前に市外の不動産店な...(続きを読む)

    2月18日号

  • 無料頒布会で生活支援

    【Web限定記事】旭区社協万騎が原地区社協

    無料頒布会で生活支援 社会

    3月7日、相談にも対応

     生活に困る区民に向け、旭区社会福祉協議会(旭区社協)と万騎が原地区社会福祉協議会は3月7日(日)、食品などの無料頒布会と生活相談会を開く。新型コロナウイルス感...(続きを読む)

    2月18日号

  • さちが丘

    "蔵さくら"が保存へ前進 社会

    地元造園業者ら協力

     宅地開発で伐採された、さちが丘の”蔵さくら”と呼ばれる大樹。「桜を残したい」と考える「蔵さくら移植・再生を願う会」(西村直子...(続きを読む)

    2月11日号

  • 市特定健診 受診率が低迷

    市特定健診 受診率が低迷 社会

    コロナによる控え顕著に

     新型コロナ感染への不安などからくる受診控えを背景に、横浜市の特定健診の受診率が、12月の速報値で10%と低迷していることがわかった。例年、年度末は増加傾向にあ...(続きを読む)

    2月11日号

  • 都市計画決定へ説明会

    旧上瀬谷通信施設土地区画整理事業

    都市計画決定へ説明会 社会

    5日から、オンラインで

     横浜市は土地利用の検討が進められている旧上瀬谷通信施設地区(旭区・瀬谷区)の都市基盤を整えるため、都市計画決定に向けた説明会を実施する。新型コロナウ...(続きを読む)

    2月4日号

  • 一般会計 初の2兆円台に

    横浜市21年度予算案

    一般会計 初の2兆円台に 社会

    コロナ対応で膨張

     横浜市はこのほど、2021年度の予算案を発表した。新型コロナの経済への影響で、歳入では市税収入が前年度から488億円減少し過去最大の減収を見込む。一方で、感染...(続きを読む)

    2月4日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter