旭区版

トップニュースの記事一覧

  • 猛暑で8月大会中止に

    旭区民スポーツ祭

    猛暑で8月大会中止に スポーツ

    39年間の開催で初めて

     旭区内の19地区で11種目の競技を行うイベント「旭区民スポーツ祭」の8月大会が、今夏の猛暑の影響で中止になった。1980年の開催以来、猛暑が原因で実施されない...(続きを読む)

  • 27年ぶりに全国選抜へ

    旭リトルリーグ

    27年ぶりに全国選抜へ スポーツ

    神奈川連盟大会で優勝

     硬式少年野球チーム「旭リトルリーグ」=写真=が、8月17日(金)から北海道で開催される全国選抜リトルリーグ野球大会に出場する。27年ぶり2回目の出場で、神奈川...(続きを読む)

  • 進む 時間外留守電設定

    市立校

    進む 時間外留守電設定 教育

    半年で倍増、教員負担減る

     横浜市教育委員会が今年度より達成目標数値を掲げ推進する「働き方改革プラン」。実施3カ月を過ぎ、勤務時間外の留守番電話設定への取組みが進んでいる。6月末時点でそ...(続きを読む)

  • 聴覚障害者に救急訓練

    旭消防署

    聴覚障害者に救急訓練 社会

    専用AEDも使用

     旭消防署が7月27日、聴覚に障害がある人に対して初めて救急訓練を同署で行った。モニター上に指示が表示される専用のAEDも使用。救急時に遭遇したとき、...(続きを読む)

  • 過去最多を上回るペース

    熱中症救急搬送

    過去最多を上回るペース 社会

    前年同月比で2倍強

     全国的に記録的な猛暑が続く中、横浜市では熱中症による救急搬送が累計899件(7月26日時点・速報値)発生。前年同月比の2倍以上となっており、過去最多の2013...(続きを読む)

  • 創立50年で大同窓会

    中希望が丘めぐみ幼児園

    創立50年で大同窓会 社会

    卒園児約170人が集結

     中希望が丘にある「めぐみ幼児園」(田名網仁園長)が今年で創立50周年を迎え、7月15日に記念の大同窓会を開催した。卒園した約170人が集まり礼拝を行ったほか、...(続きを読む)

  • 避難計画 半数が未整備

    洪水被害想定施設

    避難計画 半数が未整備 社会

    法で義務化も対応遅れ

     西日本豪雨で多くの犠牲者が出た中、洪水で浸水被害が想定される区域の学校や高齢者施設などに法律で作成が義務付けられている避難計画が市内の半数程度で未整備であるこ...(続きを読む)

  • 夏の全国大会へ

    区内2高校

    夏の全国大会へ スポーツ

    4競技7人が出場

     全国高等学校総合体育大会(インターハイ)など、今夏開催される全国大会に旭区内の高校から4競技7人が出場する。東京・愛知・三重・福岡の各会場を舞台に、8月から熱...(続きを読む)

  • 消防操法競う県大会へ

    旭消防団第4分団

    消防操法競う県大会へ 社会

    区から出場は12年ぶり

     旭消防団第4分団(櫻井毅分団長)が7月25日(水)、第51回神奈川県消防操法大会に横浜市代表として出場する。旭区の代表が県大会に出場するのは12年ぶり。...(続きを読む)

  • 地図活用して地震に備え

    星槎中学校

    地図活用して地震に備え 教育

    NPOの協力で初の訓練

     星槎中学校(若葉台/金子肇校長)で7月9日から11日、地図を使った防災訓練が初めて実施された。地域や防災に関わるNPOが協力し、生徒たちは学校周辺で地震が起き...(続きを読む)

  • 新生児聴覚検査を助成

    横浜市

    新生児聴覚検査を助成 社会

    県内自治体で初めて

     横浜市は1日、新生児聴覚検査の費用助成を開始した。聴覚障害は早期に発見された場合、音声言語の発達などへの影響が最小限に抑えられる。同検査の費用助成は神奈川県内...(続きを読む)

  • 未整備区域の意見を募集

    横浜動物の森公園

    未整備区域の意見を募集 社会

    今年度中に基本計画策定へ

     よこはま動物園ズーラシアと隣接地で整備が進められている「横浜動物の森公園」の基本計画案に対する市民意見募集が7月25日(水)まで行われている。未整備区域の活用...(続きを読む)

  • 街への気持ち歌に

    希望が丘音楽家有志

    街への気持ち歌に 社会

    CD「この希望の街で♪」制作し販売

     希望が丘で活動する音楽家有志たちが「まちフェス実行委員会」を立ち上げ、街のテーマソング「この希望の街で♪」を制作した。地域のつながりや街への愛着が歌詞に込めら...(続きを読む)

  • 新聞販売店が見守りで協力

    二俣川ニュータウン地区

    新聞販売店が見守りで協力 社会

    民児協と協定、区内で初

     二俣川ニュータウン地区民生委員児童委員協議会(上村惠子会長)と読売新聞の販売店3店が6月18日、二俣川ニュータウン連合会館で高齢者の見守りに関する協定を締結。...(続きを読む)

  • 「危険ブロック塀」緊急点検

    横浜市

    「危険ブロック塀」緊急点検 社会

    約2,600カ所調査中

     大阪北部地震の影響で建築基準法に違反していた小学校プールのブロック塀が倒壊し、女児(小4)が死亡したことを受け、横浜市は保有する公共建築物、約2600カ所の敷...(続きを読む)

  • 全日中大会で初全国へ

    万騎中ソフト部

    全日中大会で初全国へ スポーツ

    少人数チームで努力実らせ

     万騎が原中学校ソフトボール部(顧問/森木直行監督・足立成広コーチ)が、今月行われた「第18回全日本中学生女子ソフトボール大会」の神奈川県予選を制覇し、全日本大...(続きを読む)

  • 下水熱活用し、路面温度を調整

    鶴ヶ峰まちかど広場

    下水熱活用し、路面温度を調整 社会

    9月下旬完成、市内初

     鶴ヶ峰駅そばの「鶴ヶ峰まちかど広場」で現在、下水熱を活用して路面温度の調整を行う工事が行われている。市内初の取り組みで、夏のヒートアイランドや冬の融雪対策に効...(続きを読む)

  • 8年ぶりに優勝つかむ

    旭区囲碁連盟

    8年ぶりに優勝つかむ 文化

    春の市区囲碁対抗戦

     旭区囲碁連盟(町井克己会長)が、6月3日に横浜市技能文化会館(中区)で開催された「第134回横浜市区囲碁対抗戦」で優勝を果たした。旭区の優勝は2010年以来、...(続きを読む)

  • 助成までの期間 短縮へ

    指定難病医療費

    助成までの期間 短縮へ 社会

    市に権限移譲、手続き迅速に

     横浜市は、これまで神奈川県が担っていた指定難病の特定医療費助成を4月から行っている。法改正により権限が移譲されたもので、これにより医療費が助成されるまでの期間...(続きを読む)

  • 文科省指定 SSH校へ

    希望ケ丘高校

    文科省指定 SSH校へ 教育

     ICT活用し課題研究に注力

     神奈川県立希望ケ丘高校(宮地淳校長)が、文部科学省が実施する事業「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」として、今年度から2022年度まで5年間の指定を受...(続きを読む)

  • 笑顔と活気あふれる街に

    旭区

    笑顔と活気あふれる街に 社会

    区政運営方針を発表

     旭区(下田康晴区長)はこのほど、2018年度の区政運営方針を発表した。基本目標は「未来へ可能性の広がるまち 旭〜『安心』『健やか』『ふるさと』〜」。地域コミュ...(続きを読む)

  • 観客交えて初の訓練

    サンハート

    観客交えて初の訓練 社会

    公演中の災害を想定

     旭区民文化センター・サンハート(佐藤輝一館長)で5月30日、公演中の災害を想定した「避難訓練コンサート」が初開催された。職員に加えて約100人の観客が参加し、...(続きを読む)

  • 市内一のチャーハン目指す

    市内一のチャーハン目指す 経済

    ガチシリーズ 投票始まる

     横浜市内の商店街で一番のチャーハンを決める「ガチチャーハン!」の投票が、明日6月1日(金)から始まる。旭区からは善部町の「ラーメンショップヤマト」がエントリー...(続きを読む)

  • 「旭区は未来への大きな転換期」

    就任インタビュー

    「旭区は未来への大きな転換期」 政治

    下田区長に聞く

     今年度から旭区長に就任した、下田康晴(しもだ やすはる)氏=写真。本紙では就任後2カ月が経過した下田区長にインタビューを実施。旭区の印象や魅力、新区長としての...(続きを読む)

  • 退所者の訪問支援に着手

    児童養護施設

    退所者の訪問支援に着手 社会

    市がアフターケア事業

     家庭で生活できない子どもが入所する児童養護施設。横浜市は退所者へのアフターケア事業を進めており、今年度は専門員を配置し訪問支援に着手する。退所後の悩みを把握し...(続きを読む)

  • 広場を活用して結婚式

    左近山団地

    広場を活用して結婚式 社会

    地域住民も一緒に祝う

     左近山団地内の広場「左近山みんなのにわ」で5月19日、同団地住人の結婚式が開かれた。団地再生の一環として再整備された広場が会場となり、誰でも気軽に参加できるオ...(続きを読む)

  • 連携して持続可能なまちへ

    若葉台

    連携して持続可能なまちへ 社会

    団地再生一環で3者協定

     「旭区大規模団地再生モデル構築事業」の一環として4月27日、神奈川県住宅供給公社(猪股篤雄理事長)、一般財団法人若葉台まちづくりセンター(森本敏昭理事長)、横...(続きを読む)

  • 10月から喫煙禁止地区へ

    二俣川駅周辺

    10月から喫煙禁止地区へ 社会

    市内で8番目の指定

     横浜市はこのほど、10月1日(月)から二俣川駅周辺を喫煙禁止地区に指定することを告示。駅南北の約7・8ヘクタールで喫煙が禁止される。同様の指定は市内で8地区目...(続きを読む)

  • 空き店舗増加に対策

    空き店舗増加に対策 社会

    市、各種助成策を実施

     横浜市は増加する商店街の空き店舗対策として、創業者向け助成や物件所有者向け補助など様々な対策を打ち出している。しかし特効薬がないのが現状だ。...(続きを読む)

  • 新たな免許センターが開業

    新たな免許センターが開業 社会

    カフェや「親子ルーム」も新設

     「神奈川県警察運転免許センター」(中尾)が5月6日に開業した。運転免許試験場から名称が変更され、装いを新たに免許関連の機能を集約。施設内にはカフェや「親子ルー...(続きを読む)

寶藏寺墓苑 追加限定区画販売

墓石付き完成墓地98万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自然の力を体験

自然の力を体験

8月18日

8月18日~8月18日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク