旭区版 掲載号:2018年3月8日号
  • LINE
  • hatena

市歴史博物館の学芸員で考古学を担当する 高橋 健さん 青葉区在住 46歳

まちの歴史照らす案内人

 ○…旧石器から縄文、弥生時代に関する企画展や資料管理を行う。動物の骨や角で作られた狩猟道具などを20年以上にわたり、研究する考古学の権威だ。今回、縄文人が漁をする際に使用していたとされる、ヨシキリザメの歯で作った銛を紹介する番組企画にアドバイザーとして携わった。「市民の関心に応え、少しでも歴史に興味をもってもらいたい」と真剣な表情で語る。

 ○…フィリピン生まれ。父が外交官だったこともあり、スイスやオーストラリアなど多くの国に家族で移住。幼い頃から世界の遺跡を訪れ、イランにいた時には土器のかけらを見つけたこともあるという。「今の仕事に影響しているのかも」と振り返る。東京大学法学部を卒業したが「発掘された形ある物に基づいた学問をしたい」と考古学の道で再スタート。歴史を学べる東大文学部に編入学し、最後は研究室の助教として様々な論文を発表した。37歳の時、歴博へ。「研究も好きだが、市民と接点を持ちたかった」と今はやりがいのある職場で汗を流す。

 ○…趣味はパントマイム。10年前に浅草のストリートで見たショーに衝撃を受けた。「自分にもできるのではないか」。大道芸の動画や自身の姿を鏡で映しながら猛練習。全国のイベントや歴博のある港北NT(ニュータウン)のまつりで、その腕前を披露したことも。「人にどう伝わるかを考え、ストーリーを組み立てていく。観客がいて初めて舞台が完成するのは、普段の仕事にも通じる部分がある」

 ○…子どもから高齢者まで幅広い世代と触れ合う日々。勉強熱心な来館者の中には、ハッとさせられる質問をする人もいて刺激にもなる。市民と話をする中で「自分が住むまちには何もない」とは言ってほしくないという。「横浜には多くの遺跡がある。今住んでいる家の下は遺跡だったかもしれない。歴史を紐解き分かりやすく市民に案内するのが私の役目」。今後も研究者としての幅を広げていく。

旭区版の人物風土記最新6件

田中 朋子さん

バリアフリー情報マガジン「enjoy ist。かながわ」の制作委員会代表を務めた

田中 朋子さん

12月13日号

小川名 慎吾さん

旭区発の芋焼酎の原料であるサツマイモを生産する農家の一人

小川名 慎吾さん

12月6日号

河野 航大さん

星槎全国生徒会の会長を務める

河野 航大さん

11月29日号

富岡 宏さん

「横浜旗士道」の代表として各地で活躍する

富岡 宏さん

11月22日号

天野 純さん

横浜F・マリノスで中心選手として活躍する

天野 純さん

11月15日号

小澤 一久さん

ヘアカット・アレンジメント講習会で講師を務めた

小澤 一久さん

11月8日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク