旭区版 掲載号:2018年3月8日号 エリアトップへ

市歴史博物館の学芸員で考古学を担当する 高橋 健さん 青葉区在住 46歳

掲載号:2018年3月8日号

  • LINE
  • hatena

まちの歴史照らす案内人

 ○…旧石器から縄文、弥生時代に関する企画展や資料管理を行う。動物の骨や角で作られた狩猟道具などを20年以上にわたり、研究する考古学の権威だ。今回、縄文人が漁をする際に使用していたとされる、ヨシキリザメの歯で作った銛を紹介する番組企画にアドバイザーとして携わった。「市民の関心に応え、少しでも歴史に興味をもってもらいたい」と真剣な表情で語る。

 ○…フィリピン生まれ。父が外交官だったこともあり、スイスやオーストラリアなど多くの国に家族で移住。幼い頃から世界の遺跡を訪れ、イランにいた時には土器のかけらを見つけたこともあるという。「今の仕事に影響しているのかも」と振り返る。東京大学法学部を卒業したが「発掘された形ある物に基づいた学問をしたい」と考古学の道で再スタート。歴史を学べる東大文学部に編入学し、最後は研究室の助教として様々な論文を発表した。37歳の時、歴博へ。「研究も好きだが、市民と接点を持ちたかった」と今はやりがいのある職場で汗を流す。

 ○…趣味はパントマイム。10年前に浅草のストリートで見たショーに衝撃を受けた。「自分にもできるのではないか」。大道芸の動画や自身の姿を鏡で映しながら猛練習。全国のイベントや歴博のある港北NT(ニュータウン)のまつりで、その腕前を披露したことも。「人にどう伝わるかを考え、ストーリーを組み立てていく。観客がいて初めて舞台が完成するのは、普段の仕事にも通じる部分がある」

 ○…子どもから高齢者まで幅広い世代と触れ合う日々。勉強熱心な来館者の中には、ハッとさせられる質問をする人もいて刺激にもなる。市民と話をする中で「自分が住むまちには何もない」とは言ってほしくないという。「横浜には多くの遺跡がある。今住んでいる家の下は遺跡だったかもしれない。歴史を紐解き分かりやすく市民に案内するのが私の役目」。今後も研究者としての幅を広げていく。

旭区版の人物風土記最新6

及川 伊東志さん

神奈川の名工と称される「神奈川県卓越技能者」に選ばれた和裁士で、県和服裁縫協同組合の理事長

及川 伊東志さん

白根在住 66歳

11月25日号

菅原 康太さん

左近山団地で住民対象の撮影会「左近山とわたし」を開催している写真家

菅原 康太さん

栄区在住 40歳

11月18日号

青木 保潔(やすゆき)さん

(公財)日本補助犬協会の理事で、盲導犬ユーザーでもある

青木 保潔(やすゆき)さん

矢指町在住 58歳

11月11日号

新川(にっかわ) 敬一さん

「かながわFARM21発表会」農業青年主張の部で県知事賞を受賞した

新川(にっかわ) 敬一さん

今宿南町在住 29歳

11月4日号

沼田 真一さん

「あさひブックデイ」を主催する旭区まちづくりポットの代表を務める

沼田 真一さん

鶴ヶ峰在住 43歳

10月28日号

岩崎 泉さん

「ようちえんカフェ&マルシェ」を主催する上白根幼稚園の園長

岩崎 泉さん

上白根在住 64歳

10月14日号

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook