旭区版 掲載号:2018年3月8日号 エリアトップへ

市歴史博物館の学芸員で考古学を担当する 高橋 健さん 青葉区在住 46歳

掲載号:2018年3月8日号

  • LINE
  • hatena

まちの歴史照らす案内人

 ○…旧石器から縄文、弥生時代に関する企画展や資料管理を行う。動物の骨や角で作られた狩猟道具などを20年以上にわたり、研究する考古学の権威だ。今回、縄文人が漁をする際に使用していたとされる、ヨシキリザメの歯で作った銛を紹介する番組企画にアドバイザーとして携わった。「市民の関心に応え、少しでも歴史に興味をもってもらいたい」と真剣な表情で語る。

 ○…フィリピン生まれ。父が外交官だったこともあり、スイスやオーストラリアなど多くの国に家族で移住。幼い頃から世界の遺跡を訪れ、イランにいた時には土器のかけらを見つけたこともあるという。「今の仕事に影響しているのかも」と振り返る。東京大学法学部を卒業したが「発掘された形ある物に基づいた学問をしたい」と考古学の道で再スタート。歴史を学べる東大文学部に編入学し、最後は研究室の助教として様々な論文を発表した。37歳の時、歴博へ。「研究も好きだが、市民と接点を持ちたかった」と今はやりがいのある職場で汗を流す。

 ○…趣味はパントマイム。10年前に浅草のストリートで見たショーに衝撃を受けた。「自分にもできるのではないか」。大道芸の動画や自身の姿を鏡で映しながら猛練習。全国のイベントや歴博のある港北NT(ニュータウン)のまつりで、その腕前を披露したことも。「人にどう伝わるかを考え、ストーリーを組み立てていく。観客がいて初めて舞台が完成するのは、普段の仕事にも通じる部分がある」

 ○…子どもから高齢者まで幅広い世代と触れ合う日々。勉強熱心な来館者の中には、ハッとさせられる質問をする人もいて刺激にもなる。市民と話をする中で「自分が住むまちには何もない」とは言ってほしくないという。「横浜には多くの遺跡がある。今住んでいる家の下は遺跡だったかもしれない。歴史を紐解き分かりやすく市民に案内するのが私の役目」。今後も研究者としての幅を広げていく。

9月4日 横浜開催セミナー

古くなったアパートのリスクと問題解決セミナー

https://ansapo.jp/semi/1919

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

鈴木 清美さん

こども自然公園を18年にわたり、撮影し8月19日から募集開始の講座の講師を務める

鈴木 清美さん

南本宿町在住 63歳

8月11日号

水木 歌寿杏(かずあん)さん(本名:石川 江利子)

万騎が原地域ケアプラザで浴衣の着付けと所作講座を行う日本舞踊師範の

水木 歌寿杏(かずあん)さん(本名:石川 江利子)

南本宿町在住 40歳

8月4日号

秋岸 寛久さん

作曲家として今宿地域ケアプラザでクラシック音楽鑑賞講座を行う

秋岸 寛久さん

中希望が丘在住 59歳

7月28日号

吉田 正利さん

横浜旭ライオンズクラブの会長に7月から就任した

吉田 正利さん

金が谷在住 46歳

7月21日号

善浪 裕勝さん

横浜市と災害時の協定を結んだ、横浜市仏教会の会長を務める

善浪 裕勝さん

保土ケ谷区在住 62歳

7月14日号

宮藤 涼一さん

旭区民文化センター・サンハートで銅版画の個展を開いている

宮藤 涼一さん

泉区在住 72歳

6月30日号

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook