旭区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

(PR)

神奈川県立がんセンター 令和のがん医療をけん引 ゲノム治療センターを新たに設置

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県立がんセンターは、1963年(昭和38年)4月に神奈川県立成人病センターとして発足。高度専門医療の重要性が高まる中、県の策定した計画により、成人病センターが県のがん治療の中枢的機関に位置付けられ、1986年(昭和61年)4月、神奈川県立がんセンターと改編され、現在に至る。

多くの先進的な取り組み

 同病院では、がんの診断や治療のほか、臨床研究所と緊密に連携し、がんの診断方法、治療法の開発などの臨床に直結した研究を行っている。2013年(平成25年)11月には病院を新築・移転。2015年(平成27年)12月には国内5カ所目の重粒子線治療施設となる「i─ROCK」が開所。その後も2018年(平成30年)9月、前立腺センターを設置し、手術支援ロボット「ダビンチ」を導入するなど、先進的な医療に取り組んでいる。

遺伝子情報に基づく治療

 一人ひとりの遺伝子に基づく、個別のがん治療法として注目されているがんゲノム医療。同病院は今年4月、「がんゲノム診療センター」を開設。がんゲノム診療科が設置された。「今後は、究極の個性であるゲノムを解析し、適切ながん医療を行う事が求められる時代になります。そのための整備を行っていきます」と大川伸一病院長は話す。

がんセンター

横浜市旭区中尾2-3-2

TEL:045-520-2222

http://kcch.kanagawa-pho.jp/

旭区版のピックアップ(PR)最新6

健康のすべては歯と口から

健康のすべては歯と口から

6/2 江口康久万さんが新著

5月28日号

人気手織絨毯「ギャベ」が展示販売

人気手織絨毯「ギャベ」が展示販売

本日から3日間限定、最大50%オフ

5月28日号

正しい情報のもと継続治療を

旭区歯科医師会

正しい情報のもと継続治療を

新型コロナ重症化を防ぐ

5月21日号

在宅多い機会に、家の見直しを

キタザワ建設通信【18】

在宅多い機会に、家の見直しを

地元密着の総合建設会社

5月21日号

引越し不要で自宅を現金化

電話やメールで非対面の簡易査定も可能 マンションも戸建も

引越し不要で自宅を現金化

相鉄の「住んだまま買い取りプラス」が好評

5月21日号

引越し不要で自宅を現金化

電話やメールで非対面の簡易査定も可能 マンションも戸建も

引越し不要で自宅を現金化

相鉄の「住んだまま買い取りプラス」が好評

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク