旭区版 掲載号:2019年5月23日号 エリアトップへ

「馬頭観音(ばとうかんのん)」の民話が紙芝居に 川島町の女性がモデル

文化

掲載号:2019年5月23日号

  • LINE
  • hatena
完成した作品と並ぶ工藤さん、小磯さん、篠崎代表(左から)
完成した作品と並ぶ工藤さん、小磯さん、篠崎代表(左から)

 区内川島町に現存する「馬頭観音」と、実在した一人の女性をモデルとした紙芝居がこのほど完成。題名は「サッちゃんの馬頭観音」で、5月10日には地域ゆかりの作品として笠町内会会員らに披露された。

 作品は約70年前を舞台に、現在の旭区川島町で暮らした小磯サツさんと馬頭観音にスポットを当てたもの。馬頭観音は1787年の建立とされ、現在は川島町の椚谷(くぬぎやと)公園近くに位置する。この馬頭観音の世話をしていたサツさんに馬頭観音が乗り移り、占いのようにほかの人には分からないことを次々と当てていったという話が地元で言い伝えられており、今作はこの話をもとに制作された。

 制作はモデルとなったサツさんの孫にあたる川島町在住の小磯守さんと、オリジナル紙芝居を作る団体「『ほどがや』えかたり〜べ」の篠崎顕一代表が知り合いだったことから昨年10月頃よりスタート。同団体は旭区や保土ケ谷区の民話・昔話をもとに紙芝居を制作し、各地で口演している。今作は小磯さんや言い伝えを知る近隣住民らへの取材、過去の資料などをもとに進められ、半年ほどで完成した。篠崎代表は「言い伝えぐらいしか情報がない中、小磯さんをはじめさまざまな方々の協力があったからこそ完成できた」と話す。

「一生の財産に」

 完成を記念し、10日には笠町内会の会館で作品を上演。作品を手掛けた同団体の工藤美代子さんが、町内会員や近隣施設の関係者など40人以上に向けて口演した。

 小磯さんは「自分が6、7歳の頃に見た祖母の顔と作品の絵がよく似ていた。作品にしてもらい、一生の財産になった」と笑顔。作品は小学校への寄贈なども検討し、今後は希望に応じて地域で上演も行う予定だという。

川島町の馬頭観音(右)、位置は上記地図を参照
川島町の馬頭観音(右)、位置は上記地図を参照

6/6家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

外遊びの安全確保に苦悩

横浜市内認可保育園

外遊びの安全確保に苦悩 社会

4割が狭い園庭

6月13日号

予選参加へ登録始まる

あさひボッチャ

予選参加へ登録始まる スポーツ

7月から区内9会場で

6月13日号

新たに運行開始

四季めぐり号

新たに運行開始 社会

事業者はヒノデ第一交通(株)に

6月6日号

選ばれ続ける街の実現へ

旭区

選ばれ続ける街の実現へ 政治

区運営方針を発表

6月6日号

緑化称え、国交大臣表彰

大原西公園愛護会

緑化称え、国交大臣表彰 社会

市内から4団体が受賞

5月30日号

最優秀賞に井上さん

旭区小学生絵画コンクール

最優秀賞に井上さん 文化

区誕生50周年の一環

5月30日号

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

元日本代表に学ぶサッカー

元日本代表に学ぶサッカー

ジョイナステラスで22日

6月22日~6月22日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク