旭区版 掲載号:2019年5月23日号 エリアトップへ

「馬頭観音(ばとうかんのん)」の民話が紙芝居に 川島町の女性がモデル

文化

掲載号:2019年5月23日号

  • LINE
  • hatena
完成した作品と並ぶ工藤さん、小磯さん、篠崎代表(左から)
完成した作品と並ぶ工藤さん、小磯さん、篠崎代表(左から)

 区内川島町に現存する「馬頭観音」と、実在した一人の女性をモデルとした紙芝居がこのほど完成。題名は「サッちゃんの馬頭観音」で、5月10日には地域ゆかりの作品として笠町内会会員らに披露された。

 作品は約70年前を舞台に、現在の旭区川島町で暮らした小磯サツさんと馬頭観音にスポットを当てたもの。馬頭観音は1787年の建立とされ、現在は川島町の椚谷(くぬぎやと)公園近くに位置する。この馬頭観音の世話をしていたサツさんに馬頭観音が乗り移り、占いのようにほかの人には分からないことを次々と当てていったという話が地元で言い伝えられており、今作はこの話をもとに制作された。

 制作はモデルとなったサツさんの孫にあたる川島町在住の小磯守さんと、オリジナル紙芝居を作る団体「『ほどがや』えかたり〜べ」の篠崎顕一代表が知り合いだったことから昨年10月頃よりスタート。同団体は旭区や保土ケ谷区の民話・昔話をもとに紙芝居を制作し、各地で口演している。今作は小磯さんや言い伝えを知る近隣住民らへの取材、過去の資料などをもとに進められ、半年ほどで完成した。篠崎代表は「言い伝えぐらいしか情報がない中、小磯さんをはじめさまざまな方々の協力があったからこそ完成できた」と話す。

「一生の財産に」

 完成を記念し、10日には笠町内会の会館で作品を上演。作品を手掛けた同団体の工藤美代子さんが、町内会員や近隣施設の関係者など40人以上に向けて口演した。

 小磯さんは「自分が6、7歳の頃に見た祖母の顔と作品の絵がよく似ていた。作品にしてもらい、一生の財産になった」と笑顔。作品は小学校への寄贈なども検討し、今後は希望に応じて地域で上演も行う予定だという。

川島町の馬頭観音(右)、位置は上記地図を参照
川島町の馬頭観音(右)、位置は上記地図を参照

6/6家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

市が年内導入へ

パートナーシップ制度

市が年内導入へ 社会

同性カップルなど公認

10月10日号

旭区の“誕生日”に記念給食

旭区の“誕生日”に記念給食 教育

50周年で小・特別支援学校へ

10月10日号

「ひなたぼっこ」で読み聞かせ

あさひくん絵本

「ひなたぼっこ」で読み聞かせ 文化

区制50周年記念し制作

10月3日号

5000m競歩で県の頂点

二俣川看護福祉高渋谷さん

5000m競歩で県の頂点 スポーツ

区内高校から唯一の優勝

10月3日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

9月26日号

パラスポーツで障害身近に

さちが丘小学校

パラスポーツで障害身近に 教育

5人制サッカー6年生が体験

9月26日号

全小学校に民間支援員

プログラミング必修化

全小学校に民間支援員 教育

教員向けにICT指導

9月19日号

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ズーラシアでハロウィーン

ズーラシアでハロウィーン

26・27日、特別ガイド

10月26日~10月27日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク