旭区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

「電子顕微鏡でミクロを観る会」の代表を務める 惣田 昱夫(そうた いくお)さん 若葉台在住 75歳

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena

ミクロの世界を身近に

 ○…東京工業大学から電子顕微鏡を譲り受けたことをきっかけに、2016年に発足した「電子顕微鏡でミクロを観る会」。若葉台で暮らす元大学教授らが集まり、旧若葉台西中学校を拠点に顕微鏡を生かした体験や講座を企画している。「普段はなかなか見ることのできないミクロの世界を知ってほしい」。大人はもちろん、小中学生たちとも一緒に楽しく学ぶ機会を作っている。

 ○…静岡理工科大学の元教授。農学博士で、微生物の力を発見して応用する応用微生物や、環境工学を専攻。もともとは神奈川県の衛生研究所や環境科学センターなどで勤務し、同センターに在籍していた1993年には、酸性土壌の改善につながる「酸・アルミニウム耐性菌」を世界で初めて発見した。「微生物というと何か悪いものに思われがち。実際は食物の発酵や薬を作るなど、私たちの生活を助けることも多い」。定年後には地域とのつながりから会に携わり、知見を生かして活動を牽引してきた。

 ○…若葉台には結婚を機に移り住み、30年以上が経つ。当時は若葉台になかった学童保育を作るために奔走したのが地域活動の発端。自身も2人の子どもがいる身で「共働きで困っている人も多かったから」と、実現に向けて住民らへ協力を呼び掛けて回った。「仕事であまり地域にいた訳ではないけど、そこで地域との関係ができた」と振り返り、現在の活動にもつながっている。

 ○…これから一層力を入れたいのは、子どもたち向けの活動。会のメンバーなど若葉台に多くいる専門に学んだ人材や顕微鏡などの設備を生かし、「理科の面白さを伝えて、理科離れを食い止められたら」。今後もミクロの世界を間近で見せ、理科の楽しさを伝えていく。
 

旭区版の人物風土記最新6

及川 伊東志さん

神奈川の名工と称される「神奈川県卓越技能者」に選ばれた和裁士で、県和服裁縫協同組合の理事長

及川 伊東志さん

白根在住 66歳

11月25日号

菅原 康太さん

左近山団地で住民対象の撮影会「左近山とわたし」を開催している写真家

菅原 康太さん

栄区在住 40歳

11月18日号

青木 保潔(やすゆき)さん

(公財)日本補助犬協会の理事で、盲導犬ユーザーでもある

青木 保潔(やすゆき)さん

矢指町在住 58歳

11月11日号

新川(にっかわ) 敬一さん

「かながわFARM21発表会」農業青年主張の部で県知事賞を受賞した

新川(にっかわ) 敬一さん

今宿南町在住 29歳

11月4日号

沼田 真一さん

「あさひブックデイ」を主催する旭区まちづくりポットの代表を務める

沼田 真一さん

鶴ヶ峰在住 43歳

10月28日号

岩崎 泉さん

「ようちえんカフェ&マルシェ」を主催する上白根幼稚園の園長

岩崎 泉さん

上白根在住 64歳

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook