旭区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

「電子顕微鏡でミクロを観る会」の代表を務める 惣田 昱夫(そうた いくお)さん 若葉台在住 75歳

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena

ミクロの世界を身近に

 ○…東京工業大学から電子顕微鏡を譲り受けたことをきっかけに、2016年に発足した「電子顕微鏡でミクロを観る会」。若葉台で暮らす元大学教授らが集まり、旧若葉台西中学校を拠点に顕微鏡を生かした体験や講座を企画している。「普段はなかなか見ることのできないミクロの世界を知ってほしい」。大人はもちろん、小中学生たちとも一緒に楽しく学ぶ機会を作っている。

 ○…静岡理工科大学の元教授。農学博士で、微生物の力を発見して応用する応用微生物や、環境工学を専攻。もともとは神奈川県の衛生研究所や環境科学センターなどで勤務し、同センターに在籍していた1993年には、酸性土壌の改善につながる「酸・アルミニウム耐性菌」を世界で初めて発見した。「微生物というと何か悪いものに思われがち。実際は食物の発酵や薬を作るなど、私たちの生活を助けることも多い」。定年後には地域とのつながりから会に携わり、知見を生かして活動を牽引してきた。

 ○…若葉台には結婚を機に移り住み、30年以上が経つ。当時は若葉台になかった学童保育を作るために奔走したのが地域活動の発端。自身も2人の子どもがいる身で「共働きで困っている人も多かったから」と、実現に向けて住民らへ協力を呼び掛けて回った。「仕事であまり地域にいた訳ではないけど、そこで地域との関係ができた」と振り返り、現在の活動にもつながっている。

 ○…これから一層力を入れたいのは、子どもたち向けの活動。会のメンバーなど若葉台に多くいる専門に学んだ人材や顕微鏡などの設備を生かし、「理科の面白さを伝えて、理科離れを食い止められたら」。今後もミクロの世界を間近で見せ、理科の楽しさを伝えていく。
 

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

都筑区在勤 39歳

1月14日号

畑中 一希さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

畑中 一希さん

金沢区在住 20歳

1月7日号

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月1日号

杉山 紀子さん

約1600人の会員で構成される横浜市歯科医師会の会長を務める

杉山 紀子さん

栄区在住 65歳

12月24日号

松延 邦明さん

若葉台遊水池水辺愛護会の会長を務める

松延 邦明さん

若葉台在住 76歳

12月10日号

黒田 智暉さん

19歳以下フットサル日本代表候補に召集された

黒田 智暉さん

YSCC横浜所属 19歳

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク