泉区版 掲載号:2021年11月25日号 エリアトップへ

必要性が高まる、ヤングケアラー支援 横浜市会議員 ふもと理恵

掲載号:2021年11月25日号

  • LINE
  • hatena

 ヤングケアラーとは、家族にケアを要する人がいる場合に、大人が担うような責任を引き受け、家事や家族の世話、介護、感情面のサポートなどを行う18歳未満の子どもをいいます。

 平成30年の第4回市会定例会で初めてヤングケアラーの問題を取り上げて3年。昨今ではマスコミに取り上げられることも多くなりました。

 厚生労働省の全国調査では、中学2年生のおよそ17人に1人、全日制の高校2年生のおよそ24人に1人が「世話をする家族がいる」と回答しています。睡眠や勉強の時間が取れない、本人の健康や進路に影響が出ることもあり「きょうだいや家族の世話をする良い子」では済まされない現実があります。自身がヤングケアラーと自覚していない場合や、相談する場所がわからず発見されにくい問題もあります。

早期発見・連携、相談

 ヤングケアラーの早期発見で重要な役割を果たす場所が学校です。しかし福祉、介護、医療、学校等、関係機関における研修・連携等は十分でなく、残念ながら横浜市でもヤングケアラーに対する具体的支援策、支援につなぐための窓口が明確ではありません。

 国は来年度からの3年間を「集中取組機関」として実態調査や支援体制構築モデル事業などを進めるとしています。ヤングケアラーが、家族のケア等で学びをあきらめることなく、支援を受けながら子ども時代を子どもらしく過ごせるように支援を整えてまいります。

ふもと理恵事務所

横浜市泉区中田東3-15-9

TEL:045-801-8739

http://fumotorie.com

泉区版の意見広告・議会報告最新6

必要性が高まる、ヤングケアラー支援

必要性が高まる、ヤングケアラー支援

横浜市会議員 ふもと理恵

11月25日号

11月は地産地消月間

11月は地産地消月間

企画・制作/横山ゆうたろう事務所

11月18日号

ウィズコロナの「新しい日常」を創り出す

国政報告

ウィズコロナの「新しい日常」を創り出す

前内閣官房副長官 衆議院議員 さかい学

10月14日号

人にささげる政治をあなたに

人にささげる政治をあなたに

衆議院議員 山崎誠

10月14日号

受験生のワクチン優先接種開始

県政報告

受験生のワクチン優先接種開始

神奈川県議会議員 田中しんじ

9月30日号

IR無き後、市の財政基盤は

IR無き後、市の財政基盤は

企画・制作/横山ゆうたろう事務所

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

  • 10月28日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook