泉区版 掲載号:2022年3月24日号 エリアトップへ

市政報告 福祉施設転用へ基準緩和を 横浜市会議員 げんなみ正保

掲載号:2022年3月24日号

  • LINE
  • hatena

 公明党横浜市会議員団は、誰もが自分らしく活躍できる社会を築くことを目標の1つに掲げています。障がい者の方々などの地域生活の支援や、高齢になっても安心して暮らせる地域、活躍できる社会を築くためには、身近な福祉施設の充実が必要です。

 建築物などのバリアフリーの基準を定めた「福祉のまちづくり条例」は、既存建築物を福祉施設などに用途変更する場合、現行では施設規模や利用形態によらず条例の基準を満たすことを一律に義務づけています。そのため戸建て住宅やビルの1室などを用途変更する場合、建物構造や敷地などに制約があると基準適合が困難となり、施設供給が進まないという課題があります。

 横浜市ではこの対応基準の変更を検討していますが、その進捗について先日の予算特別委員会局別審査で質問しました。

 建築局建築指導部担当部長からの答弁では、施設利用者や供給事業者等に意見を聞く中で、車いす使用者への配慮が必要であるといった意見や、地域に身近な小規模福祉施設を設置しやすくなり福祉サービスの向上につながるといった意見があったとの報告がありました。

 また、基準見直しの方向性と今後の対応について、建築局長からは、既存建築物を用途変更する場合には高齢者や障がい者等施設利用者に配慮しつつ、対象規模やトイレの基準を緩和するなど、基準の合理化を図ることや、今後は改めて福祉のまちづくり推進会議に諮ったうえでパブリックコメントで広く意見を聞きながら、来年度中には、改正内容を整理して議会に諮りたいとの答弁がありました。

きめ細かなバリアフリーに期待

 福祉のまちづくりは、誰もが安心して自由に生活できる「環境」を目指して、きめ細かなバリアフリーを着実に進めていくことが重要です。

 引き続き、ニーズに合った誰もが使いやすい施設の普及に向けて基準の見直しの検討を進め、今回の見直しにより、横浜らしい更に進んだ福祉のまちづくりが進展されることを期待します。

源波正保 

横浜市泉区和泉町3702井上ビル1F

TEL:045-802-5345

http://gennami.net/

泉区版の意見広告・議会報告最新6

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月16日号

「いのちのための政策」を強力に推進

意見広告

「いのちのための政策」を強力に推進

前内閣官房副長官・衆議院議員 さかい学/内閣府大臣補佐官・参議院議員 三原じゅん子

6月16日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月16日号

〜道徳経済一元論〜二宮尊徳翁の訓語

不妊治療の保険適用実現

意見広告

不妊治療の保険適用実現

 自由民主党 参議院議員 三原じゅん子/前内閣総理大臣・衆議院議員 菅義偉

6月2日号

「通学路等の安全対策」重点的に

声をカタチに【2】

「通学路等の安全対策」重点的に

自民党 横浜市会議員 かじむら充

5月12日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook