栄区版 掲載号:2014年7月3日号 エリアトップへ

市政報告【16】 災害想定は自治体の境界を超えた連携を 横浜市会議員 こしいしかつ子

掲載号:2014年7月3日号

  • LINE
  • hatena

 今年、新しく『内水ハザードマップ栄区版』が発行されました。水害の際、河川から溢れる洪水の危険と下水から漏れ出る浸水の危険をひとつの地図上に表したもので、住民目線で避難の想定がしやすく工夫されたものです。

 ところが残念なことに、このハザードマップは栄区版ということで、区界でキッチリ図面が切れています。例えば、笠間と鎌倉市の境界を流れる砂押川は表記されていませんし、鎌倉市側を流れる支流も載っていません。

 区の境とは関係なく影響する水害(災害)の危険を想定し、被害最小化を目指し、自治体の枠を超えて連携する仕組みを作るため、私も被害想定の基本となる情報を出している神奈川県、県横浜川崎治水事務所、鎌倉市などに連絡を取っています。神奈川県など広域の課題解決を担う自治体と、個々の市区町村同士の身近な連携を深めることが真の安心安全を作ります。

 栄区は横浜市内の区の中で、湘南圏にも接していることが特徴です。災害想定にもこの視点を欠かさず取り組むよう求めていきます。

こしいしかつ子事務所

横浜市栄区公田町514

TEL:045-894-9956

http://www.koshiishikatsuko.jp/

栄区版の意見広告・議会報告最新6

栄区だけが持つ魅力

市政報告㉚

栄区だけが持つ魅力

横浜市会議員こしいしかつ子

1月1日号

臨時バスは盛り上げ秘策になり得るか?

イベントバスに乗って本郷台へ 市政報告 29

臨時バスは盛り上げ秘策になり得るか?

横浜市会議員 こしいし かつ子

7月14日号

耐震補強や備蓄の見直しを

改めて身の回りの 市政報告 28

耐震補強や備蓄の見直しを

横浜市会議員こしいしかつ子

5月5日号

福祉の街を栄区から作る

市政報告 27

福祉の街を栄区から作る

横浜市会議員 こしいし かつ子

4月7日号

命を支える水道事業

市政報告 25

命を支える水道事業

横浜市会議員 こしいし かつ子

2月11日号

活気あふれる街づくりを目指す

栄区30周年の節目 市政報告㉔

活気あふれる街づくりを目指す

横浜市会議員こしいしかつ子

1月1日号