磯子区版 掲載号:2014年3月6日号 エリアトップへ

杉田のゆるキャラが決定 723票獲得で「ウメニー」に

掲載号:2014年3月6日号

  • LINE
  • hatena

 杉田小学校5年2組(辻田陽香教諭)の児童らが考案し、地域住民らに投票を行って決定した杉田のゆるキャラ「ウメニー」が、2月22日、同校のイベントでお披露目された。

 ウメニーは、頭に杉田梅を乗せ、耳としっぽが梅の葉になっており、梅の花の模様をあしらった服を着ている。誰でも描けるようにと絵描き歌も用意された。

「杉田の時間」通じ誕生

 このゆるキャラ作りは、杉田小学校の総合的な学習の一つである「杉田の時間」の中で、5年2組の児童たちが取り組んだもの。昨年の春、同授業のテーマを設定する際に、担任の辻田教諭の出身地が熊本県であることから、同県のゆるキャラである「くまもん」に関心を持ち、「ゆるキャラで杉田を盛り上げよう」と取り組みをスタートさせた。

 授業では、ゆるキャラを用いて地域活性化に取り組む自治体や、パッケージにゆるキャラが描かれているお菓子の製造会社などに、ゆるキャラを用いる理由や、その効果について手紙で問い合わせを実施。その回答などを参考に、調べ学習を進めた。

 ゆるキャラに関する知識が備わった後、同クラスで実際にゆるキャラを作成。まず、クラス内で約50体のキャラクターを考案し、その中から3体を選んだ。その後、それらのキャラクターの色や衣装などにアレンジを加え、100体以上をデザイン。その中から最終的に決定した3体を、校内や地域住民らからの投票で1体に絞った。

 投票活動は、新杉田駅の歩道橋や、らびすた新杉田横の広場、ぷらむロード杉田商店街の事務局前、プララ杉田内など、計6か所で実施。児童たちが通行人に呼びかけながら票を集めた。集まった1000票のうち、723票を獲得した「ウメニー」が、杉田のゆるキャラに決定した。

 ウメニーは2月22日に行われた同校のイベントで、校内や地域住民に対しお披露目された。

磯子区版のローカルニュース最新6

「ヨコハマ土産」191品を認定

横濱001

「ヨコハマ土産」191品を認定 経済

市長賞、新規認定などお披露目

2月23日号

高田さん 県優良産業人に

欧風菓子フリアンドール

高田さん 県優良産業人に 社会

よこはまおやつなど販売

2月23日号

「食事は命を頂くこと」

根岸小特別授業

「食事は命を頂くこと」 教育

ホテル料理長が講師に

2月23日号

スポーツ功労者を表彰

スポーツ功労者を表彰 スポーツ

IHIで新春の集い

2月23日号

愛の電車が運行中

京急電鉄

愛の電車が運行中 経済

ホワイトデーまで期間限定

2月23日号

「商議所、今こそ活用を」

「商議所、今こそ活用を」 社会

南部支部 笠原支部長

2月23日号