磯子区版 掲載号:2015年11月26日号 エリアトップへ

児童が狂言を体感 能舞台で鑑賞教室

教育

掲載号:2015年11月26日号

  • LINE
  • hatena

 岡村にある久良岐能舞台で11月17日から19日まで、磯子、南、港南区の小学校に通う児童を対象とした「狂言鑑賞教室」が開かれた。

 日本文化を直に体感してもらおうと、同舞台の指定管理者「シグマコミュニケーションズ」が社会貢献事業として実施。19日の授業では、狂言師の善竹富太郎さんが児童に狂言を解説。室町時代にできた日本で一番古い笑いの演劇と、児童に説明。善竹さんらは国語の教科書にも出てくる「柿山伏」を披露した=写真。児童らは、笑いながらも真剣な眼差しで鑑賞した。

 また、ワークショップでは、普段足を踏み入れることができない舞台に上ったり、狂言の声の出し方を学んだりした。

 狂言を初めて鑑賞したという男子児童は「国語で柿山伏を勉強したが、実際狂言として観ることができおもしろかった。日本文化を感じることができた」と話した。