磯子区版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

幼稚園大会に2500人 シンポと研究発表

教育

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena
あいさつする木元会長
あいさつする木元会長

 「第53回横浜市幼稚園教育研究大会」「第55回神奈川県私立幼稚園教育研究横浜地区大会」が1月23日、県民ホールで開催された。主催は市幼稚園協会(木元茂会長)と県私立幼稚園連合会(小澤俊通会長)。

 大会テーマは「今だから考えよう!幼稚園教育の本質を!」。会場には幼稚園教諭・職員をはじめ、教育関係者や保護者など約2500人が集まった。開会に先立ち木元会長は「小学校の教育内容を幼稚園で教えるという手法は通用しない時代となってきた。本日の幼稚園大会を、今後の幼児期の教育の在り方について考える機会にしてもらいたい」とあいさつした。

 全体会として企画されたシンポジウムには、教育の専門家3人が招かれ「保育の質をどう高めていくか」をテーマに、園内研修の工夫の仕方などを語り合った。分科会では、それぞれの研究テーマを発表した。