磯子区版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

横浜国立大学 都市科学部新設へ 文理融合目指し、17年度に

教育

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena

 横浜国立大学(長谷部勇一学長/保土ケ谷区)では、構想中の教育組織改編の一環で、都市科学部(仮称)の新設を予定している。今年文部科学省に申請し、2017年度からの募集を目指す。新学部の誕生は半世紀ぶり。

 都市科学部は、現行の教育人間科学部の人文社会科学系と、建築や土木環境などの理工学系を融合した学部。4つの学科を設置し、都市づくりやグローバル社会、イノベーション創造を担う人材育成を目指す。

 同大は保土ケ谷区のキャンパスに文系と理系の学部がまとまっている立地を生かし、07年に地域実践教育研究センターを開設し、学部の領域を横断して学ぶプログラムを実施するなど、文理融合の土壌は十分にある。

 大門正克副学長は、新学部の方向性について「科学技術の開発という理工系の知識と、それを実装するための社会整備や経営のノウハウ、またそれが社会の価値と適合しているのかを見極める力と、21世紀では文理両方の視点を持てる人材が求められている」と話している。また、国際都市横浜という立地を生かし、グローバルからローカルな課題までフィールドワークとして取り組み、「本学の強みと特色を生かした学部になる」と説明した。