磯子区版 掲載号:2016年2月4日号 エリアトップへ

国際ちびっこ駅伝 新井くん、優勝に貢献 小菅くんはロード3位に

スポーツ

掲載号:2016年2月4日号

  • LINE
  • hatena
優勝に貢献した新井くん(右)と3位入賞の小菅くん
優勝に貢献した新井くん(右)と3位入賞の小菅くん

 港北区の日産スタジアムで1月16日に行われた「第25回よこはま国際ちびっこ駅伝大会」で、新井颯太くん(磯子小5年)所属の横浜AC(アスリートクラブ)が、5年生男子の部で優勝した。個人ロードレースの部では、小菅鉄平くん(磯子小3年)が3年男子の部で3位に入った。

 この大会は、4〜6年生の駅伝(4区間、6・33キロメートル)と3〜6年生の個人ロードレース(1・6キロメートル)が実施された。

 新井くんと小菅くんは、市内を中心に活動している横浜AC(アスリートクラブ)に所属。新井くんはクラブの5年生メンバーとチームを組み駅伝に出場。当初、3区を走る予定だったが、チームの事情により急きょアンカーとなる4区を任された。横浜ACチームは2区で逆転されるも3区でトップに再浮上し4区の新井くんにたすきリレー。2位と3秒差でのスタートした新井くんは、序盤抑え気味のペースで走り、中盤にスパート。14秒差をつけてトップでゴールした。

 新井くんは「トップでゴールテープを切れてうれしかった。来年も6年生の部で優勝したい」と笑顔をみせた。

290人出場の中、入賞果たす

 小菅くんは3年生からクラブに入会。大会に向けては、上位入賞を目標に練習に取り組んできた。約290人が出場したレースでは積極的な走りをみせ、1位の選手と2秒差の3位でゴールし入賞を果たした。

 小菅くんは「優勝できなかった悔しさもある。3月に三浦マラソンに出場するので、そこでは優勝をめざして頑張りたい」と今後の抱負を語った。