磯子区版 掲載号:2016年2月4日号 エリアトップへ

創学館 野球部OB会 最多安打秋山選手を激励 「高校3年間に感謝」

スポーツ

掲載号:2016年2月4日号

  • LINE
  • hatena
最多安打記録を樹立したスイングを披露
最多安打記録を樹立したスイングを披露

 歴代最多となるシーズン216安打を放ち、日本プロ野球史を塗り替えた埼玉西武ライオンズの秋山翔吾選手(27)。昨年12月、母校・横浜創学館高校(六浦東)硬式野球部OB会が主催する祝賀会に招かれ、偉業達成の祝福を受けた。

 会場となった新横浜プリンスホテル(港北区)は、秋山選手が結婚式を挙げた思い出の場所。同校の井上隆校長が「在校生に夢と勇気を与えた」として「卒業生栄誉賞」を贈ると、集まった約300人の盛大な拍手に包まれた。また、参加者には地域の子どもたちも。登壇した秋山選手は「費やした時間が自信になる。毎日野球道具に触れる習慣を」とアドバイス。「身体が資本なので、しっかり寝て食べて笑顔で頑張ってほしい」とエールを送った。

野球と向き合った高校時代

 同部の森田誠一監督は当時の秋山選手を「真面目で、手を抜かない努力家」と評価する。「監督に怒られた記憶がない」というのは秋山選手。「主将も任せてくれ、良いところを引き出してもらった」と感謝する。

 「自分で工夫して野球をする――。考える力が身についた」。限られた時間や設備の中で工夫し努力を重ねてきた。「練習後も仲間の半分が残って一緒にバットを振ってくれた。一人で練習をしているのではない、そんな時間の積み重ねがありがたかった」と振り返る。

 横須賀市の自宅と学校の往復で「横浜まで遊びに出ることもほぼなかった」という高校時代。「野球にしっかり取り組めた3年間。それに尽きる」。経験を糧に来シーズンに挑む。「明日からまた練習するつもり」と真っすぐ話した。