磯子区版 掲載号:2016年2月18日号 エリアトップへ

巧みな話芸を披露 好楽さんら観客沸かせる

文化

掲載号:2016年2月18日号

  • LINE
  • hatena
好楽さんの落語に聞き入る観客たち
好楽さんの落語に聞き入る観客たち

 杉田劇場で2月13日、「第15回いそごふるさと寄席」が行われた。

 テレビ番組「笑点」でお馴染みの落語家、三遊亭好楽さんらを招き、毎年開催されているこの寄席。2011年の東日本大震災発生以降は、被災地である宮城県気仙沼市の復興商店街応援イベントとしても実施されている。

 ふるさと寄席実行委員会の佐藤祐治さんは冒頭、来場者に向けて「短い時間ですが楽しんで」と挨拶。地元杉田出身のお笑い芸人・横浜ヨコハマが漫才を、林家三平さんと林家木久蔵さんが古典落語を披露。トリを飾った好楽さんの「女ぐすり」には、観客から繰り返し大きな笑いが沸き起こっていた。初めて寄席に訪れたという観客は「皆さんの話が面白く、引き込まれてしまって、あっという間に終わっていました」と大満足の様子だった。

 会場ロビーではふかひれや磯海苔など、気仙沼の特産品の販売も行われた。