港南区・栄区版 掲載号:2015年1月22日号 エリアトップへ

南高3年田口君 マリノスの正GK(ゴールキーパー)目指す ユースからプロ選手に

スポーツ

掲載号:2015年1月22日号

  • LINE
  • hatena
マリノスの下條本部長(左)と握手を交わす田口君
マリノスの下條本部長(左)と握手を交わす田口君

 横浜F・マリノスのユースチームに所属する市立南高校3年の田口潤人君(18)がこのほど、同クラブのトップチームに昇格し、1月14日に同校で契約会見を行った。GKとしてU-19(19歳以下)日本代表に選出されるなど注目の選手だが、今後はJ1の舞台でもその活躍に期待がかかる。

 「ずっと目標にしていた、『マリノスの選手』としての生活が始まる。だけど本当の目標はもっと上にある」。センター試験直前にも関わらず、同級生ら約100人以上が駆けつけた会見の場で、トップチームの背番号「30」を手にした田口君は思いを語った。

 4歳からサッカーを始め、秋葉中学校(戸塚区)時代から同クラブ下部組織に所属。高校進学後は、マリノスユースで放課後や週末に練習を重ねてきた。また2011年にU-15日本代表に選出されてからはU-16、18、19と年代ごとの代表チームでもプレーしてきた。

 会見で同校の鈴木英夫校長は「プロサッカー選手は子どもの憧れ。その期待にも応えなければならない」と田口君を激励し、同席した生徒に対して「目的と責任をもち、それぞれの人生を歩んでいくことが最大の応援になる」と呼びかけた。

「まずは体づくりから」

 身長181cm、体重70kgは、GKとして決して大きな方ではないが、「(前方にボールを送る)フィードキックの精度が高い。GKとしてのメンタリティもしっかりしている」と同クラブチーム統括本部の下條佳明本部長は評する。一方でトップチームには、田口君の他に榎本哲也選手ら3人のGKが所属。下條本部長は「試合に出られるのは1人だけ。出場機会の限られているポジションなので、忍耐強く、体づくりから始めたい」と話した。さらに「やがては五輪代表、A代表でも活躍するような選手になってほしい」とチーム最年少GKに期待を込めた。

 憧れの選手は「構えているだけで、かっこよくて美しい」という元日本代表GKの楢崎正剛選手。「自分がプロでやっていくには、現実的にはまだまだ。1つひとつ取り組んで、よりたくましい選手になりたい」と田口君は思いを語った。

同級生らも祝福

 2年時から担任を務める高橋奨(すすむ)教諭は、「代表チームの遠征時には学校の課題を海外に持っていくなど、サッカーを言い訳にせずこつこつやってきた。観察力もあり、教室が汚れていれば黙って掃除をしたりするような生徒」と明かす。

 また、3年間同じクラスの望月健吾君(18)は「日本代表に選ばれた時も全くおごることがなく、謙虚で人気者。彼らしくひたむきに、けがなく頑張ってほしい」とエールを送った。
 

「たくましいGKに」と思いを語った
「たくましいGKに」と思いを語った

港南区・栄区版のトップニュース最新6

中学生対象の無料塾開校

日野中央唱導寺

中学生対象の無料塾開校 教育

「てらこや」で勉強支援

7月29日号

年末まで「茅の輪」設置

栄区笠間青木神社

年末まで「茅の輪」設置 文化

コロナ収束に願い込め

7月29日号

ひまわり畑、2年ぶり開放

上大岡駅東口

ひまわり畑、2年ぶり開放 社会

きょう22日から11日間

7月22日号

改定で浸水想定約5倍に

内水ハザードマップ

改定で浸水想定約5倍に 社会

下水道の排水に限界も

7月22日号

保育所半数で定員割れ

横浜市

保育所半数で定員割れ 社会

ニーズの変化一因に

7月15日号

素案への区民意見を募集

栄区地域福祉保健計画

素案への区民意見を募集 社会

8月11日まで受付

7月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter