港南区・栄区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

(PR)

石井誠弁護士が答える 元気の出る法律相談(123) 亡父に多額の負債があったらどうしよう

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena

 Q、父が亡くなり、遺産は自宅と預貯金があります。ただ、お人好しな父はよく知人から借金の保証人になってくれと頼まれてハンコを押していたようなので、負債がないか心配です。

 A、亡くなった方に財産より多額の負債がある場合でも、家庭裁判所で「相続放棄」という方法で負債を相続しなくて済みます。ただ、不動産や預貯金等の財産も相続できなくなるため、「負債があると思って慌てて相続放棄をしたが、実は負債は少額だった。これなら自宅を手放さなくて済んだのに」という場合もありえます。

 そこで「限定承認」という方法があるのですが、これは負債額が財産よりも多い場合に、「相続する財産の限度で」負債を返すという制度です。仮に後日、負債額が自宅と預貯金の額を超えていると判明しても、超過の負債額については相続せずに済みます。また負債額が少額であれば返済して、自宅を温存することも可能です。

 いずれの手段もお父様の死亡を知ってから3か月以内に家庭裁判所で手続する必要があります。法律に関することは、法律のプロである弁護士にお気軽にご相談下さい。

上大岡法律事務所

港南区上大岡西1‐6‐1 ゆめおおおかオフィスタワー22階

TEL:045-840-2444

http://www.kamiookalaw.com/

港南区・栄区版のピックアップ(PR)最新6

わずかな採血で「がんリスク」を判定

女性の不安 電話で支援

女性の不安 電話で支援

横浜市男女共同参画推進協会 相談窓口を新設

1月21日号

元気の出る法律相談(125)

石井誠弁護士が答える

元気の出る法律相談(125)

休業損害を打ち切られたら?

1月21日号

終活・相続の無料相談会

オンラインによる

終活・相続の無料相談会

電話、ネットで対応

1月14日号

鎌田實氏が講演

鎌田實氏が講演

横浜市老人クラブ連合会

1月14日号

美術品・骨董品を高価買取り

1月15日・16日・31日・2月1日 鎌倉芸術館「お宝無料鑑定会」開催 予約優先

美術品・骨董品を高価買取り

生前整理・遺品整理の相談だけでもOK

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク