保土ケ谷区版 掲載号:2015年6月18日号 エリアトップへ

遮断踏切入ったら検挙も 改正道交法 自転車厳しく

社会

掲載号:2015年6月18日号

  • LINE
  • hatena
電車の通過を待つ自転車
電車の通過を待つ自転車

 6月1日から改正道路交通法が施行され、危険行為を繰り返す自転車運転者に、講習の受講を義務化する制度が新設された。

 受講対象となる危険行為は、信号無視、一時不停止、通行禁止道路(場所)の通行、他人に危害を及ぼすような速度で運転するといった安全運転義務違反など14項目。これらの危険行為を3年以内に2回以上繰り返すと講習の受講が命じられ、指定された期間に受講しない場合は5万円以下の罰金が科せられている。14歳以上の自転車運転者が対象となる。

 保土ケ谷警察署(若林靖司署長)では法改正の初日にあたる1日に取り締まりを実施した。主に交差点や踏切に立ち、信号無視や通行禁止道路の走行について、注意や警告をした。

 特に「遮断踏切の立ち入り」「制動装置不備(ブレーキなし)の自転車の運転」「酒酔い運転」については、命に関わる危険な行為として警告指導なしに取り締まることができる。そのため初日にも遮断踏切への立ち入りで検挙された人がいた。踏切が多い保土ケ谷区内では、朝や夕方のラッシュ時に遮断機が開いている時間が短いときもあり、乗用車の間をかいくぐって閉じようとしている遮断機をくぐり踏切内に侵入する自転車もあるという。同署交通指導課では、「踏切事故は生死に繋がるもの。無理をして渡らないで」と呼びかけている。

 また一時停止をせずに走行し、他の自転車と接触したのを署員が確認し、危険運転とみなされ検挙されたケースもあった。同署では、「歩行者が優先、自転車は車両という意識をもって」と話している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

地場の旬菜ズラリ

まちなか農家さんの朝市

地場の旬菜ズラリ 社会

感染症対策講じ開催

5月7日号

「友好のバラ」咲く

星川中央公園

「友好のバラ」咲く 社会

気品高いダマスクローズ

5月7日号

27人が新たに入団

保土ケ谷消防団

27人が新たに入団 社会

「1日も早く即戦力に」

5月7日号

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 教育

NPOがスタッフ募集

5月7日号

ダンス事業に最大30万円

ダンス事業に最大30万円 文化

補助金申請は5月21日まで

5月7日号

パルマワラビーを展示

パルマワラビーを展示 社会

金沢動物園で3頭

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter