保土ケ谷区版 掲載号:2015年7月16日号 エリアトップへ

峯小学校 地元格闘家”強さ”の授業 いじめ防止訴える

経済

掲載号:2015年7月16日号

  • LINE
  • hatena
児童に語る尾崎さん(左)と勝村さん(右)
児童に語る尾崎さん(左)と勝村さん(右)

 峯小学校(中澤道則校長)では7月7日、地元格闘家を招き、5・6年生を対象にいじめや暴力を考える授業を行った。講師は、K-1選手で天王町にジムを開いている尾崎圭司さんと、第6代修斗世界フェザー級王者の勝村周一朗さん。

 最初に児童らは、実際に戦っているときの映像を視聴。2人が登場すると大きな拍手が沸き起こった。目の前で尾崎さんは板割りを、勝村さんがスパーリングを披露すると、生徒たちは迫力に圧倒されながらも真剣な表情で眺めていた。

 その後、パンチや蹴りの基本動作を習い、実際にミットを叩いたり、格闘家に体当たりしたりと、プロの格闘家と触れ合った。

ルール守る人が強い

 体験のあと、尾崎さんは「今やった格闘技といじめの違いはなんだろう」と問いかけた。児童たちは積極的に手を挙げ、「正々堂々やっているかやっていないか」「ルールがあるかないか」などと発言。尾崎さんは、「その通り。格闘技にはルールがあるから、楽しくできるし、お互い一生懸命練習したうえで戦っている」と説明した。さらに「本当に強い人は心の優しい人」と話した。

 勝村さんも、「けんかが強い人が本当に強い人じゃない。強い人は、ルール、約束、友達、家族などを守れる人」と訴え、「いじめにはルールがない。相手は悲しむし、自分も悲しくなる」と語った。

 授業を終えた中澤校長は、「鍛錬を重ね結果を出してきたアスリートの言葉には説得力がある。これから生きて行く中で今日学んだことを思い出してくれれば」と話していた。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

児童見守り12年

児童見守り12年 社会

宮田町・小川勘七さん

4月15日号

年間約900人が返納

運転免許証

年間約900人が返納 社会

「卒業証書」も配布中

4月15日号

8月22日投開票

横浜市長選挙

8月22日投開票 政治

五輪避けた日程に

4月15日号

花壇ボラ募集中

花壇ボラ募集中 社会

県立保土ケ谷公園

4月15日号

「命と医療守り、経済を再生」

「命と医療守り、経済を再生」 社会

林市長インタビュー

4月15日号

ペッパー活用の新教材制作

神奈川県

ペッパー活用の新教材制作 社会

小学生の思いやる心を醸成

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 2月16日16:30更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

2度目の公会堂大会

全日本プロレス

2度目の公会堂大会

28日、注目リーグ戦も

4月28日~4月28日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク