保土ケ谷区版 掲載号:2015年10月22日号 エリアトップへ

ロケ地・横浜(上) 「ツール」としてのFC(フィルムコミッション)

掲載号:2015年10月22日号

  • LINE
  • hatena
市内での撮影の様子
市内での撮影の様子

 9月末に最終回を迎えたNHK連続テレビ小説「まれ」。石川県能登半島とともに、横浜が舞台となったことは記憶に新しい。映像コンテンツが地域に入り込むことで、まちの活性につながるケースもあり、力を入れる自治体も見られる。市内の取り組みを追った。



 街なかでロケ撮影を行う場合、道路の使用許可などが必要となる。それらの手続きを製作者側と企業等の間に立って行う「フィルムコミッション(FC)」。横浜でFCが発足したのは2000年10月。各自治体で設立の動きが活発化する中、国内4番目としてスタート。横浜市では文化観光局がFCを担っており、今年15周年を迎えた。横浜の売りの一つは製作会社が集中する東京からの近さだ。しかし、日帰りが可能なため、宿泊費等まとまった金銭は落ちない。だからこそ、目先の経済効果より「長期的なスパンでの街のブランド力向上」を目標とする。

ロケ経験を次へ生かす

 昨年のFCへの問い合わせは600〜800件。しかし「9割は横浜が舞台ではない話」と専任スタッフの森智子さんは明かす。「とりあえず横浜で」という場合、撮影場所のリクエストはみなとみらい地区に集中。偏り解消のため、観光地以外を提案することもある。FCでは今後、受け入れ可能な施設を増やして撮影の門戸を広げ、「ロケ地としての実績を積み、『横浜で撮りたい』という声が増えてくれたら」としている。

 「まれ」撮影後、市では交通局によるラッピングバスやロケ地マップ、限定スイーツ発売など、作品に絡め「ロケ地・横浜」をPR。「FCはツールに過ぎない。横浜での撮影をどう発展させられるかが大事」と森さんは話した。(つづく)

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

児童見守り12年

児童見守り12年 社会

宮田町・小川勘七さん

4月15日号

年間約900人が返納

運転免許証

年間約900人が返納 社会

「卒業証書」も配布中

4月15日号

8月22日投開票

横浜市長選挙

8月22日投開票 政治

五輪避けた日程に

4月15日号

花壇ボラ募集中

花壇ボラ募集中 社会

県立保土ケ谷公園

4月15日号

「命と医療守り、経済を再生」

「命と医療守り、経済を再生」 社会

林市長インタビュー

4月15日号

ペッパー活用の新教材制作

神奈川県

ペッパー活用の新教材制作 社会

小学生の思いやる心を醸成

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 2月16日16:30更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

2度目の公会堂大会

全日本プロレス

2度目の公会堂大会

28日、注目リーグ戦も

4月28日~4月28日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter