保土ケ谷区版 掲載号:2018年1月4日号
  • googleplus
  • LINE

横浜スタジアム 「より親しまれる球場へ」 増席起工式に関係者集い

社会

2020年2月完成で増席するスタジアム(模型)
2020年2月完成で増席するスタジアム(模型)
 今年開業40年を迎える横浜スタジアムでこのほど、同球場の増築・改修工事の起工式が行われ、横浜DeNAベイスターズの南場智子オーナーや岡村信悟社長のほか、工事や行政の関係者、市会・県議会の議員らが集まった。

 岡村社長は「横浜の歴史を引き継ぎ、普段から市民に親しまれるスタジアムにしたい」と力を込めた。

 同球場を本拠地とするベイスターズの試合では昨年、観客動員数が過去最多の約198万人、客席稼働率も96%と最高に。同球場の収容人員と老朽化が課題となっていた中、さらに2020年東京五輪の野球・ソフトボールの主会場に選ばれたことから増築・改修に踏み切ったという。

 工事は20年2月末の完成予定。収容人員は2万9000人から3万5000人に増え、新たに個室観覧席やバックネット側の屋上テラス席も設ける。また、エレベーターなどバリアフリー設備も充実させる。

起工式で鍬入れをする関係者ら
起工式で鍬入れをする関係者ら

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

糖尿病のいろは

保土ケ谷中央病院

糖尿病のいろは

4月23日、24日

4月23日~4月24日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク