保土ケ谷区版 掲載号:2018年5月17日号
  • googleplus
  • LINE

洪福寺松原商店街 「昼とは違う姿楽しんで」 19日にナイトバザール

社会

普段は夕方6時以降人通りがまばらになる商店街の通りには多くの人が行き交う
普段は夕方6時以降人通りがまばらになる商店街の通りには多くの人が行き交う

 「浜のアメ横」と呼ばれ、多くの買い物客で賑わう洪福寺松原商店街(伊藤彰芳理事長)で5月19日(土)、恒例となっている「ナイトバザール」が催される。普段は夕刻を迎えると人通りがまばらになり、昼間の賑わいとは違った姿を見せる通りでは、各店がこの夜限りのサービス品などを販売するほか、多彩なイベントも企画される。

 7年前、商店街の街路灯がLED化されたことをきっかけに「夜も昼間のような賑わいを」と、若手有志らが主導する形で始まった「ナイトバザール」は夜のイベントへの理解が得られない中でのスタートだったという。

 回を重ねるごとに来場者が増え、5回目を迎えるころには、参加店も増えはじめ、現在ではほぼ全ての加盟店が出店する、同商店街の一大イベントにまで成長。春と秋、年に2回のペースで催してきたバザールは今回が14回目の開催で、各店舗が昼間とは違った形でお買い得品を提供するほか、大道芸やバルーンアート、ミニコンサート、手品ステージなども予定され、家族連れで「夜の松原」を楽しむことができる。

ユニークな企画で飽きさせない工夫

 毎回、若手らしい柔軟な発想で来場者を楽しませ、飽きさせない工夫を凝らしているのが目玉企画。今回も内容は非公開だが「松原ならでは」のサプライズ企画が用意されているという。

 バザールは午後6時から8時30分まで。雨天時は翌日に順延となる。問合せは同商店街【電話】045・341・7920へ。
 

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

230万円超える寄付集まる

横浜国大

230万円超える寄付集まる

5月24日号

所属委員会決まる

横浜市会

所属委員会決まる

5月24日号

歴史パン、官民で開発

ナイトバザールが盛況

身近な虫・獣(けだもの)を展示

ペストコントロール協会

身近な虫・獣(けだもの)を展示

5月24日号

昭和感じる夜市

昭和感じる夜市

5月24日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

糖尿病のいろはをレクチャー

保土ケ谷中央病院

糖尿病のいろはをレクチャー

5月31日、6月1日

5月31日~6月1日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク