保土ケ谷区版 掲載号:2019年3月21日号
  • LINE
  • hatena

洪水ハザードマップを配布 帷子川水系浸水想定区域で

社会

帷子川
帷子川

 横浜市は迅速な避難を促すため帷子川水系で洪水が発生した際に浸水が想定される地域の全世帯と全事業所に「洪水ハザードマップ」を配布している。保土ケ谷区(約3800)と神奈川区(約3700)と西区(約4万8000)、中区(約100)、旭区(3万3400)の約8万9千世帯・事業所を対象に、一部ずつ配られる。

 これは2015年の水防法改正により浸水想定区域の一部が改訂されたことに合わせて作成されたもの。A1版両面刷りのマップと案内チラシを透明ビニール袋に封入したものが郵便ポストなどに投函される。また、区役所窓口での配布やHPでの公開もしている。

 洪水ハザードマップはこれまでもあったが、今回はこれまで記載されていた比較的発生頻度が高い「計画規模」(1時間に93mmの雨量)に加え、想定しうる最大規模である「想定最大規模」(24時間に390mmの雨量)の浸水想定区域も掲載した。その他、早期の立ち退き避難が必要とされる家屋倒壊等氾濫想定区域や、情報の入手方法や避難時の心得などについて学習できる情報なども掲載されている。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月4日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

新鮮野菜ズラリ

新鮮野菜ズラリ

21日に人気の朝市

4月21日~4月21日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク