保土ケ谷区版 掲載号:2019年5月23日号 エリアトップへ

(PR)

近年増加傾向にある「大腸がん」 医療レポート 「内視鏡検査で早期発見を」 取材協力/育生会横浜病院

掲載号:2019年5月23日号

  • LINE
  • hatena
大山倫男外科部長
大山倫男外科部長

 国立がん研究センターなどの研究班は4月、2002年から4年間でがんと診断された約7万人の生存率は56・3%だったと発表した。中でも近年増加傾向にある大腸がんの生存率は9割を超えていた。

 「大腸がんは自覚症状が少なく症状が出てきた時にはかなり進行している危険性があります。定期的な検診で早期発見することが重要です」。育生会横浜病院で外科部長を務める大山倫男医師はそう話す。

 同センターの統計では日本人のうち4人に1人が悪性腫瘍(がん)で亡くなっており、大腸がんで亡くなる人は全体の2位、特に40歳を過ぎると罹患率が上がると言われている。「がん家系という言葉を耳にしますが、がんの遺伝的要因は5%程度と言われています。ほとんどは生活スタイルに要因があると考えられています」と大山医師。食生活の欧米化や飲酒、喫煙、運動不足などが要因と考えられるという。

40歳を過ぎたら内視鏡検査を

 初期症状の少ない大腸がん。定期的に検査を受け早期に発見することが大切だ。大山医師は「最も重要なのは健康診断、特に大腸がん検診で陽性となった方や血便や下痢と便秘を繰り返している方などは受診をお勧めします」と話す。

日帰り入院で安心

 内視鏡検査では前日から大量の下剤を飲む必要があり、多くの人が不安を抱えながら来院するが、育生会横浜病院では1日入院という形を推奨。検査当日、来院してから下剤を飲み、トイレも近い病室で待機できるので安心だ。

 カメラのついたスコープを肛門から入れ腸内を目視で確認する内視鏡検査は「痛い」「苦しい」というイメージがあるが、鎮静麻酔を施した上で検査をするので、眠ったような状態で30分ほどで終了するという。同院の碓井貞彦理事長は「私も定期的に内視鏡検査を受けています。大腸がんは早期発見、早期治療で治癒できる時代です。ぜひ定期的に検診をお受けください」と話している。

育生会横浜病院

横浜市保土ケ谷区狩場町200-7

TEL:0457129921

http://ikuseikai-yokohama.com/

6/12家族葬一般葬の相談会

西谷ほうさい殿で費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6

新設園庭を地域にも開放

初音丘学園ピッコリーノ

新設園庭を地域にも開放

自由に走り回り、遊びを創造できるスペースに

10月17日号

幅広い診療体制整える

複数の専門医が所属し最適な治療を提供 横浜けいあい眼科

幅広い診療体制整える

地域向けに勉強会も定期的に開催

10月17日号

屋根や雨どい等の修理が無料の場合も

《最近、台風被害に遭われた方必見!》

屋根や雨どい等の修理が無料の場合も

あなたの家の破損、「火災保険」で直せるかも!

10月17日号

「住まいの相談はウスイホームに」

戸塚モディ地下1階

「住まいの相談はウスイホームに」

不動産の無料査定実施中、秘密厳守

10月17日号

秋バラ見頃に

秋バラ見頃に

横浜イングリッシュガーデン

10月17日号

「ケンハモ」でリフレッシュ

健康

「ケンハモ」でリフレッシュ

10月24日に無料の体験会

10月17日号

不動産の悩みがある

相談会

不動産の悩みがある

専門家が無料対応

10月17日号

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

まちかど博物館巡り

スタンプラリー企画

まちかど博物館巡り

あす11日から

10月11日~11月10日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク