保土ケ谷区版 掲載号:2019年5月23日号 エリアトップへ

(PR)

近年増加傾向にある「大腸がん」 医療レポート 「内視鏡検査で早期発見を」 取材協力/育生会横浜病院

掲載号:2019年5月23日号

  • LINE
  • hatena
大山倫男外科部長
大山倫男外科部長

 国立がん研究センターなどの研究班は4月、2002年から4年間でがんと診断された約7万人の生存率は56・3%だったと発表した。中でも近年増加傾向にある大腸がんの生存率は9割を超えていた。

 「大腸がんは自覚症状が少なく症状が出てきた時にはかなり進行している危険性があります。定期的な検診で早期発見することが重要です」。育生会横浜病院で外科部長を務める大山倫男医師はそう話す。

 同センターの統計では日本人のうち4人に1人が悪性腫瘍(がん)で亡くなっており、大腸がんで亡くなる人は全体の2位、特に40歳を過ぎると罹患率が上がると言われている。「がん家系という言葉を耳にしますが、がんの遺伝的要因は5%程度と言われています。ほとんどは生活スタイルに要因があると考えられています」と大山医師。食生活の欧米化や飲酒、喫煙、運動不足などが要因と考えられるという。

40歳を過ぎたら内視鏡検査を

 初期症状の少ない大腸がん。定期的に検査を受け早期に発見することが大切だ。大山医師は「最も重要なのは健康診断、特に大腸がん検診で陽性となった方や血便や下痢と便秘を繰り返している方などは受診をお勧めします」と話す。

日帰り入院で安心

 内視鏡検査では前日から大量の下剤を飲む必要があり、多くの人が不安を抱えながら来院するが、育生会横浜病院では1日入院という形を推奨。検査当日、来院してから下剤を飲み、トイレも近い病室で待機できるので安心だ。

 カメラのついたスコープを肛門から入れ腸内を目視で確認する内視鏡検査は「痛い」「苦しい」というイメージがあるが、鎮静麻酔を施した上で検査をするので、眠ったような状態で30分ほどで終了するという。同院の碓井貞彦理事長は「私も定期的に内視鏡検査を受けています。大腸がんは早期発見、早期治療で治癒できる時代です。ぜひ定期的に検診をお受けください」と話している。

育生会横浜病院

横浜市保土ケ谷区狩場町200-7

TEL:0457129921

http://ikuseikai-yokohama.com/

<PR>

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6

不動産や相続に関する無料の税務相談会

提携税理士による

不動産や相続に関する無料の税務相談会

三井住友トラスト不動産 横浜第一センターで

5月7日号

健康食品の買取強化

査定・宅配・出張無料の買取店わかば

健康食品の買取強化

「途中でやめてしまった」サプリなど

5月7日号

駅徒歩3分の好立地

東戸塚西口

駅徒歩3分の好立地

ケアハウスゆうあい

5月7日号

学ぶ仲間とともに『生きる力』も成長

軽度知的・発達障がい者を支援

学ぶ仲間とともに『生きる力』も成長

横浜健育高等学院で学院説明会4月28日〜開始

4月29日号

コロナ禍、支援活動を実施

国際ロータリー第2590地区

コロナ禍、支援活動を実施

医師会、こども食堂に寄付

4月29日号

弁護士による無料個別相談会

弁護士による無料個別相談会

5月15日 相続など不動産の問題を解決

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter