神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
保土ケ谷区版 公開:2023年11月23日 エリアトップへ

天王町橘樹神社 26日に奉納歌舞伎 児童12人、2回公演

文化

公開:2023年11月23日

  • X
  • LINE
  • hatena
昨年の公演のようす
昨年の公演のようす

 天王町の橘樹神社内にある神楽殿で11月26日(日)、奉納歌舞伎の公演が行われる。午後0時30分からと3時30分からの2回公演で観覧無料。

 子どもたちに日本の伝統芸能を継承していくことを目的に、文化庁の地域文化財総合活用推進事業の一環として行われる取り組み。夏場から専門家から指導を受けながら稽古を重ねてきた12人の児童が、娘に変装して浜松屋にやって来た弁天小僧が発する「知らざあ言って聞かせやしょう」の台詞も登場する場としても有名な「弁天娘女男白波『浜松屋見世先の場』」を披露する。

 「保土ケ谷こども歌舞伎」は2013年から地元商店街が主催する取り組みとしてスタート。毎年、秋に子どもたちが神楽殿に立ち歌舞伎を奉納している。例年、境内には立ち見が出るほどの観衆が集まり、艶やかな着物をまとった子どもたちが可愛らしくも、本格的な見得を切る度に、観衆から掛け声がかかり、飴玉が入った「おひねり」が飛び交う。

 子どもたちの晴れ舞台を前に、主催するYCVテレミン商店街の安田峰雄代表理事は「子どもたちの晴れ舞台を、多くの方々にご覧いただき、『おひねり』を飛ばしていただきたい」と話している。

 当日は同商店街内や同神社前を中心にフリーマーケットも開催される。問い合わせは同商店街【電話】045・335・6659((月)・(水)・(金)午前10時〜午後2時)へ。

保土ケ谷ほっとなまちづくり

こどもたちが自分たちのまちほどがやについて話し合いました

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

活動事例など共有

活動事例など共有

公園愛護会が催し

2月22日

75人が「よいしょ」

帷子番所

75人が「よいしょ」

「子どもたちに思い出を」

2月22日

車使って救助訓練

保土ケ谷消防団

車使って救助訓練

交通事故想定し学ぶ

2月22日

自転車ヘルメット着用を

自転車ヘルメット着用を

市、イオン天王町で啓発

2月22日

遊び感覚でごみ拾いを

遊び感覚でごみ拾いを

親子でにぎわう

2月22日

被災地支援へ募金受付

能登半島地震

被災地支援へ募金受付

2月22日

そのお悩み、相談してみませんか?

相続や不動産、終活の悩みに専門家が対応。松原商店街「まつばらんど」

https://www.tailwind-yokohama.jp/ma2baland/matsubaland/free-consullting/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

上菅田で交流企画

上菅田で交流企画

24日、入場無料

2月24日~2月24日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook