神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
保土ケ谷区版 公開:2024年5月2日 エリアトップへ

西谷中同窓会 「後輩のために」20年 今年も支援金を寄付

教育

公開:2024年5月2日

  • X
  • LINE
  • hatena
学ランをまとった同窓会の三村会長ら役員から仁平校長(左)に支援金が贈られた
学ランをまとった同窓会の三村会長ら役員から仁平校長(左)に支援金が贈られた

 市立西谷中学校の同窓会(三村利明会長)が20年ほど前から後輩たちのために支援金を集めて学校に贈る取り組みで、4月23日、役員3人が学校を訪れ、仁平浩史校長に昨年度、集まった寄付金を届けた。同窓会が継続的にこうした寄付を行うケースは珍しく、三村会長は「細く長く続けていくことが我々のテーマ。今年も在校生にとって役立つ形で使っていただければ」と話した。

 同校は1959年(昭和34年)に保土ケ谷中学校西谷分校として設置され、3年後の62年(同37年)に西谷中学校として独立・開校した。三村会長は「帷子川沿いから学校へ延びる坂道は当時、赤土だった。雨が降れば教員と生徒に地元住民も加わり『道普請』となり、整備に汗を流した。自分、子ども、孫と、3世代に渡り西谷中生という家庭も多い地域性もあり『母校に対する思い』は強い」と語る。

 卒業生は各期で同窓会が組織され、旧友との再会を毎年楽しんでいるという。この同窓会の場で「在校生のために」と支援金を募るのが長年の習わしだ。各期の同窓会会場で集められた在校生への思いをまとめ、年に一度、春先に支援金を届けている。

コロナ禍でも途切らせず

 20年ほど前、当時の校長から「部活動の遠征費がない。力を貸してもらえないか」と相談を受けた。この時から各期の同窓会会場で支援を呼び掛ける伝統がスタート。行動が制限されたコロナ禍では同窓会を開催することができなかったが、会の運営資金を切り崩しながら、支援金を届ける活動を続けてきたという。

学ラン姿で「役立てて」

 この日、数十年前、この学び舎に通った当時と同じ学ラン姿で支援金を仁平校長に手渡した三村会長らは「『口は出さず金は出す』。これが、我々のポリシー。生徒にとって役に立つ形で使ってもらえれば」と話した。一方、歴代卒業生たちの後輩たちへの思いを受け取った仁平校長は「子どもたちが喜ぶ形で使わせていただけば。しっかり検討させていただきたい」とした。

永続的な活動鍵は世代拡大

 1期生の三村会長は今年77歳になる年。同窓会を定期的に開いているのは15期くらいまでの卒業生だという。支援金の呼び掛けは、この世代の同窓会の場で行われていることになる。在校生を支える活動を永続的にしていきたいと思案する同窓会役員は「活動世代の幅を広げたい」と話す。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

社屋ビル屋上に養蜂場

和田昭和建設(株)

社屋ビル屋上に養蜂場

今季初の採蜜で9kg

5月23日

高齢者に増加傾向

市内の消費生活相談

高齢者に増加傾向

4コマ漫画等で注意喚起

5月23日

茶栽培の歴史 後世へ

新井町

茶栽培の歴史 後世へ

地元の児童が新茶摘み

5月16日

川島町の林縁に大輪

準絶滅危惧種「カザグルマ」

川島町の林縁に大輪

市内唯一の自生地

5月16日

家庭との連絡法を統一

横浜市立学校

家庭との連絡法を統一

アプリ活用で新システム

5月9日

はしご酒でほろ酔い

天王町商店街

はしご酒でほろ酔い

今週末 「ちょい呑みフェス」

5月9日

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 4月11日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook