神奈川区版 掲載号:2014年4月24日号 エリアトップへ

コットンハーバー 「親子の広場」オープン 区内3カ所目

掲載号:2014年4月24日号

  • LINE
  • hatena
近隣の親子で賑わうほしのひろば
近隣の親子で賑わうほしのひろば

 星野町や橋本町にあたるコットンハーバー地区に4月14日、親と子のつどいの広場「ほしのひろば」がオープンした。

 親と子のつどいの広場は、マンションの一室や商店街の空き店舗などを活用し、主に0〜3歳の未就学児と保護者を対象に、子どもを遊ばせながら子育てに関する情報交換や交流ができる場所。市内に約50カ所あり、市の補助を受けながら、NPO法人などが運営している。

 同所のオープンは、おやこのたまり場ママといっしょ!(神大寺)、つどいの広場しゅーくるーむ(菅田町)に続く区内3カ所目。運営は、しゅーくるーむや地域子育て支援拠点「かなーちえ」を運営し、区内44カ所ですくすくかめっ子事業に取り組んでいるNPO法人親がめが行っている。

母子の孤立化地域で解決へ

 施設長の北原基子さんをはじめ、スタッフの多くはコットンハーバーの住民たち。同エリア周辺は貨物線路と国道15号線、歩行者や自転車が通行できない大橋に囲まれているため、「親子で出かけられる場所がないので地域の人と関わる機会がなく、母子の孤立化が起こっている」と北原さんは話す。子どもの泣き声や足音で入居者に警察へ通報されるということも起こる状況の中、北原さんがママ友に呼びかけ一念発起。今年2月、市の認定を受け、広場設置を実現させた。

 場所はマンション「ヒストリア海舟」の2階にあり、平日午前10時から午後4時まで開所している。利用料は一日300円。おもちゃやベッド、おむつ交換台などが備えられ、コットンハーバーの住民による英語や中国語、音楽などの無料プログラムが行われている。訪れたママたちからは「自宅から近いので助かる」「英語のプログラムに参加してみたい」と、居場所ができたことを喜ぶ声が聞かれた。

 北原さんは「ここを拠点に、多世代へ理解と支援の参加を呼びかけたい」と意欲を見せている。

神奈川区版のローカルニュース最新6

『カラー版 江戸の家計簿』

【Web限定記事】図書館司書のおすすめBOOK【5】

『カラー版 江戸の家計簿』 文化

協力/横浜市 神奈川図書館

3月4日号

神奈川区内事故発生状況(2月後半)

非接触型マルシェ

非接触型マルシェ 社会

6日 ベイクォーター

3月4日号

神大出身 鈴木選手が日本新

びわ湖毎日マラソン

神大出身 鈴木選手が日本新 スポーツ

3月4日号

道の名付け親になろう

道の名付け親になろう 社会

六角橋で投票、10日から

3月4日号

防火防災の理解深めて

防火防災の理解深めて 社会

神奈川図書館 8日まで展示

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:27更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク