神奈川区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 「交流拠点」 空き家に活路

    「交流拠点」 空き家に活路 社会

    子安台で有志ら活動

     社会課題化する空き家の解消に向け、地域の交流拠点として活用する取り組みが子安台で動き始めている。不動産業者や地域住民らが協働し、築50年の木造家屋を交流スペー...(続きを読む)

    10月22日号

  • 外国人の相談窓口開設

    横浜市居住支援協議会

    外国人の相談窓口開設 社会

    国の人手不足対策と連動

     横浜市と不動産関係団体などで構成される「横浜市居住支援協議会」が10月1日、外国人世帯に対する住まいの無料相談窓口を初めて開設した。外国人人口が増加...(続きを読む)

    10月22日号

  • 迅速対応で不審火消す

    迅速対応で不審火消す 社会

    菅田町の企業に消防表彰

     菅田町で8月にあった放火とみられる不審火にいち早く気付き、初期消火と消防への通報を行ったとして、地元の自動車板金塗装業フェローワークスに勤務する井田勉さんと原...(続きを読む)

    10月15日号

  • 街路灯維持 揺らぐ商店街

    街路灯維持 揺らぐ商店街 経済

    補助金活用も改修費重荷

     商店街を照らす街路灯の維持管理費が、加盟店の減少が続く商店街運営に影を落としている。老朽化で改修を迫られた街路灯も多い中、撤去によって電気代や修繕コストの削減...(続きを読む)

    10月15日号

  • 食の多様性「ビーガン」商機

    風と光

    食の多様性「ビーガン」商機 社会

    カップ麺など商品充実

     肉や魚介類、卵などの動物性食品を一切口にしない「ビーガン」と呼ばれる食の志向が知られるようになり、対応した製品を販売するスーパーや専門の飲食店も増えてきた。有...(続きを読む)

    10月8日号

  • 「運転席無人」バスは国内初

    市・企業など実証実験

    「運転席無人」バスは国内初 社会

    将来の労働力不足に対策

     横浜市と相鉄バス(株)(本社・西区)・群馬大学(群馬県前橋市)などは現在、営業運行する大型路線バスで「運転席無人」と「遠隔監視・操作システム」を含む自動運転の...(続きを読む)

    10月8日号

  • 横浜大空襲の記憶たどる

    横浜大空襲の記憶たどる 社会

    平和のための戦争展

     1945年5月29日の横浜大空襲から75年を迎えた今年、新型コロナウイルス感染症の影響で開催が延期されていた「平和のための戦争展inよこはま」が、10月10日...(続きを読む)

    10月1日号

  • 修学旅行、対応に苦慮

    市立小中学校

    修学旅行、対応に苦慮 教育

    県内日帰りに変更も

     新型コロナウイルス感染症の影響で、横浜市立小中学校では修学旅行への対応が分かれている。市教育委員会によると、9月17日までに実施したのは小・中・小中一貫の義務...(続きを読む)

    10月1日号

  • 横浜保育室「曲がり角」

    横浜保育室「曲がり角」 社会

    定員、最大時の2割に減少

     1996年に市独自の制度として始まった「横浜保育室」。最大時は年間約5千人の子どもの預け先として機能していたが、制度変更などで定員は最大時の2割まで減っており...(続きを読む)

    9月24日号

  • 87歳 空き箱でアート

    87歳 空き箱でアート 文化

    環境保護の思い伝える

     87歳の美術家・首藤教之さんの個展が、六角橋商店街内「あけ/たて」で27日まで開かれている。空き箱やダンボールを素材にした100点近い作品を展示。「...(続きを読む)

    9月24日号

  • 協進印刷が企業大賞

    横浜環境活動賞

    協進印刷が企業大賞 社会

    区内から3企業・団体受賞

     地域での環境保全・再生活動を積極的に行う市内企業や団体などを表彰する「横浜環境活動賞」企業の部大賞に、大口仲町の印刷会社・協進印刷(江森克治代表)が選ばれた。...(続きを読む)

    9月17日号

  • 障害者理解の意識養う

    神奈川小児童

    障害者理解の意識養う 教育

    パラアスリート田中選手招き

     2021年東京パラリンピックに開催国枠として初出場する5人制サッカー(ブラインドサッカー)競技で、日本代表入りが有力視されている田中章仁選手と児童の交流プロジ...(続きを読む)

    9月17日号

  • 町内会のICT支援へ

    横浜市

    町内会のICT支援へ コミュニティ社会

    コロナ対策で予算計上

     コロナ禍で自治会や町内会の活動が自粛、縮小される中、感染対策と住民活動を両立させるため、オンライン会議やSNSなどのICT(情報通信技術)を活用した...(続きを読む)

    9月10日号

  • 大神(おおかみ)商店会、発足

    大神(おおかみ)商店会、発足 社会

    大口・神之木エリアが中心

     区内に新たなまち組織「大神商店会」(小野寺知恵会長)が8月27日に誕生した。大口・神之木・入江・子安・松見・西寺尾の広範囲を対象エリアとし、”新しい時代のまち...(続きを読む)

    9月10日号

  • 市内観光、復興遠く

    市内観光、復興遠く 経済

    ホテル稼働4割の低水準

     新型コロナウイルスの影響で、横浜市内の観光産業の低迷が続いている。市内ホテルの平均稼働率は7月も4割前後と見込まれ、集客のための大型催事は延期・中止が460件...(続きを読む)

    9月3日号

  • 事前予約制で混雑緩和

    ズーラシア

    事前予約制で混雑緩和 社会

    入園制限に続きコロナ対策

     よこはま動物園ズーラシア=旭区=は、9月7日の利用分から事前予約制を導入する。新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて1日の入園者数を5千人程度に制...(続きを読む)

    9月3日号

  • 復活求め住民署名

    総合庁舎前バス停

    復活求め住民署名 社会

    市民病院利用者など「不便」

     かつて国道1号線の広台太田交差点付近に設置されていた横浜市営バスのバス停について、周辺住民が「復活」を求める署名運動を行っている。2007年まで運行していた路...(続きを読む)

    9月3日号

  • コロナ禍で申込み7倍超

    生活困窮者自立支援制度

    コロナ禍で申込み7倍超 社会

    家賃給付要件緩和も一因

     新型コロナウイルスの影響による収入減や失業で生活に困窮する人が増加する中、横浜市内では自立支援や家賃給付を行う「生活困窮者自立支援制度」の申込みが昨年同期比で...(続きを読む)

    8月27日号

  • 市補助金、3日で上限に

    「新しい生活様式」対応支援

    市補助金、3日で上限に 社会

    申込簡略化で異例の速さ

     横浜市が6月補正予算で計上した、中小企業の「新しい生活様式」対応支援事業補助金。今月3日から申請の事前エントリーが開始され、5日には予算上限に達した...(続きを読む)

    8月20日号

  • 「地域元気に」絵でエール

    「地域元気に」絵でエール 教育

    西寺尾小児童、大口駅に掲出

     JR大口駅構内に、夏の思い出を切り取ったような絵の数々が並んでいる。描いたのは、西寺尾小学校5年2組の児童たち。「アートで大口を元気にしよう」を合言葉に、コロ...(続きを読む)

    8月20日号

  • 「もう一度店を」思い実った

    「もう一度店を」思い実った 社会

    閉店の飲食店、同業が支援

     新型コロナウイルス感染症の打撃を受けて閉店を余儀なくされた台町の飲食店が、近隣で同業を営む店舗オーナーの後押しで「復活」した。外食業界は先の見通せない状況が続...(続きを読む)

    8月13日号

  • ひとり親の食を支援

    横浜市

    ひとり親の食を支援 社会

    コロナ禍受け提供会

     新型コロナウイルス感染症の影響で生活が困難なひとり親家庭を支援しようと、横浜市はフードバンク団体と連携して食品を提供する取り組みを8月から始めた。来年3月まで...(続きを読む)

    8月13日号

  • 住宅火災の割合増加

    横浜市

    住宅火災の割合増加 社会

    上半期に157件発生

     今年1月から6月までの建物火災に占める住宅火災の割合が、過去10年で最高となったことが市消防局の速報で分かった。火災による死者数は8人で、全員が住宅火災による...(続きを読む)

    8月6日号

  • 「学びの保障」に対策

    市教委

    「学びの保障」に対策 教育

    臨時補助職員を増員

     横浜市立学校は緊急事態宣言解除後の6月1日から授業を再開したが、現場では密を避けるための授業体制や感染対策の業務が増加。結果、教員の負担が大きくなり、子どもの...(続きを読む)

    8月6日号

  • けが予防へ3者スクラム

    神奈川消防署

    けが予防へ3者スクラム 社会

    浴場・薬局に冊子配架

     神奈川消防署は、救急車の適正利用に向けてけがの予防対策をまとめた冊子の配架を始めた。転倒などの事故は入浴時に発生することが多いため、区内6軒の浴場が加盟する浴...(続きを読む)

    7月30日号

  • 9割は「ネット広告」

    通販トラブル

    9割は「ネット広告」 社会

    前年度から相談倍増

     「お試し」などのうたい文句につられて商品を通信販売で購入したところ、実際には定期購入だったというトラブルが急増している。横浜市消費生活総合センターによると、昨...(続きを読む)

    7月30日号

  • オンライン一転 アリーナで

    横浜市成人式

    オンライン一転 アリーナで 社会

    市、開催望む声受け撤回

     横浜市の林文子市長は15日の定例記者会見で、2021年の成人式をオンラインで開催するとしていた方針を撤回し、従来通り横浜アリーナ=港北区=などの会場を使って実...(続きを読む)

    7月23日号

  • IR実施方針、8月公表か

    横浜市

    IR実施方針、8月公表か 社会

    スケジュール待ったなし

     横浜市が進めるカジノを含むIR(統合型リゾート)事業の具体計画を示す「実施方針」について、市は第2回市会定例会での説明を見送ったものの、8月に公表する姿勢を堅...(続きを読む)

    7月23日号

  • 児童生徒に1人1台端末

    GIGAスクール構想

    児童生徒に1人1台端末 教育

    市、今年度中整備へ

     横浜市はこのほど、令和2年度中に児童生徒に1人1台端末を貸与するなどの「横浜市におけるGIGAスクール構想の方向性」を策定した。市教委の担当者は「端末の活用方...(続きを読む)

    7月16日号

  • 幸ケ谷小など環境大臣賞

    幸ケ谷小など環境大臣賞 社会

    保全・美化活動に尽力

     地域で環境保全や美化活動に取り組み、顕著な功績を残した団体・個人を毎年6月の環境月間に合わせて表彰する環境大臣表彰で、区内から幸ケ谷小学校(地域環境保全功労者...(続きを読む)

    7月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク