神奈川区版

トップニュースの記事一覧

  • 加入者数 目標の4割

    ハマの自転車保険

    加入者数 目標の4割 社会

    周知不足で浸透進まず

     (一財)横浜市交通安全協会が、市民向けに提供する「ハマの自転車保険」の加入者数が、募集開始から約2年で4千人ほどと伸び悩んでいる。同協会は「周知不足」とするが...(続きを読む)

  • 新浦島橋が開通

    新浦島橋が開通 社会

    幅員広げ、歩車道空間を確保

     架け替え工事に伴い2013年9月から通行止めとなっていた「新浦島橋」=浦島町〜新浦島町1丁目=の開通記念式典が1月12日、同所で開催され、新しい橋の完成を関係...(続きを読む)

  • 1万4千戸「再生」へ

    市営住宅

    1万4千戸「再生」へ 社会

    老朽化受け、市が素案公表

     市営住宅が2030年から50年にかけて一斉に耐用年限を迎える問題で、横浜市が再生に関する基本的な考え方(素案)を12月までにまとめた。約1万4千戸を20年度以...(続きを読む)

  • 地域の課題解決、協働で

    地域の課題解決、協働で 社会

    二宮区長、今年の展望を語る

     本紙は年頭にあたり、神奈川区の取り組みと今年の展望について、二宮智美区長にインタビューを行った。二宮区長は神奈川区制90周年記念事業などを振り返るとともに、超...(続きを読む)

  • いのち輝く社会  実現を

    黒岩知事インタビュー

    いのち輝く社会 実現を 政治

    神奈川モデルを世界に

     年頭にあたり、黒岩祐治神奈川県知事にインタビューを行った。知事は「いのち輝く」をキーワードに施策を展開し、人生100歳時代に向け「未病(ME-BYO...(続きを読む)

  • 菅田小が「小規模校」に

    菅田小が「小規模校」に 教育

    池上小と検討部会発足へ

     横浜市教育委員会は12月19日・20日、菅田小学校と池上小学校における学校規模の現状と今後の対応について、それぞれの保護者を対象に説明会を開いた。菅田小学校の...(続きを読む)

  • 国際競争力強化を加速

    国際競争力強化を加速 政治

    林市長、新年の抱負語る

     新年の幕開けにあたり、本紙では林文子市長に恒例の新春インタビューを行った。昨年の市長選挙で3期目の当選を果たした林市長。国際的なビッグイベントの開催も控え、市...(続きを読む)

  • 新駅名は「羽沢横浜国大(はざわよこはまこくだい)」

    相鉄・JR直通線

    新駅名は「羽沢横浜国大(はざわよこはまこくだい)」 社会

    2019年度後半に開業予定

     相鉄鉄道はこのほど、建設を進めている新線「相鉄・JR直通線」で羽沢南二丁目に設置する新駅について、名称を「羽沢横浜国大」にすると発表した。駅名は今後、神奈川県...(続きを読む)

  • 救急出場、6万件増に

    消防局2030年予測

    救急出場、6万件増に 社会

    市大との共同研究で判明

     横浜市消防局は先ごろ、横浜市の2030年救急出場件数が15年比で約6万件増(1・36倍)の年間24万件超にのぼるという予測を発表した。増加し続ける出場に対し同...(続きを読む)

  • 神大生が「共働き子育て体験」

    インターンプログラム

    神大生が「共働き子育て体験」 社会

    民間企業との共同企画

     神奈川大学(男女共同参画推進室・就職課)とスリール株式会社(堀江敦子代表)はこのほど、これから就職を控える学生に向けて、共働きの家庭で子育てを経験する「ワーク...(続きを読む)

  • 文部科学大臣から表彰

    幸ケ谷共育俱楽部

    文部科学大臣から表彰 教育

    「地域学校協働活動」推進で

     横浜市立幸ケ谷小学校(須貝広幸校長)を拠点に活動する幸ケ谷共育俱楽部(佐伯美華代表)が12月7日、文部科学大臣表彰を受けた。校外活動時の授業サポート...(続きを読む)

  • 「野菜の移動販売」スタート

    菅田ハイツ自治会

    「野菜の移動販売」スタート 社会

    高台住人の「声」受け

     菅田ハイツ集会所前で12月8日、けやき農園=菅田町=で栽培された新鮮野菜の販売会が行われた。これは、菅田ハイツ自治会が高台に位置する地域住人たちの声を契機に実...(続きを読む)

  • 民泊新法受け条例案

    横浜市

    民泊新法受け条例案 経済

    住環境に配慮 営業を制限

     一般住宅などで宿泊サービスを提供する「民泊」のルール整備を目的とした「住宅宿泊事業法(民泊新法)」が2018年6月から施行されることに合わせ、横浜市...(続きを読む)

  • 「振り込め詐欺」手口巧妙に

    「振り込め詐欺」手口巧妙に 社会

    区内で「劇場型」が急増中

     神奈川警察署(廣瀬豊署長)管内で発生している「振り込め詐欺」の手口が巧妙化している。11月に入ってから、これまで主流だった「オレオレ詐欺型」だけではなく、複数...(続きを読む)

  • 事務負担 軽減化進む

    市教職員

    事務負担 軽減化進む 社会

    補助職員配置等が奏功

     子どもと向き合う時間の確保を目的に、横浜市では教職員の負担軽減に向けた各種取り組みを進めている。業務改善の環境整備や専門スタッフの配置で一定の成果をあげる一方...(続きを読む)

  • 文部科学大臣から優良表彰

    大口台小PTA

    文部科学大臣から優良表彰 教育

    「地域見守り活動」に光

     横浜市立大口台小学校(田川斉史校長)のPTA(飯野博勝会長)がこのほど、平成29年度優良PTA文部科学大臣表彰を受けた。組織内の運営効率化や「見守り活動」の推...(続きを読む)

  • 「地域共生」で対応

    超高齢社会

    「地域共生」で対応 政治

    2025年見据え、市が計画案

     横浜市は、団塊の世代が75歳を迎える2025年を見据え介護や医療、生活支援などの多岐にわたる施策を盛り込んだ「第7期 地域包括ケア計画」素案を発表した。「地域...(続きを読む)

  • 重量挙げ世界一に

    新子安在住久保田さん

    重量挙げ世界一に スポーツ

    男子40〜44歳の部・77kg級で

     新子安在住の久保田秀敏さん(42)が、10月27日〜30日にかけて豪州ゴールドコーストで開催された、ウエイトリフティング競技の国際大会「ワールドカップマスター...(続きを読む)

  • 支給時期早める

    入学準備費

    支給時期早める 教育

    「事前援助」に制度改正へ

     子どもを小・中学校へ通学させるのに経済的な理由で困っている人に対し各種費用を援助する「就学援助制度」。横浜市はこのうち、入学準備費について小・中学校ともに入学...(続きを読む)

  • 子ども食堂、学生の手で

    子ども食堂、学生の手で 社会

    2専門学校がコラボ

     子どもの貧困対策として安い価格や無料で食事を提供する「子ども食堂」に注目が集まる中、区内の2つの専門学校が10月から、「スイーツ」や「保育」という、それぞれの...(続きを読む)

  • 女性・学生取り込みに活路

    市消防団員

    女性・学生取り込みに活路 社会

    全国一の増加数に

     全国的に消防団員の成り手不足が叫ばれている中、横浜市消防団では2016年度、全国一となる291人の増加があった。女性や学生団員の増加は顕著だが、依然として定員...(続きを読む)

  • 大口で「まちゼミ」

    大口で「まちゼミ」 社会

    3月開催へ向け準備中

     商店主らが講師となり、プロならではの知識や技術を提供する「まちゼミ」。全国約300の地域で取り組まれているこの企画が、大口商店街エリアに初上陸する。商店主らは...(続きを読む)

  • 入居困難者に空き家紹介

    高齢者や障害者など

    入居困難者に空き家紹介 社会

    新法受け市内登録始まる

     賃貸住宅への入居を断られやすい高齢者や低所得者などに空き家を紹介する新制度の開始を受け、横浜市でも10月25日から空き家の登録受付が始まった。市では今後、将来...(続きを読む)

  • 高齢者支援、地域一丸で

    菅田地区

    高齢者支援、地域一丸で 社会

    施設との連携スタート

     菅田地区社会福祉協議会のボランティア派遣事業にこのほど、特別養護老人ホームの職員2人が初参加した。同地区の高齢化率は2017年3月現在で29・2%。高齢者福祉...(続きを読む)

  • 小此木氏 圧勝で8選

    衆院選神奈川3区

    小此木氏 圧勝で8選 政治

    本人不在も盤石の戦い

     第48回衆議院総選挙の投開票が10月22日に行われ、県内最多の5人が立候補した神奈川3区(鶴見区・神奈川区)は、10万1157票を獲得した小此木八郎氏(自民・...(続きを読む)

  • 残業時間、5年振り減少

    横浜市

    残業時間、5年振り減少 社会

    9月に新システムも導入

     2012年度から続いた職員の超過勤務時間増加に歯止めをかけようと市は昨年9月、残業上限時間に新基準を導入。16年度は5年振りに減少に転じ取組みに一定の成果が表...(続きを読む)

  • いじめ防止で新方針

    横浜市

    いじめ防止で新方針 教育

    「受けた側に立脚」明確化

     横浜市は10月6日、「横浜市いじめ防止基本方針」を改定した。東京電力福島第1原発事故で横浜市に自主避難した男子生徒へのいじめ問題を受け、いじめの定義に「受けた...(続きを読む)

  • 井戸寄贈100本へ

    神奈川東ロータリークラブ

    井戸寄贈100本へ 社会

    募金もとにスリランカで

     神奈川東ロータリークラブが奉仕活動として取り組んでいる、スリランカへの井戸寄贈本数が99本となり、今年度中に節目となる100本に到達することが分かった。この活...(続きを読む)

  • 利用率わずか3%

    感震ブレーカー設置助成

    利用率わずか3% 社会

    市、要件緩和で打開図る

     大規模地震の発災時に懸念されている木造住宅密集地帯での火災対策として横浜市が設置促進を図る「感震ブレーカー」の普及が進んでいない。これを受け市は10月から助成...(続きを読む)

  • 「第二の故郷に恩返しを」

    芥川賞作家新井満さん

    「第二の故郷に恩返しを」 文化

    かなっくホールで代表作披露

     数年前に神奈川区中丸から北海道七飯町へ移住した芥川賞作家で作詞・作曲家の新井満さん(71)が10月4日、かなっくホールで行われた歌声サークルの催しに特別ゲスト...(続きを読む)

トレッサ横浜

大切な人に思いを伝えよう。ハートDays開催!

http://www.tressa-yokohama.jp/

<PR>

最近よく読まれている記事

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「焼物を通じて何を現わせるか」

フェイアートギャラリー

「焼物を通じて何を現わせるか」

1月26日まで高垣篤 陶展

1月15日~1月26日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク