宮前区版 掲載号:2018年3月16日号 エリアトップへ

宮崎台のさくら祭りプロレスの仕掛け人でフリーのプロレスラー 浪口 修さん 宮崎在住 37歳

掲載号:2018年3月16日号

  • LINE
  • hatena

好きなプロレスで地域活性をしたい

 ○…宮崎台ふる里さくら祭りで、今年で3回目となるさくら祭りプロレスを企画運営するフリーのプロレスラー。「数年前に雨で少し寂しい祭りの時があり、うちの奥さんと『プロレスをやったら盛り上がるのでは』」と考え実行委員会に申し出て実現した。資金がなくレスラー仲間にお願いし、ボランティア同然の状態で運営している状況といい、苦労もうかがえる。「それでも喜んでもらえることが嬉しい。地域活性の一翼を担えれば」と笑顔だ。

 ○…出身は福岡県。高2のときにケガで入院した際、たまたま観たテレビのプロレス中継ですっかり魅了された。「もともとヒーロー好きで、強くなりたいという思いは持っていた」と、高校卒業後すぐさま上京し、総合格闘技団体の門を叩く。しかし練習の厳しさに一週間で断念。実家に戻り父の営む土建会社に就職した。ところがその父が癌に倒れ発覚からわずか半年で他界。身近な人の死に触れ、「このまま普通の人生で終わりたくない」と一念発起。20歳でプロレスに再挑戦し、橋本真也、小川直也らがいた「ZERO1」に入門。1年3カ月の下積みを経て念願のデビュー。その時の周りへの感謝の気持ちは一生忘れない。7年在籍し「ハングリーでいたい」とフリーに転身した。

 ○…夫人と息子2人の4人家族。5年前に宮崎台へ。「子どもを育てるには良い環境」としながらも、「もう少し隣近所の深いつながりがあってよいのでは」と話す。ガソリンスタンドで働きながら、現在は時間を見つけて練習の日々。試合では「子どもは応援してくれる」と嬉しそう。

 ○…「プロレスは危ないと思われがちだけど、ケガをしないように互いに鍛えているからこそできるもの。世界中の人が楽しめるエンターテイナー」と力説。今年も観客を楽しませるため、それぞれ見どころの違う試合を組んだと自信をみせる。「いつかさくら祭りの風物詩になったら」。夢が膨らむ。

宮前区版の人物風土記最新6

登里 享平さん

川崎フロンターレDF(ディフェンダー)で背番号「2」をつける

登里 享平さん

30歳

2月26日号

大山 庸介さん

【web限定記事】生産性向上・働き方改革の優れた取り組みを表彰された

大山 庸介さん

馬絹在勤 43歳

2月19日号

森 大輔さん

かわさき☆えるぼしに認定された「福吉塗装」で代表を務める

森 大輔さん

土橋在住 52歳

2月12日号

西方 忠男さん

第15回宮前区フォトコンテストで審査委員長特別賞を受賞した

西方 忠男さん

宮崎在住 76歳

2月5日号

小沼 レオンさん

ゴミ拾い団体ワンワールド・デザイン代表として活動を続ける

小沼 レオンさん

小台在住 21歳

1月29日号

田村 延子さん

食生活推進員として、食のボランティア活動を行う

田村 延子さん

けやき平在住 77歳

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク