宮前区版

トップニュースの記事一覧

  • 「老化」 街路樹に新計画

    「老化」 街路樹に新計画 社会

    市、指定8路線を重点整備

     高齢木の増加で倒木や通行障害などが生じている街路樹を整備しようと、川崎市は初の管理計画を打ち出した。根上がりが連続している市内7区の8路線を「更新・撤去候補路...(続きを読む)

  • 「史跡公園」整備へ

    橘樹官衙遺跡群

    「史跡公園」整備へ 文化

    市が保存活用計画を策定

     市は、市内初の国史跡に指定されている橘樹官衙遺跡群について、保存活用計画を策定し、先月公表した。同遺跡群の歴史的価値と魅力を広く周知するため、「史跡公園」の整...(続きを読む)

  • 「民泊」住宅街で可能に

    「民泊」住宅街で可能に 社会

    市、制度周知し安全確保へ

     住宅で宿泊事業を行う「民泊」の新法施行により、全国の住居専用地域で民泊が開設できるようになる。川崎市は区域や日数に制限を設けず取り組む方針だが、制度の市民周知...(続きを読む)

  • 「民泊」住宅街で可能に

    「民泊」住宅街で可能に 社会

    市、制度周知し安全確保へ

     住宅で宿泊事業を行う「民泊」の新法施行により、全国の住居専用地域で民泊が開設できるようになる。川崎市は区域や日数に制限を設けず取り組む方針だが、制度の市民周知...(続きを読む)

  • 河川沿い一部が浸水想定

    洪水ハザードマップ

    河川沿い一部が浸水想定 社会

    宮前区版14年ぶりに改定

     川崎市は昨年の川崎区、幸区に続き市内5区の洪水ハザードマップを14年ぶりに改定した。宮前区は多摩川水系と鶴見川水系の洪水区域などを示しており、両水系の河川が氾...(続きを読む)

  • 「民泊」住宅街で可能に

    「民泊」住宅街で可能に

    市、制度周知し安全確保へ

     住宅で宿泊事業を行う「民泊」の新法施行により、全国の住居専用地域で民泊が開設できるようになる。川崎市は区域や日数に制限を設けず取り組む方針だが、制度...(続きを読む)

  • 「友引」 火葬受け入れへ

    市営2施設

    「友引」 火葬受け入れへ 社会

    夏冬に12日ずつ開場

     市営火葬場のかわさき北部斎苑(高津区)とかわさき南部斎苑(川崎区)では、近年の火葬需要の高まりを受け、今年度から「友引日」の受け入れを本格的に始める。夏場の対...(続きを読む)

  • 新栽培アスパラが初出荷

    新栽培アスパラが初出荷 経済

    市・JA「ブランド化に期待」

     麻生区の黒川地区で育てられている新しい栽培方法を用いたアスパラガスが初めて収穫を迎えた。高付加価値の生産物として期待されており、3月中旬からJAセレサ川崎の大...(続きを読む)

  • 4月 世界大会に挑む

    宮前区ゆかりのアスリート

    4月 世界大会に挑む スポーツ

     水球と女子サッカーで予選

     4月に開催される水球、女子サッカーの国際大会の出場メンバーに、宮前区ゆかりのアスリートが名を連ねた。日本から世界に羽ばたく地元選手に期待がかかる。...(続きを読む)

  • 市内4駅で道路整備

    自転車安全対策

    市内4駅で道路整備 社会

    市が新方針、事故抑制へ

     川崎市は今月、自転車の利用者が多い市内4駅を特定駅として道路環境を整備する方針を打ち出した。鉄道駅を中心に自転車専用レーンや駐輪場を整備することで、安全で快適...(続きを読む)

  • 部活指導員 6月に導入

    市立中

    部活指導員 6月に導入 教育

    教職員の多忙化解消へ

     部活動に携わる市立中学校の教職員の多忙化解消に向け、川崎市は新たに「部活動指導員」制度を2018年度から導入する。外部の指導者が顧問や大会引率などを担える仕組...(続きを読む)

  • 校内看護「やっと拡充」

    医療的ケア児

    校内看護「やっと拡充」 社会

    保護者の声、市が実現へ

     川崎市は、市立小中学校に通う医療的ケア児(たん吸引や胃ろうによる栄養の注入など日常的に生活支援が必要な子ども)への看護師の巡回を2018年度から拡充する。県内...(続きを読む)

  • 藤嶋氏が名誉市民に

    藤嶋氏が名誉市民に 社会

    岡本太郎以来、25年ぶり

     文化勲章を昨年受章した中原区在住の化学者、藤嶋昭氏(76)が「川崎市名誉市民」へ――。きょう16日の市議会で議決される見通しだ。51年前に発見した光触媒の研究...(続きを読む)

  • 多世代の「繋がり」創出を提案

    第6期区民会議

    多世代の「繋がり」創出を提案 文化

    集大成のフォーラム

     地域の課題解決に向け、区民主体で協議する区民会議。第6期宮前区区民会議の成果発表の場「区民会議フォーラム」が10日、区役所で開かれた。幅広い世代が100人以上...(続きを読む)

  • 「人種差別条例に刑事罰を」

    市民団体

    「人種差別条例に刑事罰を」 社会

    条例化求め、市に意見書

     市民団体「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」(関田寛雄代表)は3月1日、『実効性ある人種差別撤廃条例の制定を求める意見書』を川崎...(続きを読む)

  • 春の全国大会連覇狙う

    川崎北高ダンス部

    春の全国大会連覇狙う 文化

    21日に日本工学院で

     県立川崎北高校(勝股正校長)のダンス部「D.D.D(ダーディードゥー)」が、3月21日に都内で開催される全国高校生No.1を決める大会に出場する。”キレとシン...(続きを読む)

  • 高齢化で70代1.4倍

    民生委員

    高齢化で70代1.4倍 社会

    欠員212人、市が充足へ

     川崎市の民生委員・児童委員のうち70代が551人で約36%を占め、2月26日までおよそ1年で156人増えていることが分かった。市内で必要とされる定数1756人...(続きを読む)

  • 76歳、「真の鉄人」へ

    平在住堀内さん

    76歳、「真の鉄人」へ スポーツ

    多摩川で40年、世界へ挑戦

     水泳、自転車、長距離走(ラン)の総距離226Km、世界で最も過酷なレースの一つ「アイアンマン世界選手権」に今年10月、76歳で出場するトライアスリートがいる。...(続きを読む)

  • 子育て支援策を拡充

    宮前区新年度予算案

    子育て支援策を拡充 社会

    約8億8,300万円を計上

     川崎市は今月6日、一般会計が過去最大となる7366億円の2018年度予算案を発表した。一方、宮前区の予算は、8億8310万6千円で、対前年度比243万2千円の...(続きを読む)

  • 改良土 使用再開へ

    川崎市公共工事

    改良土 使用再開へ 社会

    震災後、自粛解除で工費減

     川崎市は東日本大震災直後から使用を控えていた公共工事の埋め戻しで使う改良土について、4月からの使用再開を発表した。震災から7年が経過し、放射性物質濃...(続きを読む)

  • 「空き家」判定に640軒

    川崎市

    「空き家」判定に640軒 社会

    所有者の意向確認、開始へ

     空き家の実態把握のために川崎市が実施した現地調査の結果が先月公表され、昨秋時点で市内に約640軒の空き家があることが分かった。建物の有効活用に向け、市は来年度...(続きを読む)

  • 区役所移転の可能性探る

    鷺沼駅周辺再編整備

    区役所移転の可能性探る 政治

    市民館、図書館含め検討

     川崎市は8日、鷺沼駅前の再開発に関して、「区役所・市民館・図書館等の移転可能性を含め検討する」との考え方を初めて示した。今後、市民の意見を聴きながら、来年2月...(続きを読む)

  • 子ども、経済活性に注力

    川崎市予算案

    子ども、経済活性に注力 経済

    過去最大規模の7,366億円

     川崎市は2月6日、2018年度の予算案を発表した。一般会計は4年連続で過去最大規模となる7366億円(前年度比278億円増)。福田市長は予算編成の根幹に「成長...(続きを読む)

  • 地域の郷土文化を後世へ

    映画プロデューサー小倉美惠子さん

    地域の郷土文化を後世へ 文化

    市民団体と協働で上映会

     映画プロデューサーで文筆家の小倉美惠子さん((株)ささらプロダクション代表)=土橋=の川崎市文化賞受賞を記念して、同氏が手掛けた2作の映画上映会が3月4日に行...(続きを読む)

  • 大賞は「おかしな!?」一皿

    みやまえC級グルメ

    大賞は「おかしな!?」一皿 経済

    菓子づくりの感性活かす

     第9回みやまえC級グルメコンテストの第2次審査が1月27日、セレサモス宮前店で開かれ、こどもお菓子づくり教室の先生と生徒による「おかしな!?べジパー...(続きを読む)

  • 介護予防へ三師会連携

    医師・歯科医師・薬剤師

    介護予防へ三師会連携 社会

    「まち協」と初の講座

     宮前区内の医師会・歯科医師会・薬剤師会(三師会)と宮前区まちづくり協議会(まち協)が連携して、高齢者の筋力や活力の衰え(フレイル)の予防を目的とする「カフェ・...(続きを読む)

  • 高校生 初の議員体験

    川崎市議会

    高校生 初の議員体験 政治

    「18歳選挙権」意識向上へ

     川崎市議会(松原成文議長)は1月20日、初の取り組みとなる「高校生議会」を開催した。選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことに伴い、高校生の主権者教育のため...(続きを読む)

  • 連覇へ「より攻撃的に」

    川崎フロンターレ

    連覇へ「より攻撃的に」 スポーツ

    地元出身・齋藤選手が加入

     昨年、クラブ創設21年目で悲願のリーグ初優勝を遂げた川崎フロンターレ。連覇を狙うチームの2018年新体制発表会が1月21日、市内のカルッツかわさきで開催され、...(続きを読む)

  • 出初式がランウェイに

    宮前消防署消防団

    出初式がランウェイに 社会

    消防ファッションを披露

     宮前消防署(金子智哉署長)と宮前消防団(秋山明団長)による宮前区消防出初式が13日、市消防訓練センターで開かれ、消防隊の制服ファッションショーが行われた。会場...(続きを読む)

  • 「在宅」強化 29施設増へ

    川崎市高齢者ケア

    「在宅」強化 29施設増へ 社会

    介護保険法改正で新計画

     川崎市が先月公表した介護や医療に関する新計画案に、高齢者在宅ケア施設を29カ所増設することなどが盛り込まれた。4月施行の改正介護保険法に向け、市は高齢者の自立...(続きを読む)

本格イタリアン VANSAN

子ども連れでも気軽に本格イタリアンを楽しめる!24日~お得なフェアも!

http://bravas-ltd.com/store/vansan-saginuma/

<PR>

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

22日に平瀬川桜祭り

22日に平瀬川桜祭り

稚鮎1500匹の放流も

4月22日~4月22日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク