宮前区版 掲載号:2021年5月14日号 エリアトップへ

連載第四回 宮前歴史探訪記 向丘の交通【4】 向丘を走る木炭バス

掲載号:2021年5月14日号

  • LINE
  • hatena

 昭和10年頃から南武鉄道の南武バスが向丘の地を走るようになった。世相はこの頃からきな臭さが漂い始め、昭和12年にはとうとう日中戦争へ足を踏み入れ、昭和16年12月には太平洋戦争に突入してしまった。そして敗戦。この間、燃料の節約が叫ばれ、戦時中や戦後の混乱期は燃料不足に陥ってしまった。その為にガソリンが手に入らず、南武バスも木炭バスを走らせていたという。

 この木炭バス、馬力を上げる為に煙を出して止まっていたり、坂道は馬力が弱くて一寸した坂道でも上り切れなかったという。特に平地区にある正直屋(旧道の神木交差点と東泉寺の中間辺り)前の坂道では、客が降りて押したことも度々あったそうだ。当時向丘国民学校に通っていた人が「止まってばかりいて、速足で歩いた方が速かったよ」と笑いながら話してくれた。

 当時のバスの運行は一日5〜6便で、乗客は溝口へ買い物に行く人や仕事に行く人、それに軍人も乗っていた。バス停も一応あったが、手を挙げれば何処でも乗せてくれたそうである。

 昭和22年頃になると、木炭バスからガソリンを燃料としたバスに入れ替わり始めた。/宮前の歴史を学ぶ会・杉田墾生
 

後部に積んだ窯で木炭や薪を燃やし、できたガスを動力としてバスを動かしていた
後部に積んだ窯で木炭や薪を燃やし、できたガスを動力としてバスを動かしていた

賃貸オーナー様 大募集!

宮前区で42年の実績・満室の実現・クレーム迅速対応 電通ハウジング

http://den2h.jp/

<PR>

宮前区版のコラム最新6

GO!GO!!フロンターレ

宮前歴史探訪記

連載第七回

宮前歴史探訪記

向丘の交通【7】 乗客増に追いつかぬバス便

6月18日号

GO!GO!!フロンターレ

結婚式、現場目線で発信

宮前区「社長列伝」VOL・6

結婚式、現場目線で発信

(株)ウエディングジョブ 代表取締役社長 石渡雅浩さん(46)

6月4日号

宮前歴史探訪記

連載第六回

宮前歴史探訪記

向丘の交通【6】 昭和30年台前半のバス

6月4日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第11回『検診で「視神経乳頭陥凹拡大」といわれたけど、何のこと?』

5月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter