宮前区版 掲載号:2021年6月18日号 エリアトップへ

市眼科医会 「目の検診、充実を」 副市長に要望

社会

掲載号:2021年6月18日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市眼科医会(金子敏雄会長)はこのほど、3歳児や未就学児、市の健診における眼科検診の充実を求める要望書を市に提出。同会から代表して訪問した檀之上和彦副会長が、伊藤弘副市長に手渡した=写真。

 当日は健康福祉局長、こども未来局長も同席。檀之上副会長は、目の機能は6歳頃までに完成することから、視力異常の早期発見・治療が重要なことを説明。また、40歳以上では20人に1人が緑内障を患っていることや、緑内障は失明原因にもなり得ること等を話し、眼科検診体制の構築を強く要望した。

 同会はコロナ禍でのテレワークやオンライン授業の拡大で、近視が増加することも懸念。檀之上副会長は「学童の近視増加は学会でも発表されている。本来は身体と同様に定期的に検診すべき。県の推進する未病にも通じることで、会として訴えていきたい」と話す。

 檀之上副会長が理事長を務めるだんのうえ眼科クリニックでは6月、市内のいくつかの幼稚園で無償の検診を予定。未就学児の目の現状を把握し、市へもフィードバックする考えだ。

宮前区版のローカルニュース最新6

学生バンドオーディション

参加者募集

学生バンドオーディション 文化

最優秀はCDデビュー

8月12日号

障害年金を学ぶ

まじわーる

障害年金を学ぶ 教育

理解深めるきっかけに

8月12日号

「太鼓の祭典」開催

「太鼓の祭典」開催 文化

27日、市民館で

8月12日号

今はなき戦争遺跡

今はなき戦争遺跡 社会

宮崎中脇 衛兵所と営倉

8月12日号

観光ガイドの会ツアー参加募集

自治会・町内会むけ防災ボトル

災害時に役立つ6品が、これ1つに 10月新発売

自治会・町内会むけ防災ボトル 社会

名入れ、オリジナル制作も対応

8月12日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook