宮前区版 掲載号:2021年10月1日号 エリアトップへ

市政報告 子どもの医療費助成を中学卒業まで 日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

掲載号:2021年10月1日号

  • LINE
  • hatena

 「川崎市の人口動態2020年」によると、川崎市全体の人口は増加していますが、子どもと子育て世代の階層だけは減少しています。その原因を示す市の調査があります。18年度、まちづくり局が市外転出者を対象に行ったアンケート調査では「川崎に不足していた点・充実すべき取り組みは何か」の問いに、「保育など子育て支援施策の充実」という回答が37・7%で1位でした。

 遅れている子育て支援の一つに「小児医療費助成制度」があります。現在は、対象年齢は小学校まで。小4から小6は500円の一部負担金が受診の都度かかります。さらに、所得制限があり、19年1月より入院に限り撤廃されたものの、通院助成対象外とされる人数は全体の2割以上です。

拡がる他都市との格差

 首都圏では所得制限なしで中学校卒業までの医療費無料化・助成が主流です。20政令市の状況は、来年度拡充分を含む高校卒業までの6市を含め、中学校卒業までの無料化・助成は16政令市に広がり、13市で所得制限がありません。神奈川県内では、中学校卒業までは31市町村、小学6年生までは2市町ですが、所得制限も一部負担金もあるのは川崎市だけです。

 9月議会の代表質問で市長に「この4年間、通院医療費助成の対象年齢の拡大を一度も実施してこなかった」「一部負担金と所得制限をなくし、中学校3年生まで医療費無料化を実施すべき」と質しました。市長は、6年生まで対象としたことや、入院時の所得制限を撤廃したことなどを「実績」としてあげましたが、他都市はもっと充実させていて、県内・政令市ともに最低という汚名の返上はできません。

 通院医療費の助成対象年齢を中学校卒業まで引き上げるとともに、所得制限及び一部負担金を撤廃するために、あと約19億3千万円の予算があればできます。財政力指数が20政令市中でトップの川崎市でできないはずはありません。子育て世代が安心して暮らせる街をつくるには、市政のチェンジが必要です。

石川けんじ

川崎市川崎区宮本町1番地 川崎市役所第2市庁舎7階

TEL:044-200-3360

http://www.ishikawa-kenji.jp/

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

「市道菅生433号線」の改良工事が完了

市政報告Vol.41

「市道菅生433号線」の改良工事が完了

川崎市議会議員 矢沢たかお

8月12日号

補正予算案、コロナ禍に対応

県政報告

補正予算案、コロナ禍に対応

県議会議員(自民党)持田文男

7月29日号

「戦争を繰り返さないで」

市政報告

「戦争を繰り返さないで」

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

7月29日号

PPAモデル活用で太陽光発電設備導入

一人によりそう。明日へつなぐ 議会報告

PPAモデル活用で太陽光発電設備導入

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

7月29日号

安心して子育て出来る、街づくりを!

宮前ガバナンス7月号  連載寄稿

安心して子育て出来る、街づくりを!

〜(仮称)宮前区保育・子育て総合支援センターを整備へ〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

7月15日号

物価高騰対策として国の交付金活用を提案

市政報告Vol.40

物価高騰対策として国の交付金活用を提案

川崎市議会議員 矢沢たかお

7月8日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook