宮前区版 掲載号:2022年1月21日号 エリアトップへ

連載第十五回 宮前の歴史を学ぶ会 宮前歴史探訪記 宮前区の30%は軍用地でした【7】 東部62部隊兵士の葉書 太平洋を往復

掲載号:2022年1月21日号

  • LINE
  • hatena
改訂版『戦争にいったうま』いしいゆみ作=静山社
改訂版『戦争にいったうま』いしいゆみ作=静山社

 東部62部隊には大きな馬房があり、軍馬が飼育されていました。近代戦では軍馬は必要なくなり、トラックやジープにとって代わりました。しかし日本軍は自動車装備が貧弱で、中国戦線では荷役や大砲の牽引、指揮官の乗馬として馬が使われていました。

 その軍馬の中に名馬ランタンタンがいました。フランスの馬の血を受け継ぐ栗毛のオスです。岩手県江刺の伊藤家の農耕馬で、とても賢くて人なつこく可愛がられていました。

 それが昭和12年に、馬匹徴発告知書で軍隊に強制的に取り上げられてしまい、名前も勝山号に変えられました。隊長乗馬として中国各地を転戦し、3回も負傷しましたが傷から立ち直り使われ続けました。この功績として「軍馬甲功章」を受けました。その後、昭和15年に軍馬としてはめずらしく日本に帰国し、部隊の移転とともに宮前区の東部62部隊の馬房で暮らしていました。

 しかし敗戦となり東部62部隊も解散。食料事情悪化で馬肉にされかねない。調教手の小池政雄さんが近くの農家で保護し、元の飼主の伊藤貢さんが来て無事帰郷できました。

 『戦争にいったうま・改訂版』(いしいゆみ作、静山社刊)は、この馬のお話です。/みやまえ・東部62部隊を語り継ぐ会・山田譲

宮前区版のコラム最新6

GO!GO!!フロンターレ

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

第23回『眼に注射をする治療が必要と言われて心配です』

5月27日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第22回『緑内障がある眼の白内障手術の注意点はありますか?』

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook