川崎区・幸区版 掲載号:2017年8月11日号 エリアトップへ

市内産の梨を堪能 地元でもぎ取り体験も

文化

掲載号:2017年8月11日号

  • LINE
  • hatena
旬を迎えた「幸水」
旬を迎えた「幸水」

 川崎市内では、各地で梨やブルーベリー、イチジクといった様々な果物を生産している。

 この時季、旬を迎える梨は「もぎ取り体験」ができる農園もある。この夏、各園を訪れ地元産の梨を堪能してみては。

多摩川梨

 「かわさき農産ブランド」にも指定されている市内産の梨は「多摩川梨」と呼ばれ、市民に親しまれている。

 その歴史は古く、江戸時代初期に大師河原村(今の川崎区)周辺で梨栽培がおこなわれていた記録がある。現在は多摩・宮前・高津・中原・麻生区の市内約29万平方メートルで栽培されている。

 主な梨の収穫期は、「幸水」が8月中旬〜下旬、「豊水」「二十世紀梨」が9月上旬〜中旬。もぎ取りができる農園は以下の通り。

 ▽田村果樹園(多摩区中野島1の7の10/【電話】044・944・7941)▽中イ園(多摩区中野島3の31の40/【電話】044・911・6800)▽かしや梨園(多摩区中野島4の1600/【電話】044・900・1681)▽三平果樹園(多摩区登戸1251/【電話】044・900・3752)▽石井梨園(多摩区登戸2367/【電話】044・911・5912)▽ヤマモ(多摩区長尾1の435の1/【電話】044・911・6537)▽井喜梨園(多摩区長尾1の14の3/【電話】044・922・1859)▽日の出園(多摩区堰2の8/【電話】090・2720・9746)▽やまじょう梨園(多摩区菅稲田堤2の7の11/【電話】044・944・2900)

 もぎ取りに行く際には事前に問い合わせを。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

住宅地、回復傾向に

川崎区・幸区基準地価

住宅地、回復傾向に 社会

ともに1%超 上昇

10月15日号

地域団体 展示で紹介

地域団体 展示で紹介 文化

29日、30日 プラザ祭り

10月15日号

「言葉・書」自分らしさ表現

秋水書道会

「言葉・書」自分らしさ表現 文化

ミューザ川崎で書展

10月15日号

3選手に市特別賞

富士通レッドウェーブ

3選手に市特別賞 スポーツ

バスケ史上初の「銀」で

10月15日号

公共施設に生理用品

川崎市

公共施設に生理用品 経済

民間が協力、個室で提供

10月15日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook