川崎区・幸区版

トップニュースの記事一覧

  • 新まちづくり集会が始動

    川崎市

    新まちづくり集会が始動 社会

    全7区で市民意見を集約

     市民主体で課題解決を協議する、休止中の「区民会議」など、地域活動運営の仕組みを再検討する試みとして、川崎市が区ごとの研究集会(ワークショップ)を始めた。今月4...(続きを読む)

  • 富士通スタで初の盆踊り

    8月20日

    富士通スタで初の盆踊り 社会

    やぐら、設営に地域協力

     富士通スタジアム川崎(川崎区富士見)は20日(月)、「夏まつり」と銘打ち、盆踊り大会を初開催する。多くの町内会の行事として定着する盆踊りだが、同スタ...(続きを読む)

  • 「街知って」大家さん仕掛け

    新城溝口

    「街知って」大家さん仕掛け 文化

    SNSや飲食イベント盛況

     近年、市内では複数の飲食店を低料金で楽しめるイベントが盛んだ。南武線武蔵新城駅と武蔵溝ノ口駅周辺で行われているのは地域の不動産オーナーが仕掛けたイベント。SN...(続きを読む)

  • 収支額、約2億円黒字に

    市一般会計決算見込み

    収支額、約2億円黒字に 社会

    歳出は過去最大規模

     川崎市は先月26日、2017年度の一般会計決算見込みを発表した。歳入は前年度比14%増の7006億9100万円で、4年連続で過去最高を更新した。一方で歳出も過...(続きを読む)

  • 夢の等々力、無念の中止

    SHISHAMO

    夢の等々力、無念の中止 文化

    聖地・川崎に全国のファン

     幸区小向仲野町の市立川崎総合科学高校軽音楽部で結成したロックバンド「SHISHAMO」が先月28日に予定していた史上初の等々力陸上競技場での単独ライブが、台風...(続きを読む)

  • 不登校対策、夏に注力

    川崎市

    不登校対策、夏に注力 教育

    各機関と連携、個別対応も

     夏休みなどの長期休暇明けに増える傾向があるという小中学生の不登校。川崎市内では不登校の児童、生徒が増えており、市教育委員会では学校や行政、市民団体と連携した支...(続きを読む)

  • 同性パートナーに賛否

    川崎市議会

    同性パートナーに賛否 政治

    「制度化」陳情、継続審査へ

     川崎市議会文教委員会は今月19日、同性カップルをパートナーとして公的に認める「同性パートナーシップ制度」の創設に向けた協議を開始する陳情を継続審査にした。議員...(続きを読む)

  • 通学路の塀「危険」38カ所

    市立小

    通学路の塀「危険」38カ所 社会

    20年前調査 市が改善促す

     小学校のブロック塀が倒れ、女児が亡くなった大阪北部地震から約1カ月。ブロック塀の安全性に関する問合せが川崎市に寄せられるなど、市民の関心が高まっている。市は2...(続きを読む)

  • 歴史継承、集客倍増へ

    バスケB1サンダース

    歴史継承、集客倍増へ スポーツ

    「年間30万人」 新アリーナも

     プロバスケットボールB1「川崎ブレイブサンダース」の運営権を東芝から受け継いだDeNA(ディー・エヌ・エー)グループの新会社が7月4日、中原区で事業戦略を発表...(続きを読む)

  • 絵本作家 かこさん偲ぶ

    絵本作家 かこさん偲ぶ 文化

    市民ら220人が参加

     幸区にゆかりのある絵本作家で、5月2日に92歳で亡くなったかこさとし(加古里子 本名・中島哲)さんを偲ぶ会が7月16日、中原区の川崎市市民ミュージア...(続きを読む)

  • ジェノサイドの可能性警告

    ジェノサイドの可能性警告 社会

    ヘイト講演会で識者指摘

     市民団体「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」(関田寛雄代表)は今月6日、川崎区東田町の川崎市労連会館で学習会を開催した。ヘイト問題に詳しい...(続きを読む)

  • 「夏詣」でまちおこし

    若宮八幡宮

    「夏詣」でまちおこし 社会

    「新たな習慣」定着に期待寄せる

     夏の時期に神社・仏閣を参詣する「夏詣」が全国の神社、仏閣に広がりつつある。川崎市内で唯一、この取り組みに賛同するのが若宮八幡宮(川崎区大師駅前・中村博行宮司)...(続きを読む)

  • 「8度目V」市民に誓う

    東芝野球部

    「8度目V」市民に誓う スポーツ

    川崎市役所で壮行会

     川崎市代表として10年連続40回目の都市対抗野球大会出場を決めた東芝野球部(東芝ブレイブアレウス)の壮行会が7月2日、市役所で開かれた。主催は市と川...(続きを読む)

  • 助成に「所得制限なし」

    小児医療入院費

    助成に「所得制限なし」 社会

    市、1月導入へ意見公募

     1歳児から中学生以下が対象の入院医療費助成について、川崎市は所得制限を来年1月から廃止する方針を示した。市の試算では助成件数と費用に関し、それぞれ約2150件...(続きを読む)

  • 災害時捜査に鳥の目

    災害時捜査に鳥の目 社会

    幸署、ドローン業者と協定

     幸警察署は6月21日、ドローン(無人航空機)の販売・レンタルなどを行う(株)アラン(幸区小倉・岸政幸代表取締役社長)と「大規模災害発生時に伴う支援に関する協定...(続きを読む)

  • 特養 申込窓口を一元化

    川崎市

    特養 申込窓口を一元化

    待機高齢者、実数把握へ

     川崎市は、これまで施設ごとに対応していた特別養護老人ホーム(特養)の申請受付を、8月から一元化。複数施設への申し込みも一括で受け付ける。申請者にとって手間が省...(続きを読む)

  • 市内実験 普及進まず

    自治体ポイント

    市内実験 普及進まず 経済

    手続き複雑、交換実績17件

     地域振興への一手として国が導入した「自治体ポイント」の実証実験が、市内で昨年11月から行われているが、普及が進んでいない。対象が中原区の商店会1カ所に限定され...(続きを読む)

  • カメラ効果で客引き減

    川崎駅前仲見世通

    カメラ効果で客引き減 社会

    近隣商店街からも注目

     川崎駅前仲見世通商店街振興組合(西尾猛理事長)が長年の課題である悪質な客引き行為に対し、防犯カメラを使ったライブでの取り締まりを行い、一定の効果を上...(続きを読む)

  • 部活動「週休2日」に

    市立中学校

    部活動「週休2日」に 教育

    市教委が方針、今夏運用へ

     市立中学校で部活動の休養日を週2日以上確保しようと、川崎市教育委員会は先月30日、新たな方針を策定。教職員の長時間労働を見直す施策の一つとして、夏休み中の8月...(続きを読む)

  • 寄付1億円、子ども施策に

    川崎市補正予算

    寄付1億円、子ども施策に 社会

    対象拡大し挑戦を応援

     川崎市は今月4日に開会した市議会6月定例会に一般会計補正予算案を上程した。4月に市民個人から寄付のあった1億円を子ども・若者応援基金積立金に計上。市こども未来...(続きを読む)

  • 21年完成へ西口開発着工

    JR東日本

    21年完成へ西口開発着工 社会

    市内最大級ホテルやオフィス棟

     JR東日本(深澤祐二代表取締役社長)は同社変電所跡地で川崎駅西口開発計画の本体建設工事に着手した。ホテル開業は2020年春、全体完成は2021年の春を予定して...(続きを読む)

  • ホーム集客、2年で3倍

    バスケB1サンダース

    ホーム集客、2年で3倍 スポーツ

    1試合平均 3056人に

     発足2季目のプロバスケットボール男子「Bリーグ」は先月26日にチャンピオンシップ決勝が行われ、観客1万2千人のもとアルバルク東京が優勝し閉幕。今季、東地区2位...(続きを読む)

  • 市、39億円減収へ

    ふるさと納税

    市、39億円減収へ 経済

    寄付金用途 29項目に拡大

     「ふるさと納税」による川崎市の2017年度の減収額は、税制変更の減額を含め約30億7千万円に上り、16年度の約12億8千万円を大きく上回った。18年度も約39...(続きを読む)

  • さらなる人権被害懸念

    市民団体

    さらなる人権被害懸念 社会

    教文での講演会中止求める

     6月3日に川崎市教育文化会館(川崎区富士見)で開催が予定されている講演会をめぐり、在日コリアンをはじめ、外国人市民へのヘイトスピーチ(憎悪と差別の扇動表現)の...(続きを読む)

  • 処方変更に裁量 効率化へ

    市薬剤師会

    処方変更に裁量 効率化へ 経済

    市内拠点病院と連携

     川崎市内の拠点病院と市薬剤師会が、事前合意した範囲であれば薬剤師の判断で一部の処方変更ができる「院外処方疑義照会プロトコール」の運用を4月から開始した。患者の...(続きを読む)

  • 「かこさん創作原点知って」

    北野書店

    「かこさん創作原点知って」 文化

    来月、エポックなかはらで展示会

     5月2日に92歳で亡くなった幸区ゆかりの絵本作家のかこさとし(加古里子 本名・中島哲)さんと親交のあった北野書店(幸区鹿島田)が6月13日から15日までエポッ...(続きを読む)

  • 申請増、新基準で18人

    川崎市待機児童

    申請増、新基準で18人 社会

    保留児童は2,960人

     保育所などに入れない川崎市内の待機児童数が、4月1日時点で前年のゼロから18人に増えた。保護者が育児休業中でも復職意志があれば待機児童とする新基準を、市は今年...(続きを読む)

  • 「事務支援員」3校で試行

    市立小学校

    「事務支援員」3校で試行 教育

    教職員の業務効率化へ

     川崎市は4月から、市立小学校3校で教職員の事務作業などの支援員を配置している。市が進める「教職員の働き方・仕事の進め方改革」に向けた取り組みの一つで、負担軽減...(続きを読む)

  • 南北統一、川崎から期待

    南北統一、川崎から期待 社会

    トラヂ会の在日ハルモニ

     韓国・北朝鮮両首脳による会談で南北の緊張関係が緩和しつつある中、川崎区桜本の在日高齢者クラブ「トラヂ会」に参加するハルモニ(おばあさん)たちが今月8...(続きを読む)

  • 北加瀬に新しい「街」誕生

    北加瀬に新しい「街」誕生 社会

    コトニアガーデン新川崎

     JR東日本は4月21日、幸区北加瀬で開発を進めてきた複合施設「コトニアガーデン新川崎」の「まちびらきイベント」を開催した。多世代の交流の場として地域活性を期待...(続きを読む)

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

http://www.daviusliving.jp/

<PR>

「バンバンなら私もいける!」

新台入替8月13日9時10分オープン!最新機種、続々登場!新台は16時~予定

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

臨港部の夏フェス 今年も

臨港部の夏フェス 今年も

ベイキャンプ 9月に開催

9月8日~9月9日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク