川崎区・幸区版

トップニュースの記事一覧

  • 「避難」認識に個人差

    風水害対策

    「避難」認識に個人差 社会

    市、状況判断の重要性訴え

     台風24号が発生した9月30日から翌日にかけて、川崎市内の土砂災害警戒区域の4万2800世帯、9万3627人のうち36世帯、52人が避難所を利用した。利用率は...(続きを読む)

  • 盛り上げ隊が発足

    川崎区

    盛り上げ隊が発足 社会

    得意生かして地元楽しく

     川崎区に住む人たちが自らの手で地元を盛り上げようと活動する「川崎区盛り上げ隊!」が先月、正式に発足した。市全体が新たな地域連携の仕組みを模索する中での同隊の設...(続きを読む)

  • 定員枠561人不足

    川崎市認可保育所

    定員枠561人不足 社会

    市計画に遅れ、対策急務

     川崎市が公表した来春の認可保育所開設状況によると、定員増は1450人の見通しで、市が計画する2011人の受け入れ拡大を下回っていることが分かった。市は待機児童...(続きを読む)

  • 懐メロで認知症予防

    懐メロで認知症予防 文化

    ベンチャー企業が開発

     中学高校生時代に聴いていた音楽や映画を題材に思い出を語り合い、高齢者の認知症予防につなげるイベントがイトーヨーカドー川崎店と川崎港町店で今月31日か...(続きを読む)

  • 合葬墓で無縁化対策

    市営霊園

    合葬墓で無縁化対策 社会

    市、来年度に募集開始へ

     少子化などにより、墓の承継者がいなくなる無縁墓の対策として、川崎市は複数の遺骨を一緒に納める「有縁合葬墓」の募集を来年度から開始する。市営霊園墓所の無縁化を防...(続きを読む)

  • 小中生視野にまちゼミ

    小中生視野にまちゼミ 社会

    大師地区で10月9日から

     市民団体「川崎大師まちゼミの会」(星川孝宜代表)は第7回目のまちゼミを10月9日(火)から11月10日(土)まで開催する。初日は市立学校が一斉に休みとなる「か...(続きを読む)

  • 来春、駅名を変更へ

    大師線産業道路駅

    来春、駅名を変更へ 社会

    小中生から駅名募集

     京急電鉄(東京都港区・原田一之取締役社長)は大師線「産業道路駅」の駅名を変更すると発表した。同社創立120周年記念事業として沿線の小中学生から駅名変更案を募集...(続きを読む)

  • 参加事業所、1割止まり

    市独自介護施策

    参加事業所、1割止まり 社会

    3期目突入も認知度低く

     要介護状態の改善や維持を目的に、川崎市が独自に取り組む「かわさき健幸福寿プロジェクト」の第3期が7月から始まり、253事業所(9月14日時点)が参加している。...(続きを読む)

  • 記念誌に人気コラム収録

    市ふれあい館

    記念誌に人気コラム収録 文化

    「新作路」30年分の傑作選

     川崎市ふれあい館(川崎区桜本・田貞桃(チョンチョンド)館長)は同館設立30周年の記念誌をこのほど発行した。同館の歩みを紹介するとともに、発行するふれ...(続きを読む)

  • 市民館を子どもが占拠!?

    市民館を子どもが占拠!? 教育

    幸市民館でイベント

     幸区の幸市民館で子どもたちが楽しく遊べる場所づくりを目的としたイベント「市民館ジャック」が15日、開催された。主催は幸区地域教育会議(大塚謙一郎議長)と川崎市...(続きを読む)

  • 川崎区は最大5m浸水

    東京湾高潮

    川崎区は最大5m浸水 社会

    県想定 市、洪水マップ刷新へ

     県の検討会が先月公表した大型台風による臨海部の浸水想定を受け、川崎市は洪水ハザードマップ刷新の必要性を示した。検討会によると、浸水想定は川崎区を中心に最高5メ...(続きを読む)

  • JFE京浜、初代王座に

    JFE京浜、初代王座に 社会

    水泳日本社会人選手権で

     「第1回日本社会人選手権水泳競技大会」が9月1日、2日、新潟県長岡市であり、川崎区南渡田町を拠点にするJFE京浜水泳部が男子の部で優勝を果たした。...(続きを読む)

  • 今年11人、4年ぶり2桁

    風しん市内患者

    今年11人、4年ぶり2桁 社会

    市、特定世代の男性に注意

     川崎市内の風しん患者数が8月に急増し、今年の累計が11人(8月26日時点)となった。4年ぶりに2桁を超え、首都圏を中心に流行している。30代から50代の男性が...(続きを読む)

  • 塚越の魅力知って

    地元商店街とNPOがタッグ

    塚越の魅力知って 社会

    9日に手作りイベント

     幸区の塚越商店街の魅力を知ってもらう「塚銀フェス」と銘打ったイベントが9日(日)、塚越商店街で開かれる。地元商店街とまちおこしのNPO法人が組んで行う初の試み...(続きを読む)

  • 川崎から若者文化を発信

    川崎から若者文化を発信 社会

    市が基本方針素案

     川崎市は、ヒップホップをはじめとした「ストリートカルチャー」やBMX、スケートボードなどの「エクストリームスポーツ」といった若者文化を生かしたまちづ...(続きを読む)

  • 危険6校、9月撤去へ

    市立小中ブロック塀

    危険6校、9月撤去へ 教育

    市が前倒し 残り12校未定

     川崎市立小中学校のブロック塀などで建築基準法違反の疑いが見つかった24校について、市は特に危険性の高い6校で9月中に撤去する方針を示した。当初は新しいフェンス...(続きを読む)

  • 映画制作で再結集

    川中島小卒業生

    映画制作で再結集 文化

    大師地区舞台に撮影

     10年前に市立川中島小学校(川崎区川中島)の授業で映画作りを行った当時の児童たちが再結集し、大師地区を舞台にした短編映画の制作に取り組んでいる。9月29日の上...(続きを読む)

  • 新型水位計、導入を検討

    川崎市

    新型水位計、導入を検討 社会

    既存システムと連携模索

     豪雨等による河川の水害対策として、国と自治体が6月から運用を進める「危機管理型水位計」の導入を、川崎市が検討している。国土交通省は自治体と共同で、増水状況をウ...(続きを読む)

  • 新まちづくり集会が始動

    川崎市

    新まちづくり集会が始動 社会

    全7区で市民意見を集約

     市民主体で課題解決を協議する、休止中の「区民会議」など、地域活動運営の仕組みを再検討する試みとして、川崎市が区ごとの研究集会(ワークショップ)を始めた。今月4...(続きを読む)

  • 富士通スタで初の盆踊り

    8月20日

    富士通スタで初の盆踊り 社会

    やぐら、設営に地域協力

     富士通スタジアム川崎(川崎区富士見)は20日(月)、「夏まつり」と銘打ち、盆踊り大会を初開催する。多くの町内会の行事として定着する盆踊りだが、同スタ...(続きを読む)

  • 「街知って」大家さん仕掛け

    新城溝口

    「街知って」大家さん仕掛け 文化

    SNSや飲食イベント盛況

     近年、市内では複数の飲食店を低料金で楽しめるイベントが盛んだ。南武線武蔵新城駅と武蔵溝ノ口駅周辺で行われているのは地域の不動産オーナーが仕掛けたイベント。SN...(続きを読む)

  • 収支額、約2億円黒字に

    市一般会計決算見込み

    収支額、約2億円黒字に 社会

    歳出は過去最大規模

     川崎市は先月26日、2017年度の一般会計決算見込みを発表した。歳入は前年度比14%増の7006億9100万円で、4年連続で過去最高を更新した。一方で歳出も過...(続きを読む)

  • 夢の等々力、無念の中止

    SHISHAMO

    夢の等々力、無念の中止 文化

    聖地・川崎に全国のファン

     幸区小向仲野町の市立川崎総合科学高校軽音楽部で結成したロックバンド「SHISHAMO」が先月28日に予定していた史上初の等々力陸上競技場での単独ライブが、台風...(続きを読む)

  • 不登校対策、夏に注力

    川崎市

    不登校対策、夏に注力 教育

    各機関と連携、個別対応も

     夏休みなどの長期休暇明けに増える傾向があるという小中学生の不登校。川崎市内では不登校の児童、生徒が増えており、市教育委員会では学校や行政、市民団体と連携した支...(続きを読む)

  • 同性パートナーに賛否

    川崎市議会

    同性パートナーに賛否 政治

    「制度化」陳情、継続審査へ

     川崎市議会文教委員会は今月19日、同性カップルをパートナーとして公的に認める「同性パートナーシップ制度」の創設に向けた協議を開始する陳情を継続審査にした。議員...(続きを読む)

  • 通学路の塀「危険」38カ所

    市立小

    通学路の塀「危険」38カ所 社会

    20年前調査 市が改善促す

     小学校のブロック塀が倒れ、女児が亡くなった大阪北部地震から約1カ月。ブロック塀の安全性に関する問合せが川崎市に寄せられるなど、市民の関心が高まっている。市は2...(続きを読む)

  • 歴史継承、集客倍増へ

    バスケB1サンダース

    歴史継承、集客倍増へ スポーツ

    「年間30万人」 新アリーナも

     プロバスケットボールB1「川崎ブレイブサンダース」の運営権を東芝から受け継いだDeNA(ディー・エヌ・エー)グループの新会社が7月4日、中原区で事業戦略を発表...(続きを読む)

  • 絵本作家 かこさん偲ぶ

    絵本作家 かこさん偲ぶ 文化

    市民ら220人が参加

     幸区にゆかりのある絵本作家で、5月2日に92歳で亡くなったかこさとし(加古里子 本名・中島哲)さんを偲ぶ会が7月16日、中原区の川崎市市民ミュージア...(続きを読む)

  • ジェノサイドの可能性警告

    ジェノサイドの可能性警告 社会

    ヘイト講演会で識者指摘

     市民団体「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」(関田寛雄代表)は今月6日、川崎区東田町の川崎市労連会館で学習会を開催した。ヘイト問題に詳しい...(続きを読む)

  • 「夏詣」でまちおこし

    若宮八幡宮

    「夏詣」でまちおこし 社会

    「新たな習慣」定着に期待寄せる

     夏の時期に神社・仏閣を参詣する「夏詣」が全国の神社、仏閣に広がりつつある。川崎市内で唯一、この取り組みに賛同するのが若宮八幡宮(川崎区大師駅前・中村博行宮司)...(続きを読む)

横浜、川崎でお墓のことなら石蔵

通常墓地、霊園から駅近納骨堂、ペットまでご相談を

http://ishi-kura.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

今年も不変、酒飲み合戦

10月21日

今年も不変、酒飲み合戦

第24回水鳥の祭

10月21日~10月21日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク