川崎区・幸区版

トップニュースの記事一覧

  • 那覇・惣之助碑に案内板を

    那覇・惣之助碑に案内板を 社会

    市沖縄県人会などが募金活動

     沖縄県那覇市の虎瀬公園にある川崎区砂子出身の詩人・作詞家の佐藤惣之助詩歌碑の首里城公園への移設が昨年10月、那覇市議会で議決された。市内で移設運動を主導してき...(続きを読む)

  • 「在宅」強化 29施設増へ

    川崎市高齢者ケア

    「在宅」強化 29施設増へ 社会

    介護保険法改正で新計画

     川崎市が先月公表した介護や医療に関する新計画案に、高齢者在宅ケア施設を29カ所増設することなどが盛り込まれた。4月施行の改正介護保険法に向け、市は高齢者の自立...(続きを読む)

  • 川崎・幸区から3人受賞

    川崎・幸区から3人受賞 社会

    第30回市自治功労賞

     川崎市は、地域福祉や住民自治の振興発展に優れた功績を残した人を表彰する「第30回川崎市自治功労賞」の受賞者を発表した。今年度は9人が受賞し、川崎区は金井岩次(...(続きを読む)

  • 救急出動 9年連続増

    川崎市

    救急出動 9年連続増 社会

    救急隊、4月に増隊へ

     川崎市内の救急車の出動件数が、昨年1年間で過去最多の6万9318件(前年比879件増)と9年連続して増加した。高齢化や人口増加を見込み、市消防局では来年度から...(続きを読む)

  • 病床、在宅医療に重点

    かわさき保健医療プラン

    病床、在宅医療に重点 社会

    新計画、3月末策定へ

     川崎市は現在、2018年度から6年間の川崎市医療、保健の基本指針となる「(仮称)かわさき保健医療プラン」の策定を進めている。団塊の世代が75歳以上と...(続きを読む)

  • いのち輝く社会  実現を

    黒岩知事インタビュー

    いのち輝く社会 実現を 政治

    神奈川モデルを世界に

     年頭にあたり、黒岩祐治神奈川県知事にインタビューを行った。知事は「いのち輝く」をキーワードに施策を展開し、人生100歳時代に向け「未病(ME-BYO)」の取り...(続きを読む)

  • 150万人都市 躍進へ

    150万人都市 躍進へ 政治

    福田市長 新年の展望語る

     2018年の幕開けにあたり、本紙では福田紀彦川崎市長に恒例の新春インタビューを行った。2期目を迎えた福田市長は、子育て支援など重点施策を挙げ、新年の抱負を語っ...(続きを読む)

  • 商業施設、改装で存在感

    商業施設、改装で存在感 経済

    JR川崎駅北口通路、改札供用見据え

     この春、JR川崎駅が大きく変わる。2月17日に北口自由通路と北改札の供用が開始され、現在、改装を進めている駅商業ビル「アトレ川崎」には「エキナカ」が誕生する。...(続きを読む)

  • 工事再開 35億円増に

    等々力硬式野球場

    工事再開 35億円増に 経済

    土壌改良 3年後完成へ

     廃棄物混じりの土などが見つかり改築工事が中断している等々力硬式野球場(中原区)について、川崎市は土壌改良などに対する費用として約35億9千万円の増額...(続きを読む)

  • 有名人絵馬250点展示

    稲毛神社

    有名人絵馬250点展示 社会

    元日から7日まで

     各界で活躍する著名人直筆の絵馬を集めた「有名人慈善絵馬展」が元日から7日まで、稲毛神社(川崎区宮本町・市川緋佐麿宮司)境内で開かれる。展示の準備を進...(続きを読む)

  • 「健康遊具」公園に増加

    「健康遊具」公園に増加 スポーツ

    市、4年間で44基設置

     川崎市内の公園や緑地で今、ぶら下がり器などの健康遊具が増えている。市が2016年度までに設置した健康遊具は、市内77施設に229基。少子高齢化を背景...(続きを読む)

  • 緑化・保全計画改定へ

    川崎市

    緑化・保全計画改定へ 社会

    10年で200ha増めざす

     川崎市内緑化推進と緑保全を掲げた10カ年の基本計画案を、市が公表した。1995年の策定以来、2度目の改定。緑化や保全活動の後継者不足など課題を踏まえ、市は20...(続きを読む)

  • 川崎F、奇跡の逆転初V

    川崎F、奇跡の逆転初V スポーツ

    創設21年目で悲願達成

     サッカーJ1の最終節が今月2日、各地で行われ、地元、川崎フロンターレが奇跡の逆転優勝を果たした。クラブ創設21年目にして初のJ1タイトルを獲得。試合...(続きを読む)

  • 新庁舎 25階建てに

    川崎市

    新庁舎 25階建てに 社会

    各部署を集約

     川崎市は本庁舎等の建て替えについて、新本庁舎の基本設計を先月24日公表した。地下2階、地上25階の構造で、これまで複数の建物に分散していた部署が本庁舎を中心に...(続きを読む)

  • 待機児童374人、3倍超

    待機児童374人、3倍超 社会

    市内申請者 初の3万台に

     認可保育所に入れない川崎市内の待機児童が、10月1日時点で374人だったと市が公表した。利用申請者数は前年比2234人増の3万1527人で、初めて3万台に到達...(続きを読む)

  • 活動継続性に課題

    子ども食堂

    活動継続性に課題 社会

    市民団体と専大生調査

     市民団体と大学生グループが、川崎市内で活動している子ども食堂の情報を収集し、アンケートを実施した。開催規模や活動の内容が集約されたほか、貧困家庭への対応策や継...(続きを読む)

  • 「ふれあい収集」16年で6倍

    市ごみ出し難民対策

    「ふれあい収集」16年で6倍 社会

    将来的な人手不足懸念

     高齢者ら自力でごみを集積所まで出しにいけない、いわゆる”ごみ出し難民”が全国的に増加し、問題となっている。川崎市でもその対策の一環として2000年に導入した「...(続きを読む)

  • 臨港バスが80周年

    臨港バスが80周年 社会

    親しんでもらえる会社に

     「臨港バス」として親しまれ、川崎南部の市民の足として走り続けてきた川崎鶴見臨港バス株式会社(田中伸介取締役社長)が18日に創立80周年を迎え、塩浜営業所で記念...(続きを読む)

  • まつり復活で地域一丸

    桜本商店街

    まつり復活で地域一丸 経済

    「地域に残すレガシーに」

     桜本商店街主催の「日本のまつり」があさって19日(日)、開催される。30年以上続く地域の名物行事は昨年、諸事情で中止となったが、1年ぶりの復活にあたり、地域住...(続きを読む)

  • ヘイト利用に制限指針

    川崎市

    ヘイト利用に制限指針 社会

     市民館、都市公園など 

     在日コリアンをはじめとした外国人市民らを標的にしたヘイトスピーチ(憎悪と差別の扇動表現)の解消に向け、川崎市は11月9日、公的施設の利用に制限をかけるガイドラ...(続きを読む)

  • 奇跡の逆転リーグ制覇へ

    川崎Fルヴァン杯準V

    奇跡の逆転リーグ制覇へ スポーツ

    サポーター「信じて応援を」 

     JリーグYBCルヴァンカップ決勝が11月4日、埼玉スタジアム2002で行われ、川崎フロンターレは準優勝で大会を終えた。悲願の優勝はならなかったが、まだリーグタ...(続きを読む)

  • 高橋投手 福岡SBへ

    専大

    高橋投手 福岡SBへ スポーツ

    2位指名、生田で喜び語る

     プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が先月26日に都内で行われ、専修大学商学部4年の高橋礼投手(22)が福岡ソフトバンクホークスから2位指名を受けた。高橋投...(続きを読む)

  • 水曜ノー残業9割超

    川崎市職員

    水曜ノー残業9割超 社会

    長時間勤務 実態とズレも

     川崎市は今年5月から水曜日の完全定時退庁を実施するなど、働き方改革として市職員の長時間勤務の是正に本腰を入れている。6月の水曜日は9割超の職員が定時退庁した。...(続きを読む)

  • ギネス超えへ意気込み

    5日おむすび握り

    ギネス超えへ意気込み 社会

    川崎JCら 関係者結束

     東海道川崎宿発祥とされる「三角おむすび」を同時に最多人数で握る「かわさき発祥”三角おむすび”DEギネス世界記録R 町おこしニッポンに挑戦!」が5日(日)、川崎...(続きを読む)

  • 福田氏 40万票で再選

    川崎市長選

    福田氏 40万票で再選 政治

    歴代最多得票、2氏破る

     任期満了に伴う川崎市長選挙が10月22日に投開票され、無所属で現職の福田紀彦氏(45)が川崎市長選挙過去最多の得票数となる40万票超を獲得し、いずれ...(続きを読む)

  • 食育推進に987万円

    川崎市補正予算

    食育推進に987万円 政治

    国の補助523万円活用へ

     都市農業を生かした食育を推進しようと、川崎市は農林水産省による補助金制度の活用を見込み、9月補正予算で農林業振興費に約771万円、教育費に216万円の計987...(続きを読む)

  • 北加瀬に多世代交流の「街」

    北加瀬に多世代交流の「街」 経済

    JR東日本 2018年完成

     JR東日本は幸区北加瀬に子どもからシニアまでの多世代が交流できる「街」づくりの開発を進めている。2018年春の完成予定で同社は「地域とともに成長できる街をつく...(続きを読む)

  • LGBT、企業に理解を

    川崎市

    LGBT、企業に理解を 社会

    11月1日 商議所でセミナー

     川崎市は、LGBTをはじめとした性的少数者への企業の理解を深めようと、11月1日(水)午後3時から川崎フロンティアビル2階第4会議室(川崎区駅前本町)でセミナ...(続きを読む)

  • 新定義導入で 増加へ

    川崎市待機児童

    新定義導入で 増加へ 教育

    産休・育休中331人対象に

     川崎市内で保育を希望する待機児童について、市は10月1日時点の集計に厚生労働省が通知した「新定義」の適用を検討している。育児休業中でも復職の意思があれば、待機...(続きを読む)

  • 剥がしたワックスを防虫剤に

    和光産業

    剥がしたワックスを防虫剤に 経済

    CO2削減メンテを開発

     床面に塗られたワックスを水で剥がし、発生した廃液を、おう吐物凝固剤や防虫剤・消臭剤としてリサイクル――。川崎区鋼管通の和光産業(矢口寛志代表取締役)...(続きを読む)

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン35万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

最近よく読まれている記事

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン35万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

こども食堂を知る講演会

川崎区社協

こども食堂を知る講演会

26日、カルッツかわさきで

1月26日~1月26日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

お問い合わせ

外部リンク