川崎区・幸区版

トップニュースの記事一覧

  • 長期休日、午前8時開始へ

    わくわくプラザ

    長期休日、午前8時開始へ 教育

    冬休みから全校で実施

     放課後などに小学生が過ごす「わくわくプラザ」を管理する川崎市は、来年度から長期休日中の平日の開始時間を30分早め、午前8時に開始する方針を明らかにした。利用す...(続きを読む)

  • 3月3日地下運行を開始

    京急大師線

    3月3日地下運行を開始 社会

    「産業道路駅」駅名は当面維持

     京急電鉄(東京都港区・原田一之取締役社長)は今月3日、大師線の東門前駅〜小島新田駅間の地下運行を3月3日から開始すると発表した。「産業道路駅」の駅名は当面維持...(続きを読む)

  • 住民自治推進へ新施策

    住民自治推進へ新施策 社会

    市素案に「抽象的」の声も

     今後の住民自治の新たな仕組みを検討してきた川崎市が、11月15日に素案を発表した。「市民創発による市民自治」などを掲げるが、市議会からは「抽象的」との指摘もあ...(続きを読む)

  • 十両優勝に地元歓喜

    川崎区出身友風関

    十両優勝に地元歓喜 スポーツ

    かわさき産業親善大使就任へ

     大相撲九州場所の千秋楽が行われた今月25日、川崎区出身の友風関(本名=南友太・尾車部屋)が12勝3敗で十両優勝を果たした。活躍を受け、地元・川崎区では歓喜の声...(続きを読む)

  • IR誘致 情報確保へ

    川崎市

    IR誘致 情報確保へ 経済

    政府調査に「検討中」

     カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致に関する政府による自治体向けの調査で、「申請を検討中」と回答した川崎市。福田紀彦市長は「首都圏の中で羽田の隣接地域...(続きを読む)

  • 運用43カ所 想定の半数

    川崎市寺子屋事業

    運用43カ所 想定の半数 教育

    一定成果も開設準備に壁

     放課後の市立学校で住民らが児童に学習支援などを行う「地域の寺子屋事業」の開設数が、川崎市の計画を下回っている。所管する市教育委員会は今年度予算で77団体分の業...(続きを読む)

  • 桜本で恒例の一大まつり

    あさって18日

    桜本で恒例の一大まつり 社会

    多文化への思い凝縮

     川崎区田島地区最大の秋祭り「日本のまつり」があさって18日(日)、桜本商店街で開催される。今年も多文化共生のまちらしい、様々なイベントが目白押し。祭りを盛り上...(続きを読む)

  • J1リーグ2連覇

    川崎F

    J1リーグ2連覇 スポーツ

    史上5チーム目の快挙

     サッカーJ1・川崎フロンターレ(川崎F)は今月10日、リーグ優勝を決め2連覇を達成した。洗足学園音楽大学ではパブリックビューイング(PV)が開かれ、1100人...(続きを読む)

  • 日本語支援の困難高まる

    外国につながる児童生徒

    日本語支援の困難高まる 社会

    多国籍化など背景

     外国人労働者受け入れ拡大のための入管法改正案が国会で議論され、自治体の「多文化共生」の取り組みにも注目が集まっている。多くの外国人市民が住む川崎市の教育現場で...(続きを読む)

  • 後継ぎ不足、廃業に「待った」

    市、商議所など4者

    後継ぎ不足、廃業に「待った」 経済

    専門業者と協定締結

     川崎市、川崎商工会議所、川崎信用金庫、川崎市産業振興財団の4者と「アンドビズ」(本社・東京都千代田区)は先月31日、事業承継支援に関する協定を締結した。専門事...(続きを読む)

  • 「危険な塀」撤去に新補助金

    川崎市

    「危険な塀」撤去に新補助金 社会

    私有財産、対策に苦慮

     川崎市は、安全性が確認できないブロック塀などの撤去工事に新たな補助金制度を設け、11月から受け付けている。2020年度までの時限的な特別措置。既存の補助制度が...(続きを読む)

  • 姥捨山題材に記念公演

    京浜協同劇団

    姥捨山題材に記念公演 文化

    今月中旬から幸区古市場

     地域演劇集団「京浜協同劇団」が設立60周年を迎え、今月中旬から第1弾の記念公演を活動拠点の「スペース京浜」(幸区古市場)で行う。設立以来、地域の社会的なテーマ...(続きを読む)

  • 女性団員 1年で1.4倍

    川崎市消防団

    女性団員 1年で1.4倍 社会

    復帰支援へ「休団制度」整備

     川崎市消防局によると、2017年4月に86人だった市内の女性消防団員が、10月1日時点で約1・4倍の123人に増加していることが分かった。一方で、団員の定数を...(続きを読む)

  • 新川通り使い一大パレード

    新川通り使い一大パレード 文化

    28日、カワサキハロウィン

     日本最大級のハロウィーンイベント「カワサキハロウィン(カワハロ)」の目玉企画であるパレードがあさって28日(日)、川崎駅東口一帯で開かれる。今年は従来のコース...(続きを読む)

  • 「避難」認識に個人差

    風水害対策

    「避難」認識に個人差 社会

    市、状況判断の重要性訴え

     台風24号が発生した9月30日から翌日にかけて、川崎市内の土砂災害警戒区域の4万2800世帯、9万3627人のうち36世帯、52人が避難所を利用した。利用率は...(続きを読む)

  • 盛り上げ隊が発足

    川崎区

    盛り上げ隊が発足 社会

    得意生かして地元楽しく

     川崎区に住む人たちが自らの手で地元を盛り上げようと活動する「川崎区盛り上げ隊!」が先月、正式に発足した。市全体が新たな地域連携の仕組みを模索する中での同隊の設...(続きを読む)

  • 定員枠561人不足

    川崎市認可保育所

    定員枠561人不足 社会

    市計画に遅れ、対策急務

     川崎市が公表した来春の認可保育所開設状況によると、定員増は1450人の見通しで、市が計画する2011人の受け入れ拡大を下回っていることが分かった。市は待機児童...(続きを読む)

  • 懐メロで認知症予防

    懐メロで認知症予防 文化

    ベンチャー企業が開発

     中学高校生時代に聴いていた音楽や映画を題材に思い出を語り合い、高齢者の認知症予防につなげるイベントがイトーヨーカドー川崎店と川崎港町店で今月31日か...(続きを読む)

  • 合葬墓で無縁化対策

    市営霊園

    合葬墓で無縁化対策 社会

    市、来年度に募集開始へ

     少子化などにより、墓の承継者がいなくなる無縁墓の対策として、川崎市は複数の遺骨を一緒に納める「有縁合葬墓」の募集を来年度から開始する。市営霊園墓所の無縁化を防...(続きを読む)

  • 小中生視野にまちゼミ

    小中生視野にまちゼミ 社会

    大師地区で10月9日から

     市民団体「川崎大師まちゼミの会」(星川孝宜代表)は第7回目のまちゼミを10月9日(火)から11月10日(土)まで開催する。初日は市立学校が一斉に休みとなる「か...(続きを読む)

  • 来春、駅名を変更へ

    大師線産業道路駅

    来春、駅名を変更へ 社会

    小中生から駅名募集

     京急電鉄(東京都港区・原田一之取締役社長)は大師線「産業道路駅」の駅名を変更すると発表した。同社創立120周年記念事業として沿線の小中学生から駅名変更案を募集...(続きを読む)

  • 参加事業所、1割止まり

    市独自介護施策

    参加事業所、1割止まり 社会

    3期目突入も認知度低く

     要介護状態の改善や維持を目的に、川崎市が独自に取り組む「かわさき健幸福寿プロジェクト」の第3期が7月から始まり、253事業所(9月14日時点)が参加している。...(続きを読む)

  • 記念誌に人気コラム収録

    市ふれあい館

    記念誌に人気コラム収録 文化

    「新作路」30年分の傑作選

     川崎市ふれあい館(川崎区桜本・田貞桃(チョンチョンド)館長)は同館設立30周年の記念誌をこのほど発行した。同館の歩みを紹介するとともに、発行するふれ...(続きを読む)

  • 市民館を子どもが占拠!?

    市民館を子どもが占拠!? 教育

    幸市民館でイベント

     幸区の幸市民館で子どもたちが楽しく遊べる場所づくりを目的としたイベント「市民館ジャック」が15日、開催された。主催は幸区地域教育会議(大塚謙一郎議長)と川崎市...(続きを読む)

  • 川崎区は最大5m浸水

    東京湾高潮

    川崎区は最大5m浸水 社会

    県想定 市、洪水マップ刷新へ

     県の検討会が先月公表した大型台風による臨海部の浸水想定を受け、川崎市は洪水ハザードマップ刷新の必要性を示した。検討会によると、浸水想定は川崎区を中心に最高5メ...(続きを読む)

  • JFE京浜、初代王座に

    JFE京浜、初代王座に 社会

    水泳日本社会人選手権で

     「第1回日本社会人選手権水泳競技大会」が9月1日、2日、新潟県長岡市であり、川崎区南渡田町を拠点にするJFE京浜水泳部が男子の部で優勝を果たした。...(続きを読む)

  • 今年11人、4年ぶり2桁

    風しん市内患者

    今年11人、4年ぶり2桁 社会

    市、特定世代の男性に注意

     川崎市内の風しん患者数が8月に急増し、今年の累計が11人(8月26日時点)となった。4年ぶりに2桁を超え、首都圏を中心に流行している。30代から50代の男性が...(続きを読む)

  • 塚越の魅力知って

    地元商店街とNPOがタッグ

    塚越の魅力知って 社会

    9日に手作りイベント

     幸区の塚越商店街の魅力を知ってもらう「塚銀フェス」と銘打ったイベントが9日(日)、塚越商店街で開かれる。地元商店街とまちおこしのNPO法人が組んで行う初の試み...(続きを読む)

  • 川崎から若者文化を発信

    川崎から若者文化を発信 社会

    市が基本方針素案

     川崎市は、ヒップホップをはじめとした「ストリートカルチャー」やBMX、スケートボードなどの「エクストリームスポーツ」といった若者文化を生かしたまちづ...(続きを読む)

  • 危険6校、9月撤去へ

    市立小中ブロック塀

    危険6校、9月撤去へ 教育

    市が前倒し 残り12校未定

     川崎市立小中学校のブロック塀などで建築基準法違反の疑いが見つかった24校について、市は特に危険性の高い6校で9月中に撤去する方針を示した。当初は新しいフェンス...(続きを読む)

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

http://www.daviusliving.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク