川崎区・幸区版

トップニュースの記事一覧

  • 「市民向け施設」設置検討も

    川崎市卸売市場

    「市民向け施設」設置検討も 経済

    経営プラン改訂へ

     南部(幸区)と北部(宮前区)にある川崎市の「卸売市場」に変化が起こりそうだ。市は昨年の市場法改正を受け、市場経営プランの改訂案を示している。大幅な規制緩和に伴...(続きを読む)

  • ひとり親家庭も対象に

    生活保護学習支援

    ひとり親家庭も対象に 教育

    市、13カ所で希望者募集

     川崎市が取り組む生活保護受給世帯の中学生を対象にした学習支援が、今年度からひとり親家庭の小中学生も対象となった。経済的に苦しい家庭の子どもへの支援を拡充するこ...(続きを読む)

  • 市議・県議21人が当選

    統一地方選川崎区・幸区

    市議・県議21人が当選 政治

    新人女性3人が議席

     統一地方選挙は今月7日、投開票され、川崎区・幸区あわせて21人の市議・県議が当選した。5人の新人が議席を獲得し、このうち3人の女性が当選した。...(続きを読む)

  • 今年も健在「昔の娘」

    かわさき楽大師

    今年も健在「昔の娘」 文化

    よさこい過去最多58チーム

     川崎区大師地区の春の一大イベント「第15回かわさき楽大師まつり」が来週末(20日、21日)、大師公園周辺で開催される。初日に行われる目玉イベント「厄除よさこい...(続きを読む)

  • 家庭ごみ回収に民間力

    川崎市

    家庭ごみ回収に民間力 社会

    多量、遺品整理など照準

     川崎市は、遺品整理や引っ越しなどで出る家庭の一時的な多量ごみを、来年度から民間業者が収集運搬することを認める方針を示した。これにより、市が定めるごみ収集日以外...(続きを読む)

  • 性の多様性理解呼びかけ

    金山神社

    性の多様性理解呼びかけ 文化

    あさって7日、「かなまら祭」

     川崎区大師駅前の若宮八幡宮(中村博行宮司)境内にある金山神社であさって7日(日)、恒例の「かなまら祭」が行われる。女装姿の担ぎ手たちが男性器を象った神輿を担ぐ...(続きを読む)

  • 通告など 10年で4.8倍

    川崎市児童相談所

    通告など 10年で4.8倍 社会

    福祉司、4月に7人増員

     川崎市によると、児童相談所(児相)が受けた児童虐待の相談・通告件数が2017年度に2368件あり、10年間で約4・8倍に増えていることがわかった。市は対応にあ...(続きを読む)

  • 選挙への意識を調査

    川崎JC

    選挙への意識を調査 政治

    幸区民を対象に 

     市議・県議選挙がきょう29日に告示された中、一般社団法人川崎青年会議所(川崎JC・大澤淳一理事長)は幸区民を対象に、選挙に対する意識調査を実施する。今回の選挙...(続きを読む)

  • 差別禁止条例にヘイト対策

    差別禁止条例にヘイト対策 社会

    市が骨子案示す

     川崎市は今月11日、あらゆる差別の根絶を目指す「(仮称)川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」の骨子案を公表した。在日コリアンをはじめとした外国人市民への...(続きを読む)

  • 52校、15人でカバー

    中学校給食栄養士

    52校、15人でカバー 教育

    センター方式は48校、11人

     全52校の川崎市立中学校における完全給食導入から1年以上が経過し、市は栄養士による食育指導の充実に取り組んでいる。48校分の給食を担う市内3カ所の給食センター...(続きを読む)

  • 設置指針 14年ぶり改定

    公共施設AED

    設置指針 14年ぶり改定 社会

    市、活用促進へ基準明確化

     川崎市は公共施設のAED(自動体外式除細動器)取り扱い基準を見直し、14年ぶりに新指針を定めた。今回の指針では設置すべき場所を追加し管理基準を明確にしたほか、...(続きを読む)

  • 神明町に来年春オープン

    幸区に新公園

    神明町に来年春オープン 社会

    幸区110カ所目

     幸区神明町に新しく公園ができることが明らかになった。かつて神明町老人いこいの家があった場所で、来年3月末の完成予定。幸区内では2015年の鹿島田2丁目公園以来...(続きを読む)

  • 食品ロス対策を強化

    フードバンクかながわ

    食品ロス対策を強化 社会

    今春、川崎労福協と連携

     賞味期限内に廃棄される食品(食品ロス)を回収し、生活困窮者らに無償提供するフードバンク事業が市内でも広がりつつある。発足1年を迎える公益社団法人フードバンクか...(続きを読む)

  • 1日限定ワンダーランドに

    富士見公園

    1日限定ワンダーランドに 社会

    24日、ドッグイベント

     飼い主と愛犬が楽しめる一日限りのドッグイベントが今月24日(日)、川崎区富士見の富士見公園内市民広場=写真=で開かれる。身近な公園に親しんでもらうと...(続きを読む)

  • 「健康寿命」解析へ前進

    「健康寿命」解析へ前進 社会

    市と慶大 1,000人基礎調査完了

     健康寿命の延伸や高齢者の生活の質向上を目指し、慶応義塾大学と川崎市が2年前から行っている「高齢者コホート学術研究」。85歳から89歳までの健康な市民を対象に、...(続きを読む)

  • 夢見ヶ崎の歴史を絵本に

    市内出版社が制作

    夢見ヶ崎の歴史を絵本に 社会

    物語通して郷土愛育む

     夢見ヶ崎動物公園や周辺地区の歴史を知り、住民らに地元への愛着を持ってもらおうと、幸区の市民団体が提案、地元出版社が制作した絵本「ゆめみがさきの ふしぎにゃトン...(続きを読む)

  • 全国初、女性採用から50年

    全国初、女性採用から50年 社会

    式典で初代職員ら語る

     川崎市で全国初の女性消防職員が誕生した1969年から今月で50年。これまで積み重ねてきた女性職員の経験や歴史を次世代に伝えようと、初代の女性消防職員らが今月1...(続きを読む)

  • 日本語支援を区事業に

    外国につながる子ども

    日本語支援を区事業に 教育

    サポート必要児童が急増

     川崎区は来年度、外国につながる子どもたちへの支援に取り組む。日本語に不慣れな小中学生が学校生活や地域生活に適応し、健全な生活を送れるように、日本語や教科の学習...(続きを読む)

  • 大師念仏が市文化財指定

    大師念仏が市文化財指定 文化

    習俗技芸では35年ぶり

     川崎市教育委員会は今月8日、「川崎大師引声(いんじょう)念仏・双盤(そうばん)念仏」(保存団体:川崎大師双盤講)を川崎市重要習俗技芸に指定した。市重要習俗技芸...(続きを読む)

  • 10月から運賃値上げ

    市バス

    10月から運賃値上げ 社会

    10円増の220円、コスト増で

     川崎市は市バスの運賃を消費増税と同じ10月に値上げするとし、条例改正案を今月12日開会の市議会定例会に提出した。車両更新や安全器具の費用増加、燃料費の高騰など...(続きを読む)

  • 子育て重点、基盤固めへ

    川崎市予算案

    子育て重点、基盤固めへ 社会

    一般会計 5年連続最大 7591億円

     川崎市は今月4日、総額で7591億円となる2019年度の一般会計予算案を発表した。5年連続の過去最大規模で福田紀彦市長は「新たな基盤づくり予算」と位置づけ、子...(続きを読む)

  • 市内3地区で効果検証

    シェア自転車

    市内3地区で効果検証 社会

    21年度の本格実施めざす

     川崎市は観光施設間の回遊性向上や公共交通機関の補完などを目的に、初めてシェアサイクルの実証実験を市内3地区で開始する。観光や放置自転車対策の効果を調べ、202...(続きを読む)

  • 4冠獲得に向け意気込み

    4冠獲得に向け意気込み スポーツ

    川崎F、新体制発表会見

     サッカーJ1・川崎フロンターレは先月27日、高津区の洗足学園音楽大学「前田ホール」で新体制発表会見を開いた。鬼木達監督をはじめ、元ブラジル代表のFWレアンドロ...(続きを読む)

  • 産業道路新駅で内覧会

    京急大師線

    産業道路新駅で内覧会 社会

    3月3日運行開始

     京急大師線で工事が進められてきた地下トンネルが完成し、川崎市と京急電鉄は先月26日と27日に産業道路駅で内覧会を行った。3月3日、午前10時ごろから地下運行が...(続きを読む)

  • 学級閉鎖、早めの急増

    インフルエンザ

    学級閉鎖、早めの急増 社会

    該当校患者 2日間で407人

     インフルエンザ患者の増加に伴い、臨時休業措置(学級閉鎖)を行う川崎市立学校が1月3週目から急増している。16、17日の2日間で、小中学校19校53学級が学年・...(続きを読む)

  • 球場ラーメン店主何処へ

    富士通スタ

    球場ラーメン店主何処へ スポーツ

    懐古イベントに向け情報募る

     富士通スタジアム川崎(川崎区富士見)が川崎球場の歴史を振り返る催しを企画している。来月2日の同スタジアムでの開催に向けて現在、様々な懐古イベントの準...(続きを読む)

  • 自転車事故が3割超

    川崎市交通事故

    自転車事故が3割超 社会

    利用者の6割「ルール違反」

     2018年の川崎市内の交通事故発生件数は3290件だった。そのうち自転車関係の事故は1000件で30・4%を占める。市はルール違反者にマナーアップ指...(続きを読む)

  • 救急出動 10年連続増加

    川崎市

    救急出動 10年連続増加 社会

    2020年新たに1隊増設へ

     川崎市内の救急車の出動件数が、2018年は過去最多の7万2854件(前年比3536件増)となり、10年連続で増加した。高齢化や人口増に加えて、厳しい猛暑も影響...(続きを読む)

  • 学校司書、4校に1人

    市立小

    学校司書、4校に1人

    市、全校配置へ年7人増員

     川崎市教育委員会は児童の読書活動を支援する学校司書の全市立小学校への配置を進めている。2015年度から3年間、モデル事業として21校に配置。今年度7人増員した...(続きを読む)

  • 有休「年5日取れず」最多

    市内事業所

    有休「年5日取れず」最多 社会

    モデル企業選定で啓発へ

     今年4月に施行される国の働き方改革関連法に伴い、年5日以上の有給休暇取得が義務付けられる。川崎市の2018年度「労働状況実態調査」の速報値では、有休取得率20...(続きを読む)

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク