幸区版 掲載号:2015年5月8日号 エリアトップへ

鹿島田の七夕夜店中止に 安全確保が困難に

社会

掲載号:2015年5月8日号

  • LINE
  • hatena
昨年も1万人以上が来場した
昨年も1万人以上が来場した

 鹿島田地区最大のイベント七夕夜店が今年は中止となった。イベントを主催するかしまだ駅前通商店街振興会の理事会でこのほど決定した。中止の理由は、現状の体制では来場者の安全を確保することが困難になったこと。今回の中止により、34年の歴史に幕が下ろされる可能性もあるという。

 七夕夜店は、かしまだ駅前通商店街の利用者への感謝イベントの一環として34年前からスタート。毎年7月の第1週の土曜日に開催していた。25年前からは同商店街を通る片側1車線の道路を全長300メートルに渡り歩行者天国にするなど、近年では毎年1万人以上(主催者発表)が来場していた。

 しかし、来場者の増加とともに、安全面についての課題が多く上がっていたという。

 300メートルという短い距離に1万人以上もの人が集うため、万が一露店での事故が発生した場合、大きな被害に発展してしまう危険性や、歩行者天国の実施前後の時間では、露店主が歩道で開店・閉店準備を行うため、歩行の妨げとなり車道を歩く来場者が増えていることで交通事故発生の危険性が年々高まっていたという。

 安全性の確保について同商店街でも、警備員やボランティアの増員、歩行者天国の延長などを実施してきたが根本的な解決にならず、今回の中止を決めた。

 同商店街振興会の境野勇雄理事長代行は「楽しみにしていた方々には本当に申し訳ない。商店街としても非常に残念。ただ来場者の安全を最優先に考えなければならない。事故が起きてからでは遅い」と話す。

 地域住民からは「毎年楽しみにしていたお祭り。このまま街の活気も一緒になくなってしまわないかが心配」などの声が聞かれた。

 同商店会振興会では「次回以降の開催はまだ未定」としているが、歩行者天国を行うために必要な道路占有許可などを新規に受けることが現在は難しくなっており「今後も開催しない可能性もある」としている。

幸区版のトップニュース最新6

南武線が90周年

JR東日本

南武線が90周年 社会

川崎〜登戸駅間で記念企画

2月24日号

リノベで空き家・創業者支援

川崎市

リノベで空き家・創業者支援 社会

スクールや検討会など開催

2月24日号

先見性高い継続事業充実を

幸区17年度事業

先見性高い継続事業充実を 社会

「他区の手本となるよう尽力」

2月17日号

福田市長らに請願書提出

ミニたまゆり子ども議会

福田市長らに請願書提出 社会

児童目線の町づくり議案

2月17日号

条例制定求めアピール

ヘイト対策

条例制定求めアピール 社会

斎藤文夫さんらが登壇

2月10日号

子育て支援に重点

川崎市2017年度当初予算案

子育て支援に重点 政治

過去最大規模7,088億円を計上

2月10日号