幸区版 掲載号:2015年6月19日号 エリアトップへ

川崎市議会 特別秘書設置の是非問う 6月定例会スタート

政治

掲載号:2015年6月19日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市議会の6月定例会が15日に開会した。上程された議案は条例、補正予算など33件。福田紀彦市長が昨年9月に提出しようとし、取り下げた市長の特別秘書の設置に関する議案も含まれており、議会の判断に注目が集まる。

 福田市長は8日、市議会6月定例会に提出する議案を発表。特別職の市長の秘書(特別秘書)を設置する議案も含まれていた。

 特別秘書は、公務員の秘書とは異なり、政治的な要素など公務員法の制限を受けずに職務ができる。東京都や横浜市などで設置されている。

 川崎市の特別秘書設置に関する条例案は、定数2人以内、任期は1年で再任が可能。給料は月給、地域手当、期末手当などを含めると上限は年間1000万円を超す。退職金は任期ごとに支払われる。一般会計の補正予算案には特別秘書の給与も追加された。

 任命には議会の同意が不要で市長が指名する。

 8日の記者会見で福田市長は「私の掲げる施策の実現や市政の円滑な運営のためには様々な機会やネットワークを効果的に活用することが重要。私の活動を補佐するスタッフ職の設置が不可欠と認識している」と特別秘書設置の必要性を説明した。

 昨年9月の議会で福田市長は、特別秘書設置の議案を提出するつもりだったが、議会の反発などから取り下げている。9カ月後に改めて提出となったが、内容の変更はない。福田市長は「この件とは別問題だが議会から指摘された私の退職金の話などはクリアしてきた。(改選後の)新しい議会になって一つのタイミングだと思っている」としている。

 一方、議員からは「市長が求める人材は副市長では務まらないのか」「財政が厳しいなかで給料があまりにも高額」「人選は市長に白紙委任することになる」といった反対の声もあがっており、市長が提出した原案通りで可決するのは厳しい情勢といえそうだ。

 特別秘書の設置に関する議案は、総務常任委員会に付託され審議される見通し。常任委員会は6月26日、29日に開かれる。7月2日の本会議で委員長報告され、採決される。

 また、代表質問は6月24日(自民、公明)、25日(民主みらい、共産)に行われる。

幸区版のトップニュース最新6

南武線が90周年

JR東日本

南武線が90周年 社会

川崎〜登戸駅間で記念企画

2月24日号

リノベで空き家・創業者支援

川崎市

リノベで空き家・創業者支援 社会

スクールや検討会など開催

2月24日号

先見性高い継続事業充実を

幸区17年度事業

先見性高い継続事業充実を 社会

「他区の手本となるよう尽力」

2月17日号

福田市長らに請願書提出

ミニたまゆり子ども議会

福田市長らに請願書提出 社会

児童目線の町づくり議案

2月17日号

条例制定求めアピール

ヘイト対策

条例制定求めアピール 社会

斎藤文夫さんらが登壇

2月10日号

子育て支援に重点

川崎市2017年度当初予算案

子育て支援に重点 政治

過去最大規模7,088億円を計上

2月10日号