幸区版 掲載号:2015年6月19日号 エリアトップへ

古川町在住酒井春姫(はるき)さん 3年連続で空手全国大会に 形女子の部で優勝目指す

スポーツ

掲載号:2015年6月19日号

  • LINE
  • hatena
全国大会を前に気合を入れる酒井さん
全国大会を前に気合を入れる酒井さん

 古川町在住の酒井春姫さん(下平間小学校3年)が5月24日、寒川総合体育館で行われた神奈川県春季少年少女空手道選手権大会で優勝し、3年連続の全国大会出場を決めた。出場したのは、形個人戦小学3年生女子の部。8月の全国大会では、初優勝を目指す。

 同大会は空手に励む小中学生が、形と組手それぞれの部門で県内一を競う。春と秋に開催されており、全国大会出場の予選も兼ねている。

 酒井さんは1年生の時から出場し、上位二人が出場できる形の部県代表として3年連続での全国出場を決めた。「今年は優勝で出場が決まって良かった。練習がつらい分、試合に勝つと嬉しい」と喜びを表す。

 日本一を争う全日本少年少女空手道選手権大会は8月9日に東京武道館で開かれる。初出場の時はベスト32、昨年は5位に終わった。

 酒井さんは「(ライバルの)万優(まひろ)ちゃんに勝ちたい」と話す。同学年の高野万優さん(新潟県代表)は、2年連続で優勝している最大のライバル。高野さんは同学年の相手には1回しか負けたことがなく、その時の相手が酒井さん。それから意識するようになった二人はライバルでありながら、お互い手紙でエールを送るなど交流を続けている。負けず嫌いで2位だと泣いてしまうという酒井さんは「全日本大会では金メダルを取りたい」と意気込む。

 4歳から空手を始めた酒井さんは、泊親会川崎(佐々木公一代表)に所属。1年生の時に泊親会初段を取得した。酒井さんは空手だけでなく、剣道や水泳も習っており、間合いやバランス感覚などが空手にも役立っているという。

 習い事は母の瑞穂さんが送り迎えをしており、「お母さんや指導してくれる方には感謝しています。もっと優しくしてほしいけど」と微笑む。酒井さんは川崎市大会を4連覇、泊親会全国大会2連覇など多くの実績を残している。
 

幸区版のトップニュース最新6

南武線が90周年

JR東日本

南武線が90周年 社会

川崎〜登戸駅間で記念企画

2月24日号

リノベで空き家・創業者支援

川崎市

リノベで空き家・創業者支援 社会

スクールや検討会など開催

2月24日号

先見性高い継続事業充実を

幸区17年度事業

先見性高い継続事業充実を 社会

「他区の手本となるよう尽力」

2月17日号

福田市長らに請願書提出

ミニたまゆり子ども議会

福田市長らに請願書提出 社会

児童目線の町づくり議案

2月17日号

条例制定求めアピール

ヘイト対策

条例制定求めアピール 社会

斎藤文夫さんらが登壇

2月10日号

子育て支援に重点

川崎市2017年度当初予算案

子育て支援に重点 政治

過去最大規模7,088億円を計上

2月10日号