幸区版 掲載号:2016年2月26日号 エリアトップへ

球史に残る「10・19」を懐古 3月5日、富士通スタで

スポーツ

掲載号:2016年2月26日号

  • LINE
  • hatena
名勝負が行われた川崎球場
名勝負が行われた川崎球場

 あの日から1万日――。プロ野球史に残る名勝負が繰り広げられ、川崎球場(現・富士通スタジアム川崎)史上最も印象に残るゲームの一つして知られる「10・19」を懐かしむイベントが3月5日(土)、富士通スタジアム川崎で開かれる。当時のロッテオリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)の応援団員とともに川崎球場の面影を巡るツアーやプロ野球ギャラリーの特設等、ファンにはたまらない内容だ。

 プロ野球ファンの間で語り草となっている「10・19」は、1988年、当時川崎球場を本拠地としていたロッテオリオンズ対近鉄バファローズ(現オリックスバファローズ)のダブルヘッダー。2連勝すれば、近鉄のパ・リーグ制覇が決まる中で死闘が繰り広げられた。1試合目は近鉄が逆転勝ち、2試合目は終盤でロッテが同点に追いつき、近鉄の優勝を阻んだ。日頃は閑散としていたスタンドが満員となり、テレビ中継では高視聴率を記録。2010年に日本プロ野球機構が行った「最高の試合」調査で2位に選ばれている。

 指定管理者として同スタジアムを運営する川崎フロンターレの田中育郎支配人によると「新聞の社会面にまで書かれたスポーツ史上でも印象的な出来事」だけに、同スタジアムに開設されたギャラリーに足を運ぶ人が少なくないという。昨年10月19日には熱烈なパ・リーグファンが集まり、昔話に花を咲かせる光景が見られたという。

 3月5日に開催される「川崎球場10・19〜あれから10000日目〜」と銘打ったイベントは試合が行われた日からちょうど1万日目にあたる。また、秋に企画されている10・19イベント(日程は未定)のプレ版でもある。正午から午後4時まで行われ、「スタジアムツアー」では応援団員として活躍し千葉ロッテマリーンズの球団職員を務めた横山健一さんの思い出話を聞きながら見学。当時の内野フィールドを再現したフィールドをつくり、選手パネルの展示やグローブとボールを持ち込めばキャッチボールができるスペースを設置する。同スタジアムに隣接するかわQホールではプロ野球に関する書籍やお宝グッズを展示する特別ギャラリーが開設される。

 参加費は無料。問い合わせは同スタジアム(【電話】044・276・9133)。

幸区版のトップニュース最新6

南武線が90周年

JR東日本

南武線が90周年 社会

川崎〜登戸駅間で記念企画

2月24日号

リノベで空き家・創業者支援

川崎市

リノベで空き家・創業者支援 社会

スクールや検討会など開催

2月24日号

先見性高い継続事業充実を

幸区17年度事業

先見性高い継続事業充実を 社会

「他区の手本となるよう尽力」

2月17日号

福田市長らに請願書提出

ミニたまゆり子ども議会

福田市長らに請願書提出 社会

児童目線の町づくり議案

2月17日号

条例制定求めアピール

ヘイト対策

条例制定求めアピール 社会

斎藤文夫さんらが登壇

2月10日号

子育て支援に重点

川崎市2017年度当初予算案

子育て支援に重点 政治

過去最大規模7,088億円を計上

2月10日号