幸区版 掲載号:2016年3月18日号

神奈川県

消防団応援事業を導入 社会

先行の川崎市は入団促進に期待

 川崎市や横浜市2区が進めている消防団応援事業が神奈川県で今年4月頃から導入されることが分かった。消防団員が団員手帳などを提示すると地域の商店や商業施設などでサービスなどが受けられるもので、消防団員のメリットを増やすことで新規入団を促していきたいとしている。

 消防団応援事業は、「応援事業所」の登録を受けた商店や商業施設などで消防団員が「消防団手帳」を提示すると様々なサービスが受けられるというもの。

 2月の県会議本会議で川本学県議が質問し、防災局長が「順次店舗の登録を進め、市町村と連携して制度を充実していきたい」と答弁。4月からスタートさせる予定だという。

 昨年7月から先行してサービスを行っている川崎市では、現在、市内約20店舗の飲食店や理容室、文具店などが応援事業所となっている。各店舗は「ドリンク1杯無料」や「理容代金から500円割引」などのサービスを用意している。

 しかし、市内でこのサービスの利用者は現在のところ確認されていない。市のホームページや会合でアナウンスをしているが、団員が知らないことも少なくない。そんな中、県で事業化となれば周知やサービスの量的な拡充につながるという。川崎市消防局では「県下一斉での取り組みに広がれば、使用できる店舗も増えてメリットが増える。消防団の加入促進としても良い取り組みではないか」と話している。

消防団員の成り手不足

 現在、川崎市内の消防団員数は1181人(15年4月1日現在)いるが、定数は1345人で164人足りていない。南部は特に不足が目立ち、幸消防団は定数183人に対して158人となっている。また、この状況はここ5年以上続いているという。

 消防団は地域の防災活動の担い手であり、災害時には消火や救助といった消防活動を行っている。14年は144件の火災現場に述べ2501人が出動している。かつては地域で事業を営む個人事業主や町会役員らが団員となっていたが、最近では個人事業主の減少や自治会・町会加入者自体の減少などが要因で団員数が減少している。応援事業が消防団員の入団促進の一手になるか期待が集まる。

関連記事powered by weblio


幸区版のトップニュース最新6件

南武線が90周年

JR東日本

南武線が90周年

2月24日号

リノベで空き家・創業者支援

先見性高い継続事業充実を

幸区17年度事業

先見性高い継続事業充実を

2月17日号

福田市長らに請願書提出

ミニたまゆり子ども議会

福田市長らに請願書提出

2月17日号

条例制定求めアピール

ヘイト対策

条例制定求めアピール

2月10日号

子育て支援に重点

川崎市2017年度当初予算案

子育て支援に重点

2月10日号

関連記事(ベータ版)

幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年2月24日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/