幸区版 掲載号:2016年7月29日号 エリアトップへ

川崎市 新ロゴ発表 市政100周年などを見据え

文化

掲載号:2016年7月29日号

  • LINE
  • hatena
新しくお目見えしたロゴ(左上)と市政70周年を記念して作成され、長年使われてきた旧ロゴ
新しくお目見えしたロゴ(左上)と市政70周年を記念して作成され、長年使われてきた旧ロゴ

 川崎市は今月15日、2020年の東京五輪・パラリンピックや2024年の市制100年を見据えた新しいロゴとメッセージを発表した。同日から使用を開始し、これまで使われてきたロゴ新しいものへと順次差し替えていく。

 市によると、昨年3月からロゴの一新を検討。市民3千人を対象としたアンケートなどを経て、今年3月から4月に4つのデザイン案を示し、意見を公募。最も賛同の多かったデザインを選んだ。

 新ロゴは、多彩な魅力を持つ川崎の多様性を包含するイメージでつくりあげた。川の文字をモチーフとしたデザインで赤、緑、青の三原色で構成している。また、ロゴの下や隣には「Colors Future! いろいろって、未来。」といったメッセージが添えてある。

民間企業等の利用も可能に

 会見で福田紀彦市長は「これからの10年は川崎が飛躍するチャンス。(ロゴを使って)これまで培ってきた歴史、魅力、価値を対外的に発信し、市民のシビックプライド(街への愛着)

の醸成につなげていきたい」と力を込める。

 新ロゴは、市政だよりや市職員の名刺、市バス、ごみ収集車の車体、市が発行する冊子をはじめ、市民祭りや区民祭、多文化フェスタといった市関連のイベントで旧ロゴと差しかえて順次使用。

 市によると、民間企業や団体の使用も可能。「まちを元気にする機会。ぜひ相談してもらいたい」とも福田市長は呼びかける。