幸区版 掲載号:2016年9月23日号 エリアトップへ

川崎市保育所等 利用児童数が全国2位 待機児童 総数386人増

社会

掲載号:2016年9月23日号

  • LINE
  • hatena

 保育所などの入所を申請しても利用できない全国の待機児童数が、4月1日時点で2万3553人、前年比で386人増加したと厚生労働省が今月発表した。川崎市では、定員が前年比で1870人増加し、全国の地方自治体の中で5番目。利用者も1989人増えており、横浜市に次いで2番目に多かった。

 市担当者は「就学前の子どもの数が右肩上がりで増えている。入所の申請率も同様で、入所希望者が年々増加傾向にある」と話す。

定員・利用者とも増

 保育所等の定員は全国で約263万人(前年比約10万3千人増)、利用者数は約246万人(前年比約8万5千人増)にのぼり、いずれも増加していることが背景にある。

 保育所等の利用申請の受付開始を控え、川崎市内の各区児童家庭課では10月に利用者向け説明会を開く。市担当者は「保育所の数を増やすだけではなく、市の認定保育園など多様な選択肢があることを多くの利用希望者に周知していく。一人ひとりに合った保育の利用方法が見つけられるよう、選択肢を知ってもらいたい」と話す。

 各区の保健福祉センター児童家庭課では、申請結果が公表される1月末から2月ごろにかけての時期に、平日夜間や土曜日に窓口を開けて、各種相談などに対応する予定だ。

 説明会の問い合わせは幸区保健福祉センター児童家庭課【電話】044・556・6731。

幸区版のローカルニュース最新6

TARO賞、26作品集う

岡本太郎美術館

TARO賞、26作品集う 文化

4月9日まで作品展

2月24日号

30項目で初動体制確認

30項目で初動体制確認 社会

幸区春の防災訓練で

2月24日号

9人に自治功労賞

9人に自治功労賞 社会

「今後も市政の発展に寄与する」

2月24日号

エイサーの迫力に魅了

エイサーの迫力に魅了 社会

白山幼稚園で演舞会

2月24日号

障害者スポーツを体験

2月25日

障害者スポーツを体験 スポーツ

富士通スタでFD競技会も

2月24日号

総力戦で勝利つかむ

川崎ブレイブ

総力戦で勝利つかむ スポーツ

大阪に1勝1敗

2月24日号