幸区版 掲載号:2016年12月16日号 エリアトップへ

南加瀬在住石井秀幸さん 動物園の魅力、サイトで紹介 動物やイベントの写真を掲載

文化

掲載号:2016年12月16日号

  • LINE
  • hatena
(上)サイトを作成した石井さん(下)開設したHP
(上)サイトを作成した石井さん(下)開設したHP

 南加瀬在住のウェブデザイナー、石井秀幸さん(30)が、夢見ヶ崎動物公園の魅力を発信するホームページやSNSを立ち上げた。同園の岩瀬耕一園長の公認。趣味の写真の腕前を活かして、動物やイベントを紹介する。

 石井さんは南加瀬出身で、夢見ヶ崎動物公園のそばで生まれ育った。夜も動物の鳴き声が聞こえるほど近く、かねてから同園に親しみを感じていた。

 立ち上げのきっかけは昨年の6月頃、石井さんが社内で雑談をしていたときのこと。同園を紹介しようと市ホームページ見た際に、「もっと魅力的な見せ方ができるのでは」と感じた。市内在住者でも同園を知らない人もいたことなどから、認知度向上にも繋げたいと、ウェブデザインや趣味の写真を活かしてサイトの立ち上げを模索していた。

 今年の7月頃、岩瀬園長にサイトを作成したいと話をしたところ、園長が快諾。園長の公認でサイトの立ち上げが決まった。サイトの開設に先立ち、SNSサイトのフェイスブックとインスタグラムを作成し、8月頃から情報発信を開始。立ち上げまでに週末は同園に動物の写真撮影に通い、10月中旬に行われた秋の動物公園まつりに合わせてサイトを公開した。

 サイトの特徴は、動物の顔をアップの写真で紹介していること。サイトで興味を持って、同園を訪れて動いている様子や全身を見てほしいと願っている。

 石井さんは「今後は、イラストも交えてより親しみを持ってもらえるようにしたり、親が子どもに話したくなるような動物の豆知識なども載せたりしていきたい」と意気込む。【ホームページ】http://www.yumemizoo.com/【フェイスブック】https://www.facebook.com/yumemi.zoo/【インスタグラム】アカウント:@yumemi.zoo

幸区版のトップニュース最新6

南武線が90周年

JR東日本

南武線が90周年 社会

川崎〜登戸駅間で記念企画

2月24日号

リノベで空き家・創業者支援

川崎市

リノベで空き家・創業者支援 社会

スクールや検討会など開催

2月24日号

先見性高い継続事業充実を

幸区17年度事業

先見性高い継続事業充実を 社会

「他区の手本となるよう尽力」

2月17日号

福田市長らに請願書提出

ミニたまゆり子ども議会

福田市長らに請願書提出 社会

児童目線の町づくり議案

2月17日号

条例制定求めアピール

ヘイト対策

条例制定求めアピール 社会

斎藤文夫さんらが登壇

2月10日号

子育て支援に重点

川崎市2017年度当初予算案

子育て支援に重点 政治

過去最大規模7,088億円を計上

2月10日号