多摩版 掲載号:2018年5月24日号
  • LINE
  • hatena

「喜んでもらえるのは同じ」 夢の国から転身 浅井祐一さん

社会

 「ディズニーランドでも、ここでも音楽で感動を与えること、聴いて喜んでもらえるのは同じですね」と話すのは、特別養護老人ホーム愛生苑に介護士として勤務する浅井祐一さん(49)だ。

 10年程前まで、東京ディズニーランドのマーチングバンド「TDLバンド」でトロンボーン奏者として活動していた。年齢的なこと、妻が介護の仕事をしていたこともあり転身を決意。派遣職員で働きながら資格を取得し、愛生苑で働くことになった。

 今は入居者の生活を支えながら、施設のミニコンサートやクリスマス会などのイベントで演奏する。「音楽には元気になったり、喜んでもらえる力がある。その姿をみると嬉しいですね」。これからも入居者に喜んでもらうため演奏を続ける。
 

多摩版のローカルニュース最新6件

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

プロと「マンガ」描く

プロと「マンガ」描く

豊ヶ丘で 小中学生対象

2月24日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク