伊勢原版 掲載号:2011年7月8日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

充実した医療・介護と設備で「安心」と「サービス」を提供 介護老人保健施設 めぐみの里 入居者・通所リハビリテーション 利用相談開始

自然と調和したやすらぎライフを
自然と調和したやすらぎライフを

 第四期秦野市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画に基づき、今年10月1日秦野市渋沢に「介護老人保健施設めぐみの里」がオープンする。運営する医療法人社団佑樹会は介護老人保健施設の運営に特化した法人で、都内で介護老人保健施設を2施設運営、この秦野市渋沢で3施設目となる。

 同施設では、介護やリハビリ、医療、日常生活上のお世話などを専門家のサポートにて提供。利用者のニーズに合わせた日常生活を営むことができる。

 めぐみの里が力を入れているのはリハビリテーション。基準人数を上回る理学療法士、作業療法士等の専門職員が勤務し、従来の形式的な方法にとらわれず、その人らしい生活が取り戻せるケアスタイルをとっていくという。利用者個々に合ったプランを用意、スタッフが親身になって毎日の生活をサポートする。

 入居定員は100人、通所は最大70人収容可能な広々3階建て。スタッフの目が行き届くよう各フロアの中心にサービスステーションが設けられた安心設計。3階は認知症ケア専門フロア。浴槽はすべて個浴で、利用者のプライバシーを尊重した安全で優しい作り。料金設定も通所リハの食事代が400円(税込)と抑えられおやつ代が無料と利用者への気遣いが見える。

 オープンに向けての準備は着々と進行中。現在、利用希望者の相談に順次応じている。
 

伊勢原版のピックアップ(PR)最新6件

乳がん「早期発見・治療が大切」

医療レポート

乳がん「早期発見・治療が大切」

3月16日号

準備が9割『相続対策』

もめない相続 幸せの相続対策

準備が9割『相続対策』

3月16日号

桜さくら ら・ら・ら

春らんまん♪桜特別号

桜さくら ら・ら・ら

3月10日号

春のリフォームから小工事まで地域密着ならダイカンにお任せ!

全国で「健康ダイエット教室」を開催

「スマホ」を使おう

参加無料

「スマホ」を使おう

3月9日号

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク