伊勢原版 掲載号:2012年12月21日号
  • googleplus
  • LINE

あす図書館でクリスマス会を開く「おとうさん・おじいちゃんのおはなし会」の代表 小出 勝義さん 83歳

朗読も宝くじも大声で

 ○…園児や小学生に絵本の読み聞かせや朗読をする男たちがいる。市立図書館の講座を機に2008年に発足したボランティアサークル「おとうさん・おじいちゃんのおはなし会」だ。現在6人の会員で活動し、読書週間や季節に合わせてイベントを行う。あす12月22日には恒例のクリスマス会を図書館で開催する。「楽しんで、元気になって」。83歳の会長の表情はとても艶やかだ。

 ○…秦野市在住だが、伊勢原寄りの鶴巻に暮らす。読書好きでよく図書館を利用するが「家から近いから」と伊勢原の図書館に通う。交通手段は自転車。おはなし会の活動を始めた4年前から家と図書館の往復は増えた。そんな運動の成果もあり「悪い所はないから病院に来ないで」と医者に言われるくらい健康。毎朝、掃除機がけと床の乾拭きを1時間こなしてから朝食。昼・夜は腹八分目、酒は少々。健康の秘けつは「好きなことをし、暴飲暴食はしないこと」だとか。

 ○…東京に生まれた。勤労学徒として陸軍造兵廠で働いていた時に終戦。その後、明治大学の夜間部に進み、昼間は都内の製造工場で経理を担当。卒業後も電器メーカーなどで経理畑を歩いた。30歳で結婚、自宅購入を機に秦野へ。2人の子どもは独立し現在は妻と2人で暮らす。会社を退職してからは、おはなし会のほか、歌の市民講座にも参加し、ステージに立つ。「読み聞かせ、朗読、歌…。声を出すことが好きなんだろうね」と大声で笑う。

 ○…高齢者に紙芝居や朗読を披露する慰問活動も4年前から始めた。「いつまでできるか分からないけど、人の役に立てるならこんなうれしいことないし、続けたいって思うわ」。年末年始の予定を尋ねると「三が日は子ども、孫がやって来る」とうれしそう。楽しみはもう一つ。「年末の宝くじだよ。昔、100万円を当てたこともあるんだ。このくじ運で今年も当たれ」。また大声で笑った。
 

伊勢原版の人物風土記最新6件

落合 順子さん

市立図書館で朗読体験連続講座の講師を務める

落合 順子さん

2月16日号

越水 真理さん

国際交流を行う「ワールドキャンパスいせはら」の代表を務める

越水 真理さん

2月9日号

藤原(ふじはら) 京子さん

伊勢原聖書キリスト教会でゴスペルクワイアを立ち上げる

藤原(ふじはら) 京子さん

2月2日号

半田 真一郎さん

県バスケットボール協会専務理事として神奈川県体育功労者表彰を受賞した

半田 真一郎さん

1月26日号

志村 功さん

1月1日付で伊勢原市観光協会事務局長に就任した

志村 功さん

1月19日号

吉川(きっかわ) 翔太(しょうた)さん

神戸青年会の会長を務める

吉川(きっかわ) 翔太(しょうた)さん

1月12日号

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク