伊勢原版 掲載号:2014年12月26日号 エリアトップへ

春高バレー1月5日 伊勢原、京都橘と初戦 県予選に続く「橘」撃破に期待

スポーツ

掲載号:2014年12月26日号

  • LINE
  • hatena
「全員バレー」を誓った古谷主将と中坂監督
「全員バレー」を誓った古谷主将と中坂監督

 「春高」の名で知られる全日本バレーボール高校選手権大会が1月5日(月)、東京都渋谷区の東京体育館で開幕。18年ぶり16回目の出場となる伊勢原高校女子(中坂慎次郎監督/29人)は同日午後4時45分、メインアリーナAコートで京都橘(京都)と対戦する。

 11月9日の県予選準決勝で、市立橘の21年連続出場を阻止して春高切符を手にした伊勢原。初戦の京都橘は18年連続で春高出場、10月の国体で準優勝している強豪だ。関係者の間では「橘有利」の見方が強い。

 しかし、伊勢原に臆するところはない。京都府出身の中坂監督は「強いということはよく知っていますが、パワーならうちは負けていない」と分析する。 

 監督が攻撃の要に挙げたのは、ここまでチームを引っ張ってきた古谷ちなみ主将(3年)。速さと強さを備えたアタックでチームの躍進を支えてきた。古谷主将は「県予選の時と同じように、もう一度”橘”に勝利したい」と意気込む。

 「この代は勝つべくして勝ったチームです」。こう話すのは5年ほど前からチームに帯同する鍼灸マッサージ師の下田吉紀さん(30歳)。現チームの一体感や熱気を間近で感じてきた下田さんは「個々のケガも治りつつあり、全体のコンディションも良い。期待しています」とエールを送る。

 当日は保護者や学校関係者、OGら1千人以上が駆けつける。「すべての方に感謝して全員バレーを出し切ります」と主将。古谷組の最終章が始まる。

伊勢原版のローカルニュース最新6

平均工賃が1年で倍増

CLOSE UP

平均工賃が1年で倍増 社会

就労継続支援B型 地域作業所ドリーム

11月26日号

日本の伝統文化を学ぶ

日本の伝統文化を学ぶ 文化

自修館の生徒が茶道体験

11月26日号

28日に素人落語大会

入場無料

28日に素人落語大会 文化

市民文化会館小ホール

11月26日号

東日本大会で3位

伊勢原クラブ

東日本大会で3位 スポーツ

中学生の選抜チーム

11月26日号

自宅療養者をサポート

秦野伊勢原医師会

自宅療養者をサポート 社会

「神奈川モデル」導入

11月26日号

笑顔溢れた2日間

笑顔溢れた2日間 社会

大句地区で文化祭

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook