伊勢原版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

署員と団員が防火訪問 「心強い」「ありがたい」と感謝の声

社会

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena
古谷さん(左)に聞き取りを行う署員たち(23日撮影)
古谷さん(左)に聞き取りを行う署員たち(23日撮影)

 伊勢原市の消防署員と女性消防団員が2月23日と25日、一人で暮らす市内の高齢者宅を戸別訪問し、防火を呼びかけた。

 「直接会って話を聞き、少しでも不安を解消してもらおう」と毎年行われているこの取り組み。今年は春の火災予防運動に合わせて、2日間で65歳以上を対象におよそ40世帯を巡回した。

 23日午後、消防本部予防課の越地修平さん(写真中央)たちは、上粕屋に住む古谷伊勢子さん(81歳)宅を訪問した。越地さんは、火の使用状況や消火器の有無などをくわしく調査したほか、時折、世間話を交えながら日常生活で感じる苦労や不安について本音を聞き出していった。

 消火器を持っていないという古谷さんに「社会福祉協議会に申し込めば消火器がもらえます」と申込書を手渡した越地さん。ほかにもガスコンロ付近のカーテンやほこりの付いたコンセントを指して「火災の危険がひそんでいるので、日ごろから十分気をつけてください」と注意も促した。

 「防火訪問はとても心強いです」と古谷さん。最近経験した度重なる訪問販売への不安を打ち明けたところ、警察への相談を勧めてくれた越地さんに「親身になってくれてありがたいです」と感謝を述べた。

 防火訪問は今日27日も実施予定。訪問にさきがけ、今回対象となった世帯には、消防本部から事前に通知書が郵送されている。消防本部によると、消防署員が事前通達をしないで戸別訪問をすることはないという。越地さんは「署員をかたる詐欺などに注意をしてください。少しでも不安やご相談があれば、お気軽にご連絡をください」と呼びかけている。

 問い合わせは市消防本部/【電話】0463・95・2119予防課

伊勢原版のローカルニュース最新6

「若手の力」をPR

「若手の力」をPR 経済

初のイベントにぎわう

11月15日号

中学生がSDGs(エスディージーズ)を周知

中学生がSDGs(エスディージーズ)を周知 社会

(株)アマダで講演会

11月15日号

高山市長が東松山市訪問

高山市長が東松山市訪問 政治

台風被害で見舞金

11月15日号

星空と音楽に酔いしれる

星空と音楽に酔いしれる 社会

風海で17日

11月15日号

ふれあいまつりが盛況

ふれあいまつりが盛況 経済

JA湘南 大田GC

11月15日号

豆腐づくりを体験

大田小

豆腐づくりを体験 教育

外部指導者招き授業

11月15日号

平成の日本文芸

参加者募集

平成の日本文芸 文化

読んでおきたい10作

11月15日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 議会報告会を開催します

    伊勢原市議会 会派「いせはら未来会議」 会派報告

    議会報告会を開催します

    伊勢原シティプラザで11月23日(祝)

    11月15日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク