伊勢原版 掲載号:2017年8月18日号 エリアトップへ

8月24日に地蔵盆を行う大宝寺の住職を務める 佐々木 元洋さん 伊勢原在住 43歳

掲載号:2017年8月18日号

  • LINE
  • hatena

縁 を 大 切 に

 ○…伊勢原の街中、駅からほど近い場所にある浄土宗千手山「大宝寺」。昨年4月、父である先代住職の後を継ぎ、同寺の住職に。8月24日(木)に同寺で行われる「地蔵盆法要」。境内ではそれに合わせてISEHARA FREAKSのイベント、本町商店会の大抽選会も実施される。「お寺で一緒にイベントを行うこと。これも縁あってのこと。多くの人に来てもらい、楽しんでもらいたい」と話す。

 ○…生まれも育ちも伊勢原。小さい頃はお寺が遊び場だった。住職だった父の背中を見て育ち、自然と仏の道へ進む。京都の佛教大学へ進学し、卒業後はすぐに僧侶として実家に入った。中高と部活はバスケット、大学時代は好きな音楽を楽しむためにDJをしていたという。現在の趣味は、8年前にお世話になっている檀家さんに勧められて始めたゴルフ。始めると何でも一生懸命で、「始めたらしっかりやらないと気が済まないタイプ。中途半端はダメです」と笑う。

 ○…延命子育地蔵尊をはじめ、境内には数多くの地蔵尊が安置される。同寺は1720年頃に、市内に流行した疫病を防ぐために子育大地蔵尊を建立。多くの信仰を集め地蔵尊が奉納され、千体地蔵と称された。毎年8月24日には大祭が開かれ、平成に入って大きな数珠を使った「百万遍念仏数珠繰り法要」が地蔵盆のメーンとなった。住職になり1年半、「多くの助けがあってやってこれました」と振り返る。また、多くの人と話す機会も増え、自身のことを口下手と笑うが「大切なことはしっかりと伝えたい」と力強く話す。

 ○…寺を預かる身として「いつ何があるか分からないもの。健康には、より気を使うようになりました」と笑顔で話す。境内に設置されたベンチや灰皿、それを多くの人が利用する姿を眺めるのが日課だ。「お寺をどう使ってもらうかはその人たち次第。毎日の中に少しでもお寺が関われれば嬉しい」と微笑んだ。

伊勢原版の人物風土記最新6

谷亀 泰さん

写友クラブの会長を務める

谷亀 泰さん

東成瀬在住 72歳

12月3日号

旗川 英明さん

伊勢原素人落語大会実行委員会の会長を務める

旗川 英明さん

田中在住 66歳

11月26日号

井上 渉(わたる)さん

県学校保健功労者表彰を受賞した

井上 渉(わたる)さん

伊勢原在住 68歳

11月19日号

重田 篤史さん

小学生女子サッカーチーム、成瀬エンジェルスの監督を務める

重田 篤史さん

石田在住 49歳

11月12日号

加藤 大詩(たし)さん

産業能率大学の学園祭・瑞木祭実行委員会の代表を務める

加藤 大詩(たし)さん

情報マネジメント学部3年 21歳

11月5日号

中尾 魁(かい)さん

伊勢原室内管弦楽団団員で、県のバーチャル解放区に投稿する動画を制作した

中尾 魁(かい)さん

大住台在住 21歳

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook